deraT

今シニア世代の風俗通いがアツい!!「1回10万円でね。目の飛び出るような料金だけど、同年配の友達から『本当に一生の思い出になるすごい美女ばかりだぞ』って言われて…」

wakuwaku1honeyderaTmypri

風俗遊びでやはり重要なのが「料金」だ。高くても極上美女の店を選ぶか、低料金で遊ぶか。そこで今回は、昨今の人気フーゾクのセックス価格を徹底調査。アナタなら、どこで遊びますか!?

なけなしの年金を貯め、高級風俗で思い出作り

◯120分10万円!シニアがハマる『超高級デリヘル』

「他に趣味もありませんので、今は半年に一回の楽しみとして利用しております」

 こう語るのは67歳になるシニア男性のAさん。2年ほど前に長年勤めた会社を定年退職。独身ではあるが、この年にして「女遊びに目覚めた」と笑う。

「もちろん若い頃は風俗にも行きましたよ。安月給だったので、遊ぶのはいつも5~6千円のピンサロ。オバサンばかりであまりいい思い出はないけどね」

 そんなAさんが定年退職後にハマっている風俗がコレだ。「1回10万円(120分)でね。目の飛び出るような料金だけど、僕と同じ年の友達から『本当に一生の思い出になるすごい美女ばかりだぞ』って教えられてね。独り身で寂しいこともあって、思い切って利用したのがキッカケでした。それ以来、もうあの時の快感が忘れられなくて」

 実は今、Aさん同様、シニア男性の間で『超高級デリヘル』遊びが密かに流行っているのだ。風俗ライターが語る。 「風俗不況とあって、あらゆる風俗ジャンルで客が激減していますが、高級店だけは別。高齢化社会に合わせるように、シニア男性客を掴んでいるんですね」

 その理由はAさんが語ったように、遊ぶなら極上美女とヤリたいからだ。

「まあ、この年になるとね。毎月、女を抱きたい性欲もないからね。たまに遊ぶ程度なら贅沢したいんですよ」

 

◯変態丸出しの願望叶えて冥途の土産に

 高級デリヘルが激増しているのはシニア男性の利用者が増えただけではない。赤坂にある高級デリヘルの店長氏がこう語る。

「うちにいる女性は大抵、かつて超高級交際クラブに登録していたんです。それこそ金持ち相手に1回20万、30万のお小遣いをもらっていた上玉ばかりです」

 ルックスやスタイルはもちろん、肩書もスゴイ。実際、同デリヘルには「現役CA」「大手企業の受付嬢」「銀座ホステス」など高嶺の花が揃っているのだ。 「この不況で、高級交際クラブを使う男も減ったんでしょうね。客がいなければ彼女たちも収入にならない。その結果、高級デリヘル店に流れてきたんです」

次ページへつづく↓

タイトルとURLをコピーしました