deraT
maccos

【羽咲みはるワンマンLIVE Summer♡みはるーむレポート!】アイドル120%全開で唯一無二のみはるーむワールドを構築! 超満員の会場には黄色いサイリウムが振られライブは最高潮に!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

羽咲みはるワンマンLIVE Summer♡みはるーむレポート!

ワンマンライブのタイトルに「Spring」、「Summer」など春夏秋冬が入るため、いまや年中行事として認識されている羽咲みはるちゃんのライブですが、7月19日には東京・三軒茶屋グレープフルーツムーンで「羽咲みはるワンマンLIVE Summer♡みはるーむ」が行われ超満員のファンが集まりました!

聞くところによれば、ファン思いのみはるちゃんがチケットは抽選でなく、応募したファン全員に見てほしいとの願いから、客席を増加しフルハウスのライブとなりました。

 

渋谷にある109で買ったお気に入りの衣装で登場したみはるちゃんはライブ前に、「今日は緊張しないモチベーションでやります。いつも緊張して空回りするので」でコメントします。

1曲目は自身のアルバム『みはるーむ』に収録されている『ふわふわ時間(タイム)』をハードなギター演奏をバックにかわいらしく歌います。轟音のギターサウンドがバンドライブの素晴らしさを強調してくれます。

 

1曲目から快調な滑り出しを見せたみはるちゃんは、「みはるーむにお越しいただき、今日もありがとうございます。羽咲みはるで~す!」とプリティスマイルで手を挙げます。そのままギターの湯澤真人さんと砂塚恵さんを紹介しますが、実はここで紹介するのではなく2曲連続で歌う予定だったそうです(笑)。

しかし、このようなハプニングは本人とファンの緊張を程よくほぐす効果もあり、一気に会場の雰囲気が和らぎました。

 

2曲目は夏らしく『トロピカ〜ル恋して~る』(松浦亜弥)を振り付きでカバー。本家をしのぐかわいさを見せてくれました。

 

3曲目は「久々にやる曲です」とアルバムに収録されている『抱いてよ!PREASE GO ON』をダイナミックな振り付けと大人の雰囲気で熱唱。会場には多くのサイリウムが振られました。

曲後のMCでは松任谷由実さんのライブに行ったことを話し、「好きな曲(やさしさに包まれたなら)を聞きながら朝はカーテンを開けて、窓を開けて、掃除をするのにハマっていたんです。
それで曲を聴くようになって、コンサートに行ったら、出てきた瞬間から感動で涙が出て、やっぱりユーミンはすごかったです。めっちゃ元気をもらって、すごく楽しい気持ちにもなって、こんな歌を歌えるようになったらいいなって思いました。ユーミンは大好きなので、これからいろいろ歌えるようになれたらいいなと思って、いまは夏なのでこの曲を歌ってみようと思います」と、90年代の大ヒット曲『真夏の夜の夢』をムーディーに歌ってくれました。

 

そして、「毎回、恒例みたいに話している、寝る時間についての話なんですけど」と前置きをして、バンドメンバーに「どうですか、最近の睡眠状況は?」と唐突に質問します(笑)。

この無邪気さがみはるちゃんの魅力なのです。続けて、「私の最近の睡眠情報なんですけど、前は都市伝説を聴きながら寝ると、よく眠れるようになったという話をしたんですけど、なんと最近は早寝早起きができるようになったんです。
以前は寝る前の準備を4時間くらいしていたんです。お風呂に入る時間が長くて、寝る前の準備に4時間かかっていたんですけど、眠れるようになって嬉しいんです」と言うと、砂塚さんから「4時間あったら寝た方がよさそうですけどね」とツッコミが入ります(笑)。

 

このような睡眠に関するMCがあったということはアルバム収録曲の『快眠!安眠!スヤリスト生活』に入るということです。同曲はみはるちゃんの魅力が全開! 振り付けが最高にキュート! 最後の「スヤァ」の表情は国宝級ですので、ぜひ、写真をご覧ください。

 

6曲目は『初恋サイダー』(Buono!)を青春ソングらしく爽やかに歌います。曲後は「(恵比寿)マスカッツがみんな卒業という発表があって、私も『S1』を卒業する発表をしたんですけど、ここに来てくれる人たちは私が『S1』を卒業しても関係なく来てくれる人たちなので、次のステップに行きたいなと思っても、みんながいるから大丈夫だと思っています。
6周年やってこられたのも、みんながイベントに来てくれたり、DVDを毎月買ってくれたり、それがないとできていないじゃないですか。あらためてありがたいなと思いました。
マスカッツとAVは卒業するけど他のことは続けていきたいなと思っていて、他になにかできたらいいなとも思っています。なので、これからもよろしくお願いします」とファンへ感謝の言葉を述べてくれました。

 

少ししんみりしたところで最後の曲はアルバム収録曲の『Clover wish』を明るいけど、ちょっぴり切なく歌ってくれたみはるちゃんでした。

ステージ上ではトレードマークのうさ耳ポーズを披露し去りますが、大きな拍手に迎えられアンコールに突入。

 

再びステージに戻ると、こちらもみはるちゃんを代表するアルバム収録曲『乗ってけ!ジャパリビート』を笑顔で楽しく歌ってくれます。ファンも「うーがおー!」の歌詞ではサイリウムを振りかざしたり、手拍子をしたりと大盛り上がりとなりました。

曲後はその盛大に振られたサイリウムに対して、「あとで配信を見ても画面がめっちゃ映えていてすごいです。ありがとうございます。嬉しいです」と喜びます。

そして、「寂しいですね。楽しくてすぐに終わっちゃいますね。オータムもぜひ来てください。最後はこの曲でいっぱい、いっぱい盛り上がってください」とアルバム収録曲の『スキちゃん』を歌うと、会場にはみはるちゃんカラーの黄色い風船が舞い上がり、最高の盛り上がりをみせてくれました!

 

まさにこれぞアイドルといった最上級のライブを見せてくれたみはるちゃん。この世界観はみはるちゃんにしか出せないワンダーランドとなりました。

衝撃のAV卒業発表がありましたが、今後もアーティスト活動は続けてくれますので、次回の「Autumn♡みはるーむ」の開催も期待します!

羽咲みはる(うさ・みはる)
生年月日:1992年3月3日
スリーサイズ:B86・ W60・ H83
血液型:B型
Twitter:@usa_miharu

■ミルキーポップジェネレーションの今後のライブ予定はこちらのツイッターをご覧ください
Twitter:@MPGeneration

(写真・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました