deraT
maccos

【ニューカマースペシャル「月で逢いましょうvol.83」ライブレポート!】望月つぼみと上羽絢が初登場にして圧倒的な歌唱力を披露! 2人が持つ独自の世界観を表現!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

ニューカマースペシャル「月で逢いましょうvol.83」ライブレポート!

フレッシュな魅力満載のニューカマーが出演する、ミルキーポップジェネレーション主催ライブ「月で逢いましょうvol.83 ニューカマースペシャル」が、11月20日、東京・三軒茶屋グレープフルーツムーンで行われ、望月つぼみちゃんと上羽絢さんが出演しました!(なお、出演予定だった響乃うたちゃんは体調不良で欠席)

2人は以前、同じ事務所に所属する女優さんのライブを観に来ており、そこから今回のライブにまで発展しました。

今回もバックバンドを務めるのは平方元さん(キーボード&コーラス)と福田正人さん(ギター)です。

 

まずは全身白ずくめ、マントを背負ったオシャレな衣装のつぼみちゃんが登場。演奏開始まで若干の時間があり、「さすがに人が入ると緊張します」とポツリとつぶやきます。そうなんです! ライブの醍醐味は人前で歌うことなんです!

 

しかし、ライブが始まれば堂々とした姿を見せ、『なないろ』(私立恵比寿中学)を振り付きで溌溂とした歌声で歌ってくれます。

曲後は、「初めまして、望月つぼみです。よろしくお願いします。今日はこんなにたくさんの方にいらしていただき、配信も観てくださる方がいると聞き、とっても幸せな気持ちです」と初々しく挨拶。

 

2曲目は『黒毛和牛上塩タン焼680円』(大塚愛)を抜群の安定感で歌い、初めてのライブとは思えないほど、素晴らしいステージを見せてくれます。

MCでは、少しはにかんだ様子で、「1曲目に聞いていただいたのが私立恵比寿中学さんの『なないろ』という曲で、2曲目に聞いていただいたのは大塚愛さんの『黒毛和牛上塩タン焼680円』です。
このライブをするにあたってセットリストを考えるとなった時、私がエビ中(私立恵比寿中学)を好きなので、1曲は入れたいと思っていたんです。それで、ツイッターで『エビ中のなんの曲を知っていますか?』とアンケートを取ったんです。その中で『なないろ』を挙げてくださる方が何人かいたんんです。私も好きな曲だし、歌いたいと思っていたから歌おうとなりました。
この曲の最初の歌詞が『はじまりはキラキラ』なんですけど、AVとは別の形でみなさんの前に立たせていただく始まりだったり、ニューカマースペシャルのトップバッターをさせてもらえるということで、始まりがキラキラしたものになるといいなと思い、この曲にしました」と1曲目の選曲理由を発表。

 

続けて、「2曲目は『私のことを好きと言ってくれるみなさんのことが私も大好きだよ』ということで、この曲を選びました。今回のセットリストはどの曲も意味を持って選びました」と2曲目の選曲理由も語ってくれました。

これを聞いた平方さんが、「この曲の意味をみんなに届けたいということから、いろんなライブの形が始まっていくので、それを理解しているつぼみちゃんはベテランですよ」と評価。すると、つぼみちゃんの緊張がほぐれ笑顔が見えました。

 

そして、「この曲は最後の2行に全部詰まっています。好きな曲だから、みんなに聴いてほしいです」と『透明人間』(東京事変)を伸びのある美声で歌い、無事にデビューライブを終えました。

 

続いては、つぼみちゃんの事務所の先輩でもある絢さんが登場! 革ジャンに革のミニスカートとロック&セクシーな姿で早くもファンを魅惑します。

しかし、ライブが始まるとキュート&スイートな歌声で『アイワナムチュー』(MAISONdes)を熱唱。そのギャップにメロメロになります。

 

また、最高の笑顔で楽しそうに歌う絢さんの姿を見ているだけで、こちらも幸せになります。

曲後、「今日は初ステージに出演させていただきましてありがとうございます。めちゃくちゃ緊張しているんですけど、楽しく歌いたいと思いますので、一緒に楽しんでいただけたらと思います」と挨拶。

早速、2曲目の『逆光』(Ado)に突入し、1曲目とは違い迫力あるボーカルを見せ、聴く者を圧倒します。

 

大きな拍手が贈られる中、「終わりました」と天然気味にかわいくバックメンバーに報告する絢さん。美しい姿と、このナチュラルな姿のギャップがたまりません。

MCでは、「普段、自分が歌わない曲を今回は歌いました。というのも、私が普段歌っている曲が『ガンダム』とか、そっち系の曲ばかりなので、『ガンダム』だらけにするのもあれかなと思ったんです(笑)。みなさんがある程度知っている曲で、ノレるような曲を選曲しました」と選曲理由を語ってくれました。

 

そして、最後の曲は「私が普段思っている気持ちもちょっと入っているので聴いてください」とコメントし、『BANG!!!』(EGOIST)を歌いますが、こちらが難曲! しかし、見事に歌い切り、絢さん独自の世界観を見せ付けてくれました。

最後に感想を求められた2人は、「これまでのライブを観ていたので、会場の雰囲気は感じていて、そこまで戸惑いはなかったんです。でも、後ろで観るのと、前に立つのは全然違いました」とつぼみちゃんがコメント。

絢さんは、「いろいろと飛びました(笑)」と緊張のためか、歌詞などが飛んだと振り返りますが、2人ともその表情は充実感溢れるものでした。

 

ここで本編ライブは終了しましたが、ニューカマースペシャルでは通常行われないアンコールが行われ、それぞれ1曲ずつ披露。急遽、歌うことになったのですが、2人とも動じずに、最後まで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

今年最後の「ニューカマースペシャル」となりましたが、魅力的な女優が続々と歌手デビューを果たしました。来年も同ライブは定期的に行われますので、どのような新人アーティストが誕生するのか、いまから楽しみです!

望月つぼみX:@Tsubomi_Mochi
上羽絢X:@Ueha_Aya_
ミルキーポップジェネレーションX:@MPGeneration

(写真・取材 神楽坂文人

 
関連商品
タイトルとURLをコピーしました