deraT

あのときキミはエロかった!!風俗の黄金期【昭和ロマン】今だから語れるあのノーパン喫茶ブームの実像!!(其の一)【昭和のなつかし風俗アーカイブ】

wakuwaku1honeyPureLOVER

1980年代初頭、ノーパン喫茶という新種の風俗が大ブームを巻き起こしました。当時の常識をさまざまな意味でぶち壊したこの風俗、改めて振り返りましょう!(其の一)

普通の喫茶店が突然ノーパン喫茶に

◯短期間で増殖した新風俗!

 1970年代終わりから1980年代初めにかけて、日本でまったく新しい風俗が大ブームとなりました。ミニスカートの下には何も履いていないウエイトレスの女の子が接客する『ノーパン喫茶』であります。

 ノーパン喫茶の起源には諸説あり、京都の西賀茂にあった『ジャーニー』とする説のほか、大阪説、福岡説、東京説があります。このあたりの意見がわかれるのは、当時、短期間のうちに日本全国でノーパン喫茶店がすさまじい勢いで増えていったなによりの証左とも言えるでしょう。話題になった次の日には新しいノーパン喫茶店が誕生して、もう訳がわかんなくなっちゃったってことですね。

 

◯大事な箇所はパンスト防御

 全国で急速にノーパン喫茶店が増えていったのには、開店までの手軽さにも理由があります。なにしろ普通の喫茶店のウエイトレスがパンツを脱げば、それだけで『ノーパン喫茶』を名乗れて、大量の客が押し寄せてきます。

 今のような風営法上の面倒な手続きも必要ありません。実際、ごく普通の喫茶店がある日突然ノーパン喫茶に鞍替えすることも珍しくなかったんだとか。古き良き時代ですね。

 で、こうして起こったのが1980年の第1次ノーパン喫茶ブーム。誕生からたった数年で、ノーパン喫茶の数は全国で1000店舗近くにまで増えていたというからハンパありません。

 もっともこの頃のノーパン喫茶は、ノーパンを謳いながら実際はそうでない店がほとんどだったようです。当時を知る風俗ライターの裏筋欣也さんは、次のように話してくれました。

「ノーパン喫茶が話題になり始めた当初は、現在多くの人がイメージするほど過激ではなかったんです。ほとんどの店のウエイトレスはパンストを履いていたので、ノーパンではあってもオマ●コがはっきり見えるわけではなかったし、当然お触りもNGでしたからね。ただ、それでも当時としては十分に衝撃的。なんとかパンスト越しにオマ●コを見てやろうと、落としたおしぼりを拾うフリをする客や、こっそり手鏡を持ち込む客が続出しました」

 他にもオマ●コを覗きたいと思うがあまり、コーヒーを飲みながらずるずると身体を滑らせて低い姿勢になっていく客も多かったそうです。なんだかほのぼのとしたエピソードですね。

 しかし店が増えれば、競争も激しくなります。そのためノーパン喫茶の各店は競い合うようにしてサービスを過激化させ、やがてパンストなしの文字通りのノーパンを見せる店が当たり前になっていきました。

ーーつづくーー

(記事引用元=ズバ王

 

 

タイトルとURLをコピーしました