deraT

【初美沙希と姫乃たま初春2人会イベントレポート!】スカパー!アダルト放送大賞4冠王のレジェンド女優・初美沙希がビッグカムバック! 姫乃たまが休業中話やプロレス話まで幅広く質問!

wakuwaku1honeyPureLOVER

初美沙希と姫乃たま初春2人会イベント

2017年4月に引退し、約1年間はツイッターを続けていましたが女優時代のアカウントは削除。その後、消息を絶っていた初美沙希ちゃんですが、突如、2019年10月に新規アカウントで復帰。ファンを歓喜させました!

現在はタレント活動と老舗メーカー・h.m.pの広報に就任。今後の活動に注目が集まっていましたが、いよいよ本格復帰の時が来た!

その本格復帰第1弾となる「さきっぽとたまちゃん~初美沙希と姫乃たま 初春の2人会」が1月22日、新宿にあるネイキッドロフトで開催されました。

テリーファンク、長州力の復帰に並ぶ「世界三大復帰劇」ともいえる同イベントはチケット開始とともに完売。第2次UWF再開時のチケット15分完売伝説を彷彿とさせました。

出演はもちろん初美沙希ちゃん、そして月刊FANZAでAVレビューを書いている姫乃たまちゃん。進行役はライターでイベンターの大坪ケムタさんが務めます。

イベントは撮影フリーのため初美沙希ちゃんが登場すると無数のシャッター音が会場に響きます。

姫乃たまちゃんに初美沙希ちゃんとの関係を聞くと「以前、h.m.pの宣伝部長をやっていた引退直前に取材させていただいた」とのこと。

気になる引退後の生活を姫乃たまちゃんが聞くと、「完全に(アダルト業界からは)離れていました。普通のチェーン店のカフェでアルバイトをしていた。普通の仕事もしたい気持ちがあってアルバイトをしていた。引っ越しのタイミングでバイトも辞めて、その後はのんびりしていた」と初美沙希ちゃん。

「バイトをしていて気づかれなかったのか」と大坪ケムタさんに聞かれると、「店員が女性ばかりで、街自体がおじいちゃん、おばあちゃんの街で気づかれなかった。でも、その街に時々、(AVの)撮影隊も来ていたので『来たらどうしよう』とビビっていた」とコメント。

華やかなAV女優を引退し、ひっそりとバイトをしているとは想像がつかないですが、真面目な初美沙希ちゃんだからこそできたのでしょう。

 

そして、ここから趣味の話になりトークはヒートアップ!

趣味の守備範囲を姫乃たまちゃんに聞かれると、「アイドル、プロレス、野球、ディズニーが好き。引退後は釣りもしています」と、釣りが増えたことに反応すると、「AVの撮影で釣りをする作品があって、それで釣りを楽しいと思って興味を持った」とのこと。いまや伝説の作品となっています(笑)。

また、「辞めてから自分がいたAV業界をどう思うか?」と聞かれると、「体力的なことで戻れないと思う。業界にいる子は体力がすごいですよ。撮影もほぼ1日だし、次の日も撮影があれば睡眠時間は3時間」と語る初美沙希ちゃん。やはりAV女優もプロレスラーも体力が命です。

 

また、昨年、地下アイドルを卒業した姫乃たまちゃんも、「アイドルをちゃんとやりたいこともある。プロレスによってファンの気持ちが分かって、もっとこうすればよかったなと思う」と振り返ります。

さらに姫乃たまちゃんのインタビュー的トークは加速。「このジャンルを見るとAVをやりたいと思うジャンルはあるか?」と聞くと、初美沙希ちゃんは「やりつくしたからいまのところはない」とコメント。

プロレス話では

「海外にも行きましたよね?」(姫乃)

「レッスルマニアとヤンキースを見にニューヨークに行きました」(初美)

「レッスルマニア?」(姫乃)

「WWEの年に一度の大きな大会です」(初美)

「ああ! 天下一武道会みたいな?」(姫乃)

「プロレス好きなら絶対に行った方がいいです。レッスルマニアをやっている期間はプロレスウィークみたいで、小さい団体も試合をやっている。スタン・ハンセンさんのサイン会にも行った。昔からのプロレス好きな人はヤバいです」(初美)

「うわ~! いいなあ」(姫乃)

と盛り上がりっぱなし。

 

この会話に触発された姫乃たまちゃんも「関本大介(大日本プロレス所属レスラー)さんに憧れて、一時期、ゴールドジムに通っていた。でもいちばん軽い7キロが動かなくて辞めた。去年、体重が12キロ増えて、バーベル70キロが持てたので、年内に80キロのバーベルが持てるように頑張りたい。プロレスを見てから鍛えるようになった。大日本プロレスを見たらデスマッチにハマった」と熱く語ってくれました。

そして、「いままでいちばんよかったプロレスの試合は何か?」と姫乃たまちゃんが聞くと、「中邑(真輔)選手がWWEに行く前の最後の新日本プロレス。オカダ(カズチカ)選手が中邑選手を肩車したのはすごく感動しました」と回答。試合ではなく、こういった試合後の風景を語るところがプロです!

このようにプロレス話を中心とし盛り上がった第1部はあっという間に終了。第2部へと移ります。

 

ここでも初美沙希ちゃんへの質問トークが中心に。

「AVを卒業して何かクセが残ったか?」と聞かれると、「かわいい女の子が好きなので、街で女の子を見て『単体だな』とか『あの子はあのメーカーだな』と見てしまう」とコメント。

また、自身は辞めてから「一般人になろうとしていた気がする。普通にならないとみたいに。実際に普通になっていたけど、私はやっぱりエロが好きだと思った。行為が好きという意味ではなくアダルト業界とかアダルトな世界とか。無理して普通の人にならなくてもいいやと思った」と、生き様を語る初美沙希ちゃん。その姿勢は素晴らしいです。

「AVで気が付いた性癖は何か?」と聞かれると、「エロい写メを撮るのが好きで、自分の好きなアングルで自分の好きな写真を撮ること。エロいと思って載せたものを共感して欲しい。『いいね』とかして欲しい」とエロい自撮りが性癖かもしれないと語る初美沙希ちゃん。

その初美沙希ちゃんのエロいツイートに、思わず「ありがとうございます」とツイートしたと姫乃たまちゃんがコメントし爆笑を誘いました。

最後に今後の活動を聞かれると、「具体的にはないですけど、h.m.pで宣伝活動もしているし、カフェみたいなところでオフ会みたいなこともやりたい。今後も会う機会は作りたい」と嬉しい報告がありました。

AV復帰はないのですが、今後もファンは会える機会があるかもしれないので、ツイッターなどをチェックしましょう。

今回は姫野たまちゃんがトークを引っ張り、かなり初美沙希ちゃんの内面や行動を引き出してくれました。この2人の会話はプロレス流に言えば「スイングするプロレス」。手と手が合う仲の名勝負でした。

2020年いきなりの復帰劇でサプライズを果たした初美沙希ちゃんの今後の活動に注目です。そして、次回もまた、この2人のトークが見たいものです!

(写真・取材 神楽坂文人

 

タイトルとURLをコピーしました