deraT

【JULIA様 ワンズファクトリー移籍インタビュー】「ワンズファクトリーをJULIA色に染め上げます!ロゴの端っこにJってつけてもらおうかな?(笑)」凄テクと真心とSEXの話 前編

ワンズファクトリーとOPPAIのW専属となったJULIAさんにインタビュー!
いまだに「謎の美女」感のあるJULIAさんに迫れるとこまで迫ってみました! (前編)

JULIAはJULIA! ブランドを確立したい!

──  JULIAさん、今回ワンズファクトリーに移籍となりましたが。

ワンズ広報 ワンズファクトリーとOPPAIのW専属ですね。

JULIA ワンズファクトリーをJULIA色に染め上げます! ロゴの端っこにJってつけてもらおうかな?(笑)

──  と、自由なこと言ってますが、JULIAさんは様々なメーカーの専属になってますよね。E–BODYから始まって、MOODYZ、溜池、OPPAI等々…。正味な話、専属って意識が違うんですか?

JULIA 最初はそういうの全くわからなかったですね。MOODYZで再び専属契約が決まって、「ありがたみ」がわかるようになったんです。契約期間までは安定してお仕事ができるって。それでもそのぐらいの考えしかなかったんですよね。軽かったんです。「とりあえずこの業界で生きていられれば」って程度で。

──  そんなことを考えてましたか。

JULIA MOODYZで専属になったのが6年前で、何年かはそんな感覚だったんです。だけど一昨年ぐらいから「生きていくだけじゃダメなんだ」って思うようになって。じゃあ、どうすればいいんだって考えたんですけど、出た結論が「私は誰かになりたいわけじゃない」でした。「JULIAはJULIAブランドを業界の中で確立したい」って思ったんです。

──  いやー、すでに充分唯一無二の存在だと思いますが。

JULIA 外見はともかく、中身が伴ってなかったんです。

──  剣豪の「技はできるが魂がこもってない」みたいな話ですね…。

JULIA あ、そういう感じそういう感じ! こっちから来たものは対応できるけど、あっちから来ると弱い、みたいな。それがやっと最近になって360度全て対応できるようになったんです。信頼できる人と一緒に考えて、自分の作戦を練り直したんです。

──  全方位JULIAになったと。

JULIA だからこそ、さらに専属の大事さがわかるようになったんです。専属だからこそ、メーカーが求めるJULIAと私自身が出していきたいJULIAを相談しながら近づけられるなって。

?次のページ 「JULIA様」と呼ばれるのはもう慣れたけど…