deraT

阿部乃みくが「美女と野獣 Vol.12」に登場! 6月1日のソロライブに向けて、本人のコメント付きでライブを振り返ります!

阿部乃みくちゃんが登場!「美女と野獣 Vol.12

429日開催「美女と野獣 Vol.12」で見せた新しい阿部乃みく!本人コメント付きでライブを振り返ります&さらに61日、1stワンマンライブへ向けて、ファンへのメッセージをお届けします!

ミルキーポップジェネレーション主催ライブイベント「美女と野獣 Vol.12」。六本木バードランドでの、「着座式」ライブステージは、ピアニスト&ボーカリストとして活躍している平方元さんと女の子の、ピアノと歌とコーラスだけで作る2マン形式のステージです。

GWに入ったばかりの429日に開催されたVol.12に登場したのは、同レーベルからソロアーティストとしてデビューしている阿部乃みくちゃん。

ロックテイスト溢れるステージングには定評があり、在籍していたセクシーアイドルユニット「マシュマロ3d+」のときのキラキラしたアイドル感あふれるパフォーマンスとはまた違った魅力を見せてくれています。

みくちゃんは、昨年末「美女と野獣と美女と美女」という平方さんと、美女が4人登場したライブに出演したのですが、単独ではこれが初となります。

まずは、平方さんが歌う、ピアノアレンジしたエリック・クラプトンの「Change the world」でムードたっぷりにスタート!

みくちゃんはいつもと雰囲気をガラリと変えたドレス姿で登場!
このライブで恒例となっている曲、「Beauty and the Beast」を披露しました。

そして、みくちゃんがボーカルを務めるメインパートでは、平元さんによってピアノアレンジされた楽曲が、いつものみくちゃんとは違うテイストでファンの前に披露されていきます。

メロディーは同じでも、雰囲気が違って聴こえるのは、バードランドのおしゃれなステージが醸し出すイメージ以上に、本人たちが構築する世界観の影響でしょう。

カバー曲では、アニメ「時をかける少女」挿入歌である「変わらないもの」や、絢香の2007年の大ヒットナンバー「Jewelry day」などが披露され最後は、本人のオリジナル楽曲「ずっと…」を歌い上げるみくちゃん。
チョイスされた楽曲の歌詞を読み返すと、みくちゃんの今の気持ちが伝わってくるような、心地よい空間となりました。

休憩を挟み、平方さんソロパートへ突入します。平方さんのオリジナル楽曲は「明確に今、伝えたいメッセージ」と、「伝わらせるためのメロディー」が合体したものです。

いろいろな思いを、それぞれに抱くことができるナンバーが、ときにはエネルギッシュ、ときには、メロディアス。弾いているピアノは、ヨーロッパジャズとアメリカ東海岸が混ざったような空気感。とにかく打鍵の強さは半端ないし、通常はあまりクローズアップされない、「ペダルワーク」が絶妙! 「美女と野獣」ライブは、そんなところも見てほしいライブなのです。

平方さんソロパートのラストは、出演した女の子のオリジナル曲をカバーして、本人がコーラスパートを務めるレアなアレンジ。今回披露されたのは、みくちゃんのオリジナル曲「細胞ぜんぶで君に恋してる」でした。

楽曲の持つ上質なポップ感が、よりクローズアップされたような雰囲気でステージは終了!

アンコールでは、宇多田ヒカルの初期大ヒットバラード「first love」。さらに、オリジナル楽曲の「叫べ!」が披露され、ムードたっぷりだけどエネルギッシュという、みくちゃんの、また違う表情を伺えるステージとなりました。

阿部乃みくちゃんにこのライブの感想を聞いてみました。

「美女と野獣」ライブは毎回恒例で英語の歌を最初に歌うんですが。全部が英語の楽曲は初めての挑戦でした。
ピアノだけのライブは、2回目といえば2回目ですが、前とまたちょっと空気感が違うというか…。
より歌に気持ちを乗せたりとか、普段立っているステージと違うんだなと感じて、大変だなと思うことも多かったんですけど、ファンの方たちも喜んでくれて、またやってほしいという声も聞けたりして、楽しい一日でした。

【オリジナル楽曲のピアノアレンジについて】

最初は、どんなアレンジになるんだろうと思ったんですけど。
平方さんのピアノは、繊細かつ力強い演奏をされるので、ロックテイストの曲も、違った感じで音が踊ってて跳ねていて、その場にあった曲感が出ていて、楽しかったです。

61日、今回と同じ六本木バードランドで阿部乃みくちゃんが、1stワンマンコンサートを開催!
1stワンマンライブタイトルは、「NASA」その意味は

Nなんと

A阿部乃が

S最初のワンマンやるので

A遊びに来て!!

■チケットはこちら▶https://t.livepocket.jp/e/mpg_live_190601

【611stワンマンライブ「NASA」について】

まず、自分がワンマンライブをするとは思っていなかったので、ひとつの難関です。
気持ちを持っていったりとか、たくさん曲を歌うので、喉とか体力の勝負だったりもするんですけど、その中でも、来てくれる皆さんと一緒に、『ああ、マジ、ライブ行ってよかったわ!」という日にしたいと思っています。
ライブPR動画でも言ったのですが、もともとアイドル活動から知ってくれた人も多いと思うんですけど、ソロで個人で歌うようになって、AVTwitterとは違う、個人で歌っているところでしか見せられない阿部乃みくを見せられたらいいなと思います。
61日、六本木バードランドでお待ちしています!

【429日「美女と野獣 Vol.12」セットリスト】
01 Change the world(エリック・クラプトン)
02 Beauty and the Beast(セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソン)

■阿部乃みくソロ
03 細胞ぜんぶで君に恋してる(阿部乃みく)
04 僕までの物語(新曲)
05 変わらないもの(奥華子)

06 Jewelry day(絢香)
07 ずっと・・・(阿部乃みく)

■平方元ソロ
08 ワガママメッセンジャー(平方元)
09 心おぼえ(平方元)
10 手の鳴る方へ(平方元)
11 愛する人へ(平方元)

■平方元ボーカル、阿部乃みくコーラス
12 細胞ぜんぶが君に恋してる(阿部乃みく)

■アンコール
13 first love(宇多田ヒカル)
14 叫べ!(阿部乃みく)

そして、「美女と野獣」ライブは、528日に「美女と野獣 Vol13」として、六本木バードランドにて開催。出演者は、AMATSUKAこと天使もえちゃんが単独として初登場です。

平方さんのことを、「親戚のおじさん」と命名したほど、安心感を持っているもえちゃんが、どんなムードのライブステージを見せる聴かせるするか。「新たなセカイの構築」は、どんな感じでしょうか。こちらも注目ですね。

■チケット販売はこちら▶https://t.livepocket.jp/e/mpg_live_190528

(取材、写真:麻雅庵