deraT

東南アジアの新フーゾク楽園♥ウブなカンボジアンガールを求めてプノンペン〜シェムリアップまでカンボジアを遊び倒す!!【お父さんの為の海外夜遊び講座】

急速に近代化が進むカンボジア。治安もかなり良くなって来たので、新たな遊び場所としては最適かも。そんなカンボジアの夜遊び事情をレポート!

カンボジア プノンペン〜シェムリアップで遊ぶ♥

◯違法風俗は消えて夜の街も健全化?!

 これまでカンボジアの夜遊びと聞くと、イリーガルな匂いプンプンで、海外で遊び慣れていない方には、ちょっと手が出しづらいイメージでした。そんなカンボジアも、近年では変わりつつあります。近代化が従来の違法風俗を締め出しているのです。モチロン、すべての風俗を取り締まるという意味ではありません。タイにもあるようなジャンルの風俗はそのままで、未成年を無理やり働かせていたような風俗が根絶したのです。怪しさを求める方には少しガッカリかも知れませんが、誰もが安心・安全にカンボジアへ遊びに行けるようになったと言えるでしょう。

◯カンボジアを旅するなら周遊すべし

 カンボジアへの入国には観光ビザが必要です。ただ 到着した空港で簡単に取得できますので(30ドルと顔写真3・5×4・5センチ1枚が必要)、事前に取る必要はありません。現在、日本からの直行便は飛んでいないので、バンコクなどを経由することになります。タイ旅行のついでに足を伸ばす感じです。バンコクからはカンボジアの首都プノンペンと、アンコールワットのあるシェムリアップに飛んでいます。バンコク~プノンペン~シェムリアップ~バンコクといった要領で回ると良いでしょう。

プノンペンのリバーサイドエリアにある歓楽街『136ストリート』。通りにはガールズバー(タイのビアバーを少し高級にした感じの連れ出しできる店)が並ぶ。デート料はショート70ドルです

 どちらか一方でも良いですが、夜遊びでプノンペンは外せませんし、せっかくカンボジアまで行くのですからアンコールワットを見ないのはもったいない。3泊できるなら、両方回るのが正解でしょう。アンコールワットの写真があれば、奥様(恋人)への言い訳にも役に立つのでは(笑)

プノンペン美女としっぽり夜遊び。中華系なら色白美人も多いぞ

次のページへつづく↓