deraT

「お待たせしました、新人のヒカルです」「え?」クリスマスイブのピンサロで職場のお局さん初出勤に遭遇!? 一応、口止め料として肉体も頂戴したワケですが……

wakuwaku1honeyderaTmypri

「この仕事、今日が入店日なの」

…坂田さん、けっこうウマい。チンコはすぐにカチカチになり、5分ほどで射精感がやってきた。この人のクチに出すなんて、なんだか不思議な気分だ…うっ。

ザーメンをオシボリに吐き出してから、坂田さんが小さく声を出した。

「ワタシもうこれで帰るから、お願いだから外で待ってて。絶対よ」

「え?」

「お願い、絶対に待ってて」

仕方ないので外で待っていたら、坂田さんが駆け足で出てきた。

「とりあえずどこか入ろう、早く、早く!」

近くの安居酒屋に入る。坂田さんは恥ずかしそうに下を向いている。

「なんですか?」

「あのね、今日初めてなのよ」

「なにがですか?」

「この仕事。今日が入店日なの」

「へえ」

「だから絶対誰にも言わないで、お願い」

泣きそうな顔でこちらを見つめる坂田さん。ブサイクな顔がくしゃっと歪んでさらにヒドイもんになっている。これを伝えるために、初日だというのに仕事を早引きしてきたという。
ふつふつとイタズラ心が沸きあがってきた。いつもムカついてる坂田さんが泣きながら懇願してるのだ。

「う〜ん。黙ってろって言われても、ついクチを滑らせちゃうかもしれないし」

すると思ってもいない展開が待っていた。

「なんでもする。そこのトイレにきて」

坂田さんはオレの手をとり、居酒屋の女子トイレ個室に連れ込み、そのままズボンを下ろしてきた。

「お願いします。黙ってて」

正直こんな展開を望んではいなかったのだが、彼女がここまで言うのだから仕方ない。トイレでフェラしてもらい、席に戻った。

「ね、絶対に黙ってて」

ここまで来れば最後までイっておきたい。フェラはすでに店でもやってもらったのだから、口止めの材料にはならないし。

「うーん。この後付き合ってくれるならいいけどねぇ」

店を出て近くのラブホに入ろうとしても坂田さんに拒否の姿勢はなかった。どれだけヒミツにしたいんだか。

ホテルで、さらにフェラで一発、正常位で一発射精した。
坂田さんいわく「クリスマスで寂しかったからあんな店に入ったのよ」とのことだ。なんのこっちゃ?

今も坂田さんは職場でハバをきかせているが、俺とは目を合わせてくれない。そんな態度ならバラしてやるぞ。

(記事引用元=裏モノJAPAN)

banner

タイトルとURLをコピーしました