deraT
maccos

【橘メアリー「月で逢いましょうvol.27」ライブレポート!】あまりの素晴らしさに感涙するファンも!聴く者の魂を揺さぶる歌声で感動のライブに!橘メアリーはソロ活動からも目が離せない!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

7月にライブを行ったばかりの橘メアリーちゃんですが、今年はソロライブを精力的に行い11月16日には東京・三軒茶屋グレープフルーツムーンでミルキーポップジェネレーションが主催する「月で逢いましょうvol.27」を早くも開催しました!

 

月で逢いましょうvol.27が開催!

毎月、セクシーアイドルグループのギンギン♂ガールズのメンバーとして活躍していますが、ソロライブでもその活躍は見られ、いまやグループでもソロでもライブ活動には欠かせない存在となりました。

この日は胸元が開いたセクシーかつゴージャスなドレスで登場したメアリーちゃん。このセクシー&ゴージャスこそメアリーちゃんの真骨頂なのです。

今回もバックにはキーボードの平方元さんがパートナーとして出演し、2人で魅惑のライブを行いました。

ライブ前は「緊張して手汗がすごい」とコメントしましたが、1曲目の『紅蓮華』(LiSA)では迫力あるパワフルな歌唱でスタート。一気にファンの感情を揺さぶります。

曲後のMCでは「震えちゃう。今回で3回目のステージなんですけど、こういった機会をコンスタントに下さることが本当に嬉しくて、応援してくださるみなさま本当にありがとうございます。いま歌った『紅蓮華』はこの歌のお仕事をもらったきっかけになっていると思うんです。ギンギン♂ガールズのソロパフォーマンス企画で『紅蓮華』を歌わせていただいて、それを撮ったマネージャーがスタッフに送ったことが多分きっかけなんです。なので思い入れがある曲で、大槻ひびきちゃんが「メアリーは絶対に『紅蓮華』が似合うと思う」って言ってくれたので1曲目に選びました」とコメントし、ギンギン♂ガールズの企画がソロ活動につながった秘話を明かしてくれました。

2曲目は『I LOVE YOU』(クリス・ハート)を切々と歌い、3曲目は今年大ヒットした『勿忘』(Awesome City Club)を平方さんと美しいハーモニーで聴かせてくれます。

この曲では会場にいた男性ファンが2人の歌声を聴き、思わず涙を流す姿が見られ、メアリーちゃんも「泣いてくれて嬉しい」と感動。ミルジェネのライブ史上でもファンが涙を流す姿は初めて見る美しい光景でした。

4曲目は同ライブのテーマソングになっている『Fly me to the Moon』を「ミュージシャン同士のセッションと思って観てほしい」と平方さんが言い、ジャズ調、サンバ調、ラテン調にアレンジし軽快に聴かせてくれます。

そのまま続けて5曲目は『PIECE OF MY WISH』(今井美樹)をゆったりと伸びやかに歌いメアリーワールドへ観客を誘います。6曲目は『言えないよ』(倖田來未バージョン)を全身全霊をこめて歌います。

3曲連続で歌うと「フ~」と息をしてリラックス。最後の曲は平方さんとデュエットで『みかんハート』(C&K)を歌い会場全体を感動させ一旦ステージを去ります。

感動の余韻を引きずった観客が惜しみないアンコールの拍手を送ると、再びステージに登場したメアリーちゃんと平方さん。「アンコールありがとうございます。手汗がヤバいです」と再び緊張した様子をみせますが、『夜に駆ける』(YOASOBI)を跳ねるようにポップに歌います。

最後は『Beauty and the Beast』(セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソン)を歌いますが、歌に入る前に「本当にみなさんのおかげでこうして何度もライブをさせていただけているのでありがとうございます。これからも成長していきたいし、パワーアップしていきたいので頑張ります」とファンに感謝の言葉を伝えます。

こうしてアンコールを含む全9曲を歌い終えたメアリーちゃんは「あっという間でした。ぜひ、また月で逢いましょう」と笑顔でコメントし、来年もライブ出演することを期待させてくれました。

伸びやかかつパワフル、そして時に繊細な歌声を聴かせてくれるメアリーちゃんは人の感情を揺さぶり、涙を流すファンまでいたのですから、今後のソロ活動もますます期待したいところです!

 

橘メアリーツイッター:@mary_tachibana
橘メアリーインスタグラム:@tachibanamary
ミルキーポップジェネレーションツイッター:@MPGeneration

(写真・取材:神楽坂文人

 

タイトルとURLをコピーしました