deraT
maccos

【 AVレビュー連載の佐藤花AVデビューインタビュー!】当サイトAVレビュアーの佐藤花ちゃんが衝撃のAVデビューでイキまくり! 「『まさか自分が!?』とは思っていたんですけど、やってみたい気持ちはありました」【前編】

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

「私の喘ぎ声でスマホのアシスタントAI機能が反応したんです。エッチをしながら笑いそうになっちゃいました()」

── 性に目覚めた後、オナニーをしはじめたのはいつですか?

佐藤 同じくらいの時期だと思います。エッチなこととは思わずにうつ伏せで寝ていたら気持ちよくなったんです。

── 男子の床オナみたいですね()

佐藤 そこから気持ちいいことが、エッチなことだと知ったんです。オナニーだと自覚して触りだしたのは中学生くらいからです。

── その頃はオナニーでイキましたか?

佐藤 はい、確かイキました。でも、あまり覚えていないんです。でも、その頃にレディコミを読んでいたらエッチな描写があって、そこでセックスってことも知りました。

── 前にも言っていましたがAV16歳で観たんですよね。それはオナニー用に鑑賞していたんですか?

佐藤 最初は観ちゃいけないスリル感や背徳感や好奇心が上でした。

── 十代ってみんなそういう気持ちですよね。オナニーも経験して、初体験は何歳ですか?

佐藤 17歳で相手は20代後半の彼でした。

── けしからん男だ! うらやましいじゃないか! 感想はどうでしたか?

佐藤 思っていたより、意外と痛くないんだなって思いました。

── スムーズでしたか?

佐藤 スムーズでもなかったです。

── では、快感はありましたか?

佐藤 なかったです。

── そうなると、どういう気持ちだったのかな?

佐藤 「帰りたい」って思っていました、あはは()

── 挿入されたまま「ああ、帰りたいなあ」って思っていたんですか()

佐藤 思ったよりは痛くなかったけど、やっぱり痛いんです。だから、「なんでこんなことを遊びでやっているんだろう」って思っていました()

── 佐藤さんはエロに興味はあるけど、マジメだから、いざ体験すると背徳感や嫌悪感が伴うんですね()

佐藤 そうです。

── 彼は一生懸命、腰を振っているんだ()。でも、嬉しかったには嬉しかったですか?

佐藤 処女を卒業したみたいな嬉しさはありました。

── そっちの嬉しさですか。初体験から快感を得るまではどのくらい経ちましたか?

佐藤 全然、最初はよくなくて、1年くらいかかりました。

── それは同じ彼氏ですか?

佐藤 別の彼氏です。でも、セックスのよさが分からなかったです。

── セックスのよさを教えてくれたのは誰ですか?

佐藤 18歳の頃に彼氏はいなかったんですけど、セフレがいて、その人は大人だったんです。その人は上手いし相性がよかったんです。

── おっ! 大人から性の悦びを教えられちゃいましたか! うらやましい! あと、変わったエッチ体験はありますか?

佐藤 私の喘ぎ声が大きかったのか、スマホのアシスタントAI機能が反応したんです()

── 「Hey!」って喘いだのかな()AIはなにを作動させようと思ったんだろう。

佐藤 エッチをしながら、笑いそうになっちゃいました()

── 「AIを動かした喘ぎ声」ってキャッチコピーになりますね。喘ぎ声は大きくても、声自体は普通ですよね?

佐藤 はい、「ア~ン」とかです。

── きっとAIが興奮したんでしょうね。

【 AVレビュー連載の佐藤花AVデビューインタビュー!】花ちゃん自らデビュー作をレビュー!「全体的にヌキどころです。SMに少し興味があって、自分が拘束されているところを撮られるのはいいなって思いました(笑)」【後編】

佐藤花(さとう・はな)
身長:162cm スリーサイズ:B86(Fカップ)・W60・ H90
生年月日:
19961210 日 血液型:B
出身地:福岡県 趣味:AV鑑賞 特技:書道
ツイッター:@hana_hana_satou インスタグラム:@hana_satou
YouTubeチャンネル「はなちゃんねる

(写真・インタビュー:神楽坂文人 インタビュー協力:MAX-A

タイトルとURLをコピーしました