deraT

「とにかく外でエッチがしたいんです。見られるかもという緊張感がたまらなくて…」【変態プレイ志願の地方在住人妻 ひかりさん(仮名)】

カーセックスもアリですよね
野外スポットを開拓しましょう!

――ひかりさんは主婦ですよね。結婚何年目ですか?

ひかり「13年目ですね」

――結婚生活がそれだけ長いと、エッチもマンネリなってきませんか?

ひかり「確かにここ数年マンネリを感じてて、エッチの回数もかなり減ってました。でも今年の夏、酔っ払って帰ってきた夫が今までにないことを言い出したんです。『ベランダでヤッてみよう』って」

――それは、いいマンネリ解消法になりそうですねぇ。

ひかり「ええ、私も面白そうと思って誘いに乗ることにしました。そしたら今までに経験ないくらい感じちゃったんです。ベランダの手すりに掴まった状態で、背後から指でオマ●コをかき混ぜられたら、すんごい衝撃に膝がガクガクして、オツユがとめどなく溢れてきて、もう全然立っていられなくて…。で、挿入とほぼ同時に絶頂。その後も大変でしたね。アエギ声を隣近所に聞かれるわけにもいかないから、必死に手で口を押さえるんだけど、それでも漏れ出ちゃうみたいな(笑)」

――40歳を過ぎて、いきなり野外セックスにハマったんですね(笑)。当然その後は毎日ヤリまくり?

ひかり「まぁ夫も歳なので毎日とはいかなかったけど、1週間に2回くらいはベランダでするようになりましたね。それまで半年に1、2回だったのに」

――ベランダエッチのどんなところが魅力?

ひかり「やっぱり屋外の開放感と、バレたらマズイっていうスリルでしょうね」

――でも愛人を募集するってことは、夫婦仲が良くなって一件落着とはならなかったってことですか?

ひかり「そうなんです。というのも、寒くなって夫がベランダに出るのをイヤがるようになって…」

――まぁ冬に野外セックスは厳しいですよね。

ひかり「それで仕方なく普通にベッドでエッチするんですけど、やっぱりなんか違うんですよね。ベランダの快感を知ってしまった今となっては、普通のエッチでは盛り上がらない」

――厄介な性癖を身につけてしまいましたね(笑)。

ひかり「そんなわけで愛人募集させていただこうと思いました」

――求めるのは、野外セックスできる男性ですか?

ひかり「そうですね。ただ、昼間に自宅のベランダで愛人とエッチするのは無謀なので、場所は野外であればどこでもいいです」

――公園のトイレとかどこかのビルの屋上とか。

ひかり「うんうん、他では景色のいい場所でカーセックスっていうのもアリですよね。一緒に野外スポットを開拓しましょう!」

(記事引用元=ズバ王