deraT
maccos

【おうちで#メイキットvol.7ライブ大量画像レポート!】あけみみう、一ノ瀬恋、北乃みれい、新垣智江、ひなちゆんが久々のライブで熱唱! ライブ後には衝撃の現メンバーでのラストライブ発表が!!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

「おうちで#メイキットvol.7~おうちdeメイキットギグ2021~」

今年、初開催となる人気セクシーアイドルグループ・#メイキット(あけみみうちゃん、一ノ瀬恋ちゃん、北乃みれいちゃん、新垣智江ちゃん、ひなちゆんちゃん)の無観客生配信ライブ「おうちで#メイキットvol.7~おうちdeメイキットギグ2021~」が1月23日、東京・レフカダ新宿で行われました!

コロナ禍にあって思うようにライブができない状態ですが、#メイキットはこれまでも工夫を凝らした生配信イベントやライブを定期的に開催してきました。

前半はライブで熱唱!

今回は前半、ライブで構成されており、1曲目はバラードの『MY HOME』からスタート。「12月に歌おうと思ったけど中止になったので、その間、重点的に練習した」とのこと。

2曲目はデビュー曲である『今すぐ Make it !』、3曲目は『君にHole In Love』と初期の名曲を立て続けに披露。2曲とも全力で歌ったため「暖房を切ってもらおうか」と言うくらい熱いステージを繰り広げてくれました。

4曲目は『ジャンピンジャック・ロンリー』、5曲目は『Let’s go Make it!』、6曲目はカバー曲、7曲目は『駆け抜けCHAIN』と連続で熱唱。オンラインライブのため、目の前にファンがいないにもかかわらず、一生懸命歌う姿には感動すら覚えます。

そして、ラストは『願望シンデレラ―』で終了。

ライブ後の感想では、「全力で踊れて楽しかった」とひなちゆんちゃん。「あらためていい曲が多いと気が付いた」と北乃みれいちゃん。「歌って踊れるのは楽しかった。久しぶりにみんなでできてよかった」と新垣智江ちゃん。「ずっと楽しくてよかった」とあけみみうちゃん。「不安な部分も多かったけれど、ミスも楽しめた」と一ノ瀬恋ちゃん。

5人とも久しぶりのライブを満喫し、満足気な表情を浮かべていました。

後半はトークコーナー!激動の2020年を振り返る!

後半は激動の2020年を振り返るトークコーナーを開催。コロナ禍で思うように活動ができませんでしたが、できる限りの活動をしてきたメンバーたち。

1月は全員で花園神社に初詣しおみくじが全員、大吉だったとのこと。2月は外部ライブに2本も進出。大きな爪痕を残しました。

3月は大規模な外部ライブの「レディマドンナライブ」に出演。4月、5月は緊急事態宣言に伴い活動は自粛。「リモート会議をしていたけど、みんな先が見えなかった」と一ノ瀬錬ちゃんがコメント。

そして、6月からはオンラインイベントがスタートし、7月には休業していた北乃みれいちゃんが復帰と明るい未来が見えてきました。

その後はオンラインイベントで浴衣姿になったり、ハロウィンでは全員が仮装姿を披露したりと様々な工夫を凝らし視聴者を楽しませてきました。

最後に衝撃発表!!

急ぎ足で2020年を振り返ったメンバーですが、最後に衝撃の発表が!!

「2月21日の定期ライブで現メンバーでの活動は最後となります。(レフカダ新宿ではなく)外部でのワンマンライブ開催も決めました。詳しいことはこれから#メイキットのツイッターで発表します。5人のラストステージなので絶対に観に来てほしいです」と、来月が現メンバーでのラストライブになることが緊急発表されました。

2018年7月にオーディションを行い、同年10月にレフカダ新宿で衝撃のデビューワンマンライブを開催。その後、メンバーの脱退と加入を繰り返しながらも、人気を誇ってきた#メイキットですが、ここにきて残念ながら現メンバーでのラストライブが発表されてしまいました。

これまでも幾多の苦難を乗り越えてきたメンバーですが、このコロナ禍のなか一時、解散してしまうのは残念で仕方ありません。

しかし、彼女たちが選んだ道ですから、きっと未来も大丈夫なはず。前向きな発展的一時解散と思い、現メンバーでのラストライブは盛大に送り出しましょう!

彼女たちの熱烈な応援団である穴埋め隊は、2月21日に決起し、笑顔で現メンバーの未来を祝福しましょう!

#メイキットは決して解散ではありませんし、もしかしたら現メンバーの中には、次のメンバーとして残る者もいる可能性があります。これからも#メイキットを応援していきましょう!

>>「#メイキットライブ」の大量写真はサイト下↓↓↓の次ページリンクからどうぞ!

#メイキット公式ツイッター:@Makeit_idol
SUKIYAKI MUSIC公式:@sukiyakimusic
レフカダ新宿公式サイト:http://lefkada.jp/

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました