deraT

【人気美熟女 並木塔子インタビュー】「ちょっとカリが大きめで、大きさもちょっと大きめで。ちょっと反っている。反りすぎてもダメなんです」「酒を飲んだときには、色っぽい感じにならないんですもん(笑)「ウェ〜イ!」ってなるから」後編

koukyuwakuwaku1PureLOVER

キカタン熟女AV女優となって再出発!
いろいろな作品に出て、奮闘中の美熟女女優・並木塔子さんにインタビュー!
キカタンになってから好きな体位が変わった!? 
後編では多数出演しているピンク映画の話から好きなAV女優の話まで語りまくり!

▼インタビュー前編

【人気美熟女 並木塔子インタビュー】「私、実はそんなにNGがないんです」「フェラも好きなんですが、細いマドラーみたいなものを舐めていると興奮しますね。とにかく、口の中をグリグリされると好きなんですよ」前編

自分でしゃべっていると意外と興奮するんです

── キカタンになって、人のAVを観るようになりましたか? 参考として。

並木 買って観ていたことはありましたけどね。上原亜衣さんとか(照笑)

── おお、時代のトップに立ったレジェンドはやはり強いなぁ。自分の作品はどうでしょう。

並木 自分のはもらったら観てます。専属終了の作品は、自分でお金を出して買いました、うん。なんか感慨深いから。

── もらうよりも自腹で買って、取っておこうみたいな感じですかね。

並木 うん。そんな感じです。

── もともと、AV自体はそんなには観ていない?

並木 そうですね、気になった女優さんが2、3人いて買ってみた感じです。

── 買った理由はなんでしょう? 気になった理由といってもいいです。

並木 まず、一番最初に買ったのは、佐々木あきさんなんですね。

── おおお! 惜しまれつつも引退されてしまいましたけど。

並木 はい。それはDVDじゃなくてストリーミングで買って観ました。それが最初なんですけど。
理由は「顔が好き」です。

── おおお! 分かりやすい。

並木 「こんな可愛い人がこんなエッチなことをするんだ」という。
今の自分の感覚で観たら、「すごいちゃんとお仕事ができる人なんだろうな」と思っちゃいます。
やっぱり売れてるってことはエロさもあるってことですからね。

── 判断するのはパッと見の好みですか?

並木 それもありますし、サンプル漁りをしていた時期がありまして……(恥笑)

── なんで女子ってサンプル漁りするんだろうね(笑)

並木 サンプル漁りをするようになっていたのは、お仕事をするようになってからだから「なんか参考になるようなものはないかな」でしたね。
そのとき、春原未来さんを観て、「これはすごいぞ!」って。
サンプルで3回くらい抜いちゃって(笑)ここまで使って、サンプルだけは失礼だと思って購入しました(笑)

── 女子が抜くって表現使うかね(笑)

並木 うふふふふふ。私は使う(笑)

── すのっち(春原未来の愛称)が好きだった理由は、すごいSEXを見せてくれるから?

並木 エッチだったんですよね。本当にその作品の世界の中で、感じまくっているように見えたんです。

── そんな説明をすのっち本人に言ったら、「感じているに決まっているでしょ」って言われますよ(笑)

並木 うおー! カッコいい!!! 私、お会いしたことあるんです!テアトル新宿で開催された「OP PICTURES+フェス2018」で、「恋の豚」(並木さん出演R15版ピンク映画)が上映されたときに、作品を観にいらしていてご挨拶させていただきました。
そのとき、控え室で、城定秀夫監督(「恋の豚」監督)と、「AV女優で好きな子いるの?」みたいな話をしていて、「春原さんとかカッコいいですよね」って話していたら、そこに本人が入ってきて、「え? おおおおお!」ってすごいビックリしました。

── バラエティ番組のドッキリのような(笑)言霊ってあるなぁ(笑)

並木 ご本人は城定監督とお話をしたくて、いらしていたようなんですが、私は、「あ、あの……私、上原亜衣さんとのレズの作品を観まして……大好きで……」と話しかけにいっちゃいました(笑)「素敵でした!」と(笑)

── ああ、お互いをベロンベロンするやつね、真咲南朋監督作「レズ・オーガズム」(h.m.p)

並木 すごいですよね、あの作品。1チャプター目から激しくて!

── AVの話にまた戻しまして。キカタンになって面白かった作品はいかがでしょう。「これは前にはなくて刺激になったなぁ」的な。

並木 あああ……なんだろう……。
でも、キカタンになって「これは新しいな」と思ったのは、人気シリーズに私が合わせにいく感覚ですかね。単体専属だと、シリーズでも「並木塔子バージョン」みたいになっていて、作り変えてくれているんです。
これが、キカタンの場合だと「こういう企画」があって、「ここにハマりそうな子」をキャスティングするんですよ。そのルールがあった上で、自分がそれに合わせて演じていくんです。
大変なんですけど、意外とそっちのほうが自分の幅を広げられると思って、楽しいなと思ってます。

── じゃあ今、「熱帯夜」(溜池ゴローシリーズ作品タイトル)をやると別の並木塔子が出てくる?

並木 そうですね、そうかもしれない。

── それぞれにAV女優に合わせたほうがいいと言われますけど、企画作品である限り、企画が先に立ってますから。

並木 うんうんうん。もし専属でずっとやっていたとしたら、遭遇しなかったであろう作品として、MARRIONさんの「卑猥語女」……あの、念仏のように淫語をしゃべっているという(笑)

── 表現には注意しましょう(笑)

並木 あ(笑)とにかく早口でしゃべるというので、「キン●マ」というチャプターと、「ち●ぽ」というチャプターと、「ちん●こ」というチャプターがあって、それを分けなければいけないというのが、とても新鮮でした(笑)

── 混ざりそうだもんね、意識をしていないと。

並木 そうなんです、そうなんです(笑)自分でしゃべっていると意外と興奮するんです。それも新発見というか。

── 脳内興奮型なんでしょうね。

並木 自己完結可能型(笑)

── さっきも「セリフをちゃんと言われていると、乗っていくる」と言ってましたけど、触られて気持ちいい派と、脳内興奮型があるので、並木さんは明らかに後者ですね。

並木 物理的に目隠しをされている状態で、触られて気持ちよかったとなったのは、男優さんでは……今だから言えるとすると、森林さんぐらいで。
あとは、「何をやっているんだ、この人は」的なことになってて、無いです。
脳内で興奮しないと、ちょっと触られても気持ちよくはないです。

── では、縛られていく行程からカメラがスタートしたらまだ良いんじゃないですか?

並木 ああああ!

── AVって固定された状態から急にスタートするものが多いじゃないですか。それまで優しかったのが、準備できてカメラが回り出すと急に厳しくなる的な(笑)
それよりも、目隠しするところを導入部にする感じ。映画「ナインハーフ」のような。

並木 そうですね。過程をちゃんとやってくれたほうがいいです。イメージビデオ撮影であの氷の愛撫シーンっぽいことをしたことありますね。

>>次のページ ちょっとカリが大きめで、大きさもちょっと大きめで。ちょっと反っている。
反りすぎてもダメなんです

タイトルとURLをコピーしました