「下だけ脱いだ私が木にもたれるようにお尻を突き出すと、獣のように猛り狂った彼のモノが…」山中での青姦にハマる露出狂主婦【私の野外セックス体験記】

★シェアお願いします

登山がきっかけで知り合った不倫相手の男性との、山奥での森林浴セックスにハマる専業主婦・美和さん(32歳)が赤裸々に語る野外セックス告白手記!

「木漏れ日を浴びながらの野外エッチは開放感に包まれて…」

 一時期“山ガール”なんて言葉が流行りましたが、今や登山を趣味とする女性は珍しくありません。私も変化のない退屈な主婦業の暇つぶしを兼ねて登山を始めたところ、すっかりハマってしまい、いつのまにか頻繁に山に登るようになりました。

 じつは現在不倫している相手も、登山がきっかけで知り合った人。週末になると、夫には友達と山登りに行くなんて嘘をついて、彼と二人きりで登りに行ったりしています。

「山もいいけど、たまには少し違う風景も味わってみようよ」 そんなある日、不倫相手の彼に誘われて向かったのは、山ではなく、木々の生い茂る森。彼の目的な森林浴なのでした。

 自然の中を歩くのは登山も同じですが、比較的勾配の緩やかな道のりを歩いていくため、疲れ方がまったく違います。いつもならゼイゼイと息を吐きながら登っていくところですが、この日はまるで鼻歌でも歌い出しそうな気分。たまにはこういう雰囲気も楽しいものです。

 もっとも、体力的に余裕がある分、普段なら絶対しないような行動にも出てしまいました。それは森林浴エッチ。体力的に厳しい登山の場合はその道中でエッチしようなんて思いもしませんが、森林浴なら体力を温存する必要もありません。

 人気のない場所へ移動し、下だけ脱いだ私が木にもたれるようにお尻を突き出すと、獣のように猛り狂った彼のモノがゆっくりと後ろから入ってきて…。木の幹に顔を埋めながらその激しい彼の突き上げに耐えながら、誰はばかることもなく大きな喘ぎ声をあげる私。

 穏やかな木漏れ日を浴びながらの野外エッチは、今まで経験してきたどんなエッチよりも開放感と爽快感に溢れていて、すごく心地いい。そんななかでクリを弄られると、どうしても普段以上の声が出てしまいます。

「ああっ、気持ちいのぉ! もっと、もっとしてぇ!!」

 いつしか私は目の前の木に抱きつき、こんなオネダリをしていました。で、この後はもちろん立ちバックで即絶頂。森林浴エッチ、癖になりそうです。

(記事引用元=ズバ王