「抽選会は景品ではなくプレイが当たる!」【東京ヤリマン五輪(オリンピック)開催】ヤった男の人数全員合わせて30,000人超!オマンコファーストのヤリマンたちが金玉メダル独占!

★シェアお願いします

_mg_0068

エンブレム盗作疑惑問題に始まり、新国立競技場設計問題、会場建設費高騰問題、会場移転問題と様々な難問ばかりが降りかかる東京五輪。
その東京五輪をしり目に日々の快楽だけを追求している東京ヤリマン五輪は何の問題もなく開催され続けております!

10月25日、阿佐ヶ谷ロフトAで行われた「経験人数三万人超!! 東京ヤリマン五輪(オリンピック)!」には多数の観客が駆けつけて、五輪以上の盛り上がりを見せました。
主催したのは地下編集者の福田光睦氏、ゲストは往年の深夜エッチ番組『トゥナイト2』でお馴染みの乱一世さんと、お笑い芸人の横須賀歌麻呂さん。

_mg_0004

福田光睦氏

_mg_0012

乱一世さん

まずは開会式ならぬ横須賀歌麻呂さんの『恋するフォーチュンクッキー』の替え歌『恋するヤリマンあるある』の斉唱で開会。

歌詞には♪パチンコやってる女はヤリマン ♪セーラムライトを吸ってる女はヤリマン ♪網タイツ穿いてる女はヤリマン ♪ソバージュかけてる女はヤリマン

などサビを絶唱し無事ヤリマン五輪が開催されました。

_mg_0013

横須賀歌麻呂さん

拍手で迎えられた乱一生さんは「ヤリマンって結局誰でもいいわけでしょ? そこをちょっと聞いてみたいね」とやる気マンマンのコメント。

果たしてどのようなヤリマン五輪になるのでしょうか?

このヤリマン五輪には4人のヤリマ二ストが登場。それぞれの性豪ぶりを語ってくれます。

「処女からいきなり風俗嬢になった(笑)」

まず1人目の選手・timoさんが入場。エロおもしろい元ダンサーのヤリマン風俗嬢と名乗るだけあって、巨体を震わるダンスで観客を挑発。
会場中にむせかえるような性の匂いが充満しはじめます。
timoさんの豪快なヤリマン遍歴が次々と発表されます。

_mg_0021

timoさん

外国人とはやってます。ソウル・トレイン(アメリカで放送された人気ダンス番組)のレギュラーだったダンサーともやった。ちょっとアクロバティックで普通の人が開けないところが開く」とダンサーヤリマンあるあるをさっそく披露。
初体験の話を聞かれると「デビュー戦は高校を卒業してから、ダンスの衣裳やレコードを買うためにランパブで働いていた、お客さんの中に友達の友達がいてやっちゃったの。何となく気が合って」と遅いデビュー戦なのが意外です。
しかし、その後が大胆で「その後、1ヶ月後に風俗嬢になったの。処女からいきなり風俗嬢になった(笑)」とヤリマンエリートの才能を開花させます。
経験人数を聞かれると「100人はいっているけど1,000人はいってない」とかなり大雑把な人数を報告。要するに多くて分からないのでしょうか。
いまは(風俗の)お客さんで相性がいい人はプライベートに昇格する。連絡先は自分から聞きます。鶯谷のお客さんはプライベートに昇格しがち(笑)」と言うと観客は大爆笑。
どうやら「鶯谷は若くてイケメンの客が多いからすぐに『いいよ』って言っちゃう」そうです。
ハコヘルと呼ばれる店舗型ヘルスで働いているtimoさんにアタックしてみてはいかがでしょうか。

「私はスケジュールが合えばやります」

2人目の選手はAVでもお馴染み、最近はストリッパーとして活躍中の若林美保さんが登場。
クールビューティーな雰囲気を漂わせていますが、間違いなくヤリマンの香りがプンプンします。

_mg_0025

若林美保さん

ヤリマン五輪にかんぱ〜い!」と美保さんの音頭で乾杯。これが普通の居酒屋なら確実に追い出される音頭です。
まずはヤリマンのイメージを聞かれ「誰とでもやる人。いつでも誰でもやる人がヤリマン。でも、私はいつでも誰でもじゃないです」と自身のヤリマンイメージを払しょくしますが、「でも、私はスケジュールが合えばやります」とコメント。
会場からはすかさず「それはヤリマンでしょ」と多数のツッコミが入ります。そうです、それはヤリマン以外何ものでもありません!
そして驚くべきことに「プライベートでセックスするときは避妊はしません」とノーガード戦法でセックスに挑むとのこと。さすがヤリマン五輪選手!
理由は「誰でもいいから、子供が欲しいの」の発言に、ゲストの横須賀歌麻呂さんが名乗りをあげると「ハイ!」とキッパリOK!
でも、多分、私の卵子が強いか精子をバッタバッタと倒すから子供が出来たことがない」とヤリマンならではのコメントを発する美保さん。
この誰の挑戦でも受けるという姿勢こそ、ヤリマンのヤリマンたる精神なのでしょう。

「セックスをするアイドルです! 仕事ができないので●春をしています!」

3人目はヤリマンアイドルという矛盾した称号を持つアイドルの白玉あもちゃん。ロリ系の顔立ちですが33歳だそうです。

_mg_0042

白玉あもちゃん

セックスをするアイドルです! 仕事が出来ないので〇春をしています!」と登場していきなりの放送禁止発言が飛び出すぶっ飛び具合。
最初に言っておきますが、ほとんど活字に出来ないエピソードばかりでした。
みんなヤリマンは好きか〜! 白玉とやりたいか〜!」とこちらも退場スレスレの発言で乾杯。
司会者曰く「こんな汚い乾杯は初めて」と漏らしますが、会場の全員も初体験です。
いちばん安いセックスは「味噌ラーメン一杯おごってもらってやった。三軒茶屋の900円のラーメンでした」とラーメン一杯でオマ〇コいっぱいを経験したと自慢。
自分からはいかないけど、隙が多いから『あもちゃんやろうよ』って言われるとやっちゃう。寂しいからやっちゃう」と天然ビッチぶりも告白。
初体験は「中3、15歳の時。その時に好きだった男の子がいて、彼が熱を出して学校を休んだ時にプリントを家に届けたら、親もいなくて彼が寝ていて『ふとんに入って話そうと言ったので、ふとんに入ったら抱きつかれたの。そのまま逆にお注射されちゃった」と熱と注射を上手くかけるあもちゃん。
ここまで聞くと青春の甘酸っぱい初体験かと思われるが「セックス=付き合ってると思ったら、女子がいっぱいいるところに呼び出されて、彼が『お前とは付き合ってない』って言われた。そこでセックス=恋愛じゃないと分かっちゃった」と苦々しい経験も。
「だからセックスは愛とか恋とか気持ちとかは関係なく、やりたいときにやれればいいやと思い、そこからバンバンですよ!」と15歳にしてヤリマン悟りを開き、セックス教を開祖。
人数は1,000人はいかないくらい600人か700人くらい」とこれまでの悟った回数を告白。
最近は「飲みに行って1対1になったとき会話に詰まると、盛り上げるのがめんどくさいから体でやっちゃう」とか、まさにヤリマンの鑑!
最後は「誘われれば行きます! 今日行く人?」と観客に聞くと多数が挙手。イベント後はバトルロイヤル状態でハッスルしたのでしょうか。

「高校で8,000人、23年間で30,000人とヤりました」

東京ヤリマン五輪の最終ランナーは経験人数30,000人! ヤリマン界のカール・ルイスこと有奈めぐみさんが登場。現在は爆乳熟女AV女優として活躍してます。

_mg_0061

有奈めぐみさん

高校で8,000人、23年間で30,000人やりました」ともはや地方市町村の人口を超える人数と経験済み。選挙に出たら当選するよとの声があちらこちらからあがります。
サッカーを見に行ったら来場者数が50,000人で、私はこの半分以上とやってるのかと思ったらサッカーに集中出来なかった」と爆笑を誘います。
サッカーどころかめぐみ五輪を1人で開催できますよ!
そのやりっぷりは「2時間単位で、その日は誰とやるか決めている。家の前で車で待っている人がいた」とドライブスルーヤリマン状態。
1日の最高は13人。ナンパされてホテル街から出られない日があった」という性豪伝説も持ち、「新宿のデパートに買い物に行く予定で行ったらナンパされ、デパートの開館から閉館時間までホテル街にいた」ためデパートで買い物が出来なかったこともあるとか。
そこでめぐみさんにヤリマン女の特徴を聞くと「ロリなのにヒョウ柄のピンヒールを履いている」「ゴスロリなのにヘンなキャップをかぶっている」「歩くのが遅い」「肌の露出が多い女はあまりヤリマンがいない」と的確に返答。役に立ちます!
そして30,000人の男性をパターンに分けると「早漏、遅漏、前戯が上手、前戯が下手」の4パターンに分かれるとのこと、男って本当に単純です…。
最後に大物芸能人との経験を激白(恐ろしくて書けません!)するなど、超大型爆弾を投下してくれためぐみ姐さん、貴方はヤリマン界のレジェンドだ!

超大物芸能人のセックス話に興奮が冷めない会場ですが、ここでタイムアップ。

抽選会に移ります。普通の抽選会ならDVDなどが当たるのですが、ヤリマン五輪は肉弾プレゼントです!

timoさんからは超爆乳を使った指パイズリが、

_mg_0072

若林美保さんからはポッキーゲームならぬ魚肉ソーセージゲームが、

_mg_0080

有奈めぐみさんからは舌ピアスを駆使した指フェラが、

_mg_0085

白玉あもちゃんからは咀嚼した梅干しを口内に垂らされるプレゼントがそれぞれ贈られました。

_mg_0096-1

3時間以上に及んだ東京ヤリマン五輪、会場でしか聞けない危ないエピソードばかり。

セックスをしていなくても濃厚なセックスを経験した感覚が抜けません。
ヤリマン五輪の性なる炎『性火』はいったん消されますが、一旦、火が付いたヤリマンたちの性欲は留まることを知りません。
また次回も濃厚なヤリマン豪傑エピソードを聞きたいものです!

(撮影・取材:KKフォトグラフ