deraT

辻本杏・超人見知り娘の4年間のAV女優性活「実は4年も続くなんて全然思ってなかったの…」【表紙モデル我慢汁インタビュー】

辻本杏…1993年12月23日生まれ。栃木県出身。T155・B82W57H80。グラビアアイドルを経て、2014年3月『辻本杏 AVデビュー』(teamZERO)でAVデビューすると、美しいルックスと黒髪でたちまちブレイク。2016年にエスワン移籍。今年の夏惜しまれつつも引退…。

(掲載/「実話大報」2018年9月号

人見知りだけは最後まで治らず

今月号の表紙&巻頭グラビアは、残念ながらこの夏でAV女優を引退することになった辻本杏ちゃん。

2014年3月のAVデビュー以来、大きな瞳とキレイな顔立ち、しなやかなスレンダーボディを武器に、トップ女優として走り続けた彼女。まずは引退を目前に控えた、現在の心境について尋ねてみました。

う~ん、正直言うと、よくここまで来れたなぁって感じ(笑)。デビュー前は不安で絶対長く続かないって思っていたんです。でも事務所の方も撮影スタッフさんもみんな優しくて。それが4年半も続けられた理由だと思います

とはいえ、杏ちゃんは自他ともに認める人見知り。苦労することは少なくなかったようです。

イベントがあると、大勢の人の前に出なくちゃいけないじゃないですか。ファンの方と会えるのは嬉しいんだけど全然慣れなくて。毎回ド緊張状態(笑)

また、このように緊張してしまうことは、撮影現場でも度々あったそう。

年下から同世代の男性がどうしても苦手で。相手の男優さんが若いとすごく緊張しちゃうんです。つい身構えてしまって、いつまで経っても心を開けなかったり。相手の男優さんが年上なら包容力もあるし、安心して喋れるんですけど(笑)

ちなみにプライベートでも人見知りという彼女。休日に友だちと出歩いたりすることもあまりなかったそうです。

私、友だち少ないんですよぉ(笑)。そう、男女ともなんですけどね。彼氏を作るっていうのも、私の中では一大事。どうしても積極的になれないんです。休みの日は家で過ごすことが多かったですねぇ。もう、引きこもり状態(笑)

その一方、AV女優になって良かったのは、撮影でエッチの偏差値が上がったこと。4年に及ぶ撮影を通じて、性感帯も磨かれていったそうです。

私、オマンコが軟弱なんですよ

実は……初体験のときはエッチが全然好きじゃなかったんです。でもAV女優になって撮影で色んなプレイを経験するうち、だんだん好きになっていきました。男優さんって、やっぱりエッチが上手ですよね。奥を突かれすぎて痛くなってくると、それを察して挿入角度を変えてくれたり。細かい気遣いがすごいんですよ。ただ指マンはねぇ(笑)。私、アソコの中はゆっくり掻き回される方が好きなんですけど、AVって見せるためのものだから……ガシガシやられて辛かったことは何度かあったかも(笑)

聞けば杏ちゃん、アソコの粘膜がそんなに強くないらしく……。

撮影だと何度も体位を変えるから、だんだんヒリヒリしてきちゃうんです。よく〝アソコが壊れちゃう〟って言うじゃないですか。私の場合、文字通り、壊れそうになっちゃう(笑)

そんな中でも、彼女にとって一番楽しい撮影として思い出に残っているのが、2017年1月発売の『JKお散歩』(S1)でのこと。

相手が〝変態キモ男優〟でお馴染みの杉浦ボッ樹さん(笑)。彼と商店街をデートするの。みんなに見られてめっちゃ恥ずかしかったんですけど、それも含めて楽しかったですよね。ボッ樹さんが年上で喋りやすかったのと、台本がなくて、自然体で撮影に臨めたのがよかったのかも

やはり相手がおじさんだと、いつも以上に楽しめるようだ。杏ちゃんとおじさん男優とのねちっこい絡み、見てみたかったものですな。

SMしたいとは言いだせません

あはは。でも、撮影でいろんなプレイが体験できたのは本当に楽しかった。だって引退したら、痴漢プレイとか乱交とか、できなくなっちゃいますからね(笑)

それなら引退後に出会った男性に〝こういうエッチをしたい〟ってお願いすればいいじゃん?

う~ん、でも自分からはなかなか言えないなぁ。相手から言われるならいいんですけどね。〝拘束プレイしようよ〟とかって。実は私、少しMっ気あるんです(笑)

こんな美女と拘束プレイを楽しめるとは……今後出会うかもしれない相手の男性が羨ましすぎますな。

では最後に、これまで4年間、杏ちゃんを応援し続けたファンの方へのメッセージをいただきました。

私はキャラを作ることが苦手で、ぶりっ子とか神対応とかも全然できないんです。こう見えて口も悪いんですよ(笑)、ツイッターで一般の人とケンカまでしちゃうし。それでもこんな私をずっと応援してくれたファンの方にはホント感謝しかないです。今までありがとうございました!

引退後、なにをするにしても、本誌は杏ちゃんを応援いたしますぞ!

(掲載/「実話大報」2018年9月号