【海外移住でアジアン美女と夢のエロ三昧♥】各国ビザ取得条件から治安状況、家賃相場まで網羅した東南アジア単身移住生活徹底ガイド!!

★シェアお願いします

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リタイヤ後はできれば暖かな南国で余生を過ごしたい。さらに可愛いアジアン美女とエロエロな毎日が送れたら…♥ そんな貴殿の夢を叶える東南アジア移住徹底ガイド!!

物価の安い東南アジアへ 移住すれば年金も倍増!?

 会社を退職したら海外移住して第二の人生を送る…ちょっと前だったら「なに言ってんの?」と一笑に付されていたような話が、リアルな現実として密かな人気となっています。  

というのも、受け入れ先となる東南アジア各国で、日本の定年退職者たちを受け入れる『リタイヤメントビザ』制度が整備され、一定の条件を満たせば移住に必要な長期ビザが簡単に取得できるようになってきているのです。

02

暮らし始めてしまえば現地で若い女のコと知り合うことだってそんなに難しい話じゃありません。定期的に逢う関係からスタートさせて、ゆくゆくは同棲生活もアリですね

 限られた年金で節約しながら日本でやりくりするよりも、物価の安い東南アジアへ行けば日本の年金が2倍から3倍以上の価値となります。言語の異なる国で生活するハンデを差し引いても検討する価値がある話と言えそうです。

 東南アジアで『リタイヤメントビザ』制度がある国は、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアの4ヶ国。それぞれ「50歳以上で、移住する国の銀行に規定の預金を預ける」などの条件がありますが、クリアするのはそれほど難しいことでもなく、割と簡単に手続きが行えます。そして長期滞在ビザさえ取得してしまえば、後は身体ひとつで移住する国へ行くだけ。

タイでは1ヶ月1万5千円程度のマンションにも普通にプールがあります。女のコを招いてプールで水着パーティするのも楽しいかも

タイでは1ヶ月1万5千円程度のマンションにも普通にプールがあります。女のコを招いてプールで水着パーティするのも楽しいかも

 ホテル住まいだとお金が掛かってしまうので、アパートを借りるなどしなければなりませんが、『リタイヤメントビザ』での長期滞在者向けに日本語でやり取りできるエージェントもおりますので、住居の手配もそれほど難しいワケではありません。現在、高齢者海外移住を実践しているのはご夫婦が多いですが、やもめ暮らしの男性単独でも何の問題もありません。

03

東南アジアのアパート(マンション)はワンルームタイプが主流。狭い部屋でも8畳以上あるので、1人暮らしなら何の問題もありません。日本人専用などにこだわらなければ家賃もリーズナブルです

次ページヘ