deraT

【楽演祭vol.8ライブ大量画像レポート!】天使もえ、希島あいり、白石茉莉奈、Make it!、ラブリーポップス、あおいれな、ルルディ、僕らは嘘つき、七海なながいちばん熱いライブに出演し最高のステージを披露!

楽演祭vol.8ライブレポート

前回の楽演祭ライブレポートでは「今年、台風の目になりそうなのがこの楽演祭ライブ」と書きましたが、いまや台風の目ではなく、セクシーアイドルライブの中心となったと言っても過言ではありません!

集客力があり、熱いライブを展開させる「楽演祭vol.8 平成最後のお花見SP」が4月17日、東京・池袋Live inn ROSAで開催されたので大量画像レポートします!

今回の出演者は出演順にMake it!あけみみうちゃん、一ノ瀬恋ちゃん、北乃みれいちゃん、新垣智江ちゃん)、ラブリーポップス愛原れのちゃん、星空もあちゃん、市橋えりなちゃん)、あおいれなちゃん、ルルディ栄川乃亜ちゃん、霧島さくらちゃん)、僕らは嘘つき桜木優希音ちゃん、松下美織ちゃん、富田優衣ちゃん)、七海ななちゃん、AMATSUKA(天使もえちゃん)希島あいりちゃん、白石茉莉奈ちゃんと空前絶後の超豪華メンバー!

Make it!はセクシーアイドル系の対バンライブに満を持しての登場となりました。

そのMake it!がトップバッターに。

『ツァラトゥストラはかく語りき』の荘厳な曲で登場。今回、独自の演出で登場したのはMake it!だけ。それだけ世界観を大切にしている証拠。曲はオリジナルの『今すぐMake it!』、『君にHole In Love』、カバー曲のアレンジ『 Let’s go Make it!』で飛ばしまくり、初登場にして絶大なインパクトを残しました。

なかでもバンドブーム世代を直撃するカバー曲を熱唱すると、40代、50代のファンが青春時代に戻ったような熱い眼差しと声援を送り、ライブハウスは熱狂の渦に巻き込まれました!

 

続いて王道アイドルポップスのラブリーポップス(愛原れのちゃん、星空もあちゃん、市橋えりなちゃん)は安定のパフォーマンス。オリジナル曲の『Growing!』、『等身大lalaラブソング』に続いて、待望の新曲『Dancing tonight』を初披露! パラパラやディスコミュージックを彷彿とさせる80年代テイストソング。バブリーダンスが流行った昨今、注目の新曲です。

 

あいおれなちゃんは「みなさんボッキしていますか! 平成最後もギンギンで嬉しいです」とかわいい顔をして定番の下ネタMCを披露。オリジナル曲の『ちっぱい最強伝説』、『がまんJUICEもっとちょうだい』でファンを興奮させます。

そして、こちらも新曲を披露! タイトルはズバリ『童貞泥棒』。「この曲でれなぱん(あおいれな)で童貞を卒業したと言ってもらいたい」と聞いただけで童貞が卒業出来る嬉しい楽曲です。

 

ルルディ(栄川乃亜ちゃん、霧島さくらちゃん)はオリジナル曲の『LuLuLu Melody』、『はだいろ』、『僕らのストーリー』を披露。今回も息の合ったパフォーマンスでファンを魅了。

 

前半のトリを務めるのは僕らは嘘つき(桜木優希音ちゃん、松下美織ちゃん、富田優衣ちゃん)の3人。アイドルカバー曲とオリジナル曲の『Day by Day』、『青春の証』、『Starting Over』で会場を盛り上げました。

曲後、松下美織ちゃんから「僕らは嘘つきを卒業します。最後のライブは6月末(6月26日)の(楽演祭)ライブで卒業します」と突然の発表。この3人でのメンバーを見られるのはあと数回。全力で応援しましょう!

 

ここで恒例、ブレイクタイムの似顔絵大会に。今回のお題は「ワンパンマン」の主人公・サイタマ。難問かと思われましたがMake it!と天使もえちゃんが完璧に再現。あおいれなちゃんは埼玉県図の怪人にしか見えません(笑)。しかも、浦和の場所まで丁寧に描いてくれました。

その他、七海ななちゃんとルルディも埼玉県図を再現。逆に埼玉県図に詳しすぎます(笑)。こういったブレイクタイムがあるのも楽演祭ライブの魅力です。