「アナルの中に生温かな精液が広がる瞬間、そしてオチ○チンが引き抜かれる瞬間、ゾクゾクするような快感があるんです…。」AFの快感に溺れる22歳若妻のSM体験告白手記!!

★シェアお願いします

最近ごく普通の主婦やOLの間で、ソフトSMが密かに流行しているという。マンネリのセックスライフに新たな刺激を吹き込むSMにハマった彼女たちの赤裸々告白手記…。

「お尻にローションをたっぷり塗りこんで、ゆっくりゆっくり挿入してもらって…」

阿部しずくさん(22歳・主婦フリーター)

緊張とともに迎えた初めてのアナルファック体験に感動!

 高校の時の同級生と21歳の時に結婚して1年あまり。それこそ猿のように、毎日のようにエッチをしています。ただ、お互い若くて給料も少なく、貯金もないから子育ては当分ムリ。

 そこで、私たちの間では“生禁止令”と呼んでいるんですが、膣外射精であってもゴムをつけないエッチは禁止することにしたんです。やっぱり“誤爆”は怖いですからね。しかし以前から生でするのが大好きだった夫は、どうも納得できない様子。

 そのうち 「どうしても生でヤリたい。だからアナルに挿入させてくれ」なんてことを土下座する勢いで言い出すようになったんです。正直気が進まなかったけど、その必死なお願いにほだされて、思わずOKしちゃいました。

 で、初めてアナルセックスに挑戦することになったんですが、もちろん慎重に慎重を重ねました。お尻にローションをたっぷり塗りこんで、ゆっくりゆっくり挿入してもらって…。

 まぁそれでも最初は緊張したし、やっぱり痛かったですね。とくにオチ○チンが入ってくる時には、近所迷惑も顧みず、「ぎゃあああああ!」と叫んでしまったほどでした。

 しかし慣れというのは恐ろしいですね。いったん貫通した後は、だんだん身体が痛みに慣れてきましたから。夫は激しくピストンするのではなく、小刻みに振動させるように突いてくるんだけど、その小刻みな動きが妙に心地いい。

 さらにアナルのなかに生温かな精液が広がる瞬間やオチ○チンが引き抜かれる瞬間も、ゾクゾクするような快感があるんです。終わった時には、私自身もアナルセックスが気に入ってしまってました。

 以来、2人でアナル開発に努める毎日、先日はとうとうアナルでイクことも経験し、ますますハマッちゃいそうです。

(記事引用元=ズバ王