deraT
maccos

遂にあの話題女優も登場「クレームお断り!」発表!第2回“アダルト”アカデミー賞!【中編】AV業界のプロライターが本音で選んだらこんなラインナップになってしまいました…

wakuwaku1honeyderaTmaccos

『バカデミー賞』〜最もバカっぽく面白かった作品に贈られる

—-最もバカっぽく面白かった作品に贈られるバカデミー賞です。

安田 年々、こういうの減ってるんですよね。

沢木 さっきも言った紗倉まなの「最低。」と天使もえが犬になった「愛犬が美少女に大変身!擬人化ペット天使もえの異常な恩返し交尾 独身男が発情ワン娘に死ぬほど溺愛される」、この二本はよかったですね。

安田 インパクトがあったのは「ふにゃちん哀愁 水野朝陽」ですかね。あとは、ビッグモーカルの「ヤンキー娘」( チ●ポ挿入した途端に涙目www マジっすか!? 可愛い過ぎるヤンキー娘デビュー!)シリーズ。あれはどれも面白い。

アケミン バカとは違うかもしれないけど、企画として面白かったのが梁井(一)さんの「True Love リアルカップルのセックス」。本物のカップルが応募してきたという奴。大阪のエゲツないカップルのセックスを延々見せつけられるという。よく見つけてきたなという。

安田 一番笑ったという点では「ヤンキー娘」なんですよね。中でも飯島くうが編ががタトゥーのすごみもあってよかった。

沢木 途中から打ち解けて、ウブな顔見せるという醍醐味ね。待ち合わせの時に、金属バッドもって路上にしゃがんで、食いかけのカップヌードルも置いてあるというやりすぎだろってセッティングが素敵だよね。よく見かけるおじさん男優がいい仕事してるんだよ。

安田 「はい、次の男優さん」って言って、同じ人がずっと来るというギャグを繰り返すのがすごく面白い。

沢木 「感じてるでしょ?」「感じてねぇよ」ってやり取りとかね。

安田 「本当はあまり経験ないんでしょ?」「そんなことねぇよ、ヤリマンだよ」ってね。最高ですよ。笑えるけど、結構エロいんですよね。

アケミン 飯島くうが、美形ですよね。

安田 シリーズみんな面白いんだけど、飯島くうがのインパクトでこの作品を。

アケミン でもキョンシー(護符天誅!幽幻導師列伝 熟女キョンシーに挑むセックスホラードキュメント)も一応あげておきます。

安田 AVオープンでもバロンドール賞(業界関係者間投票)取ってるしね。前回は河童で今回はキョンシーとふにゃちん。バクシーシ山下はこのジャンルの独壇場だよね。

—-では、バカデミー賞は「チ○ポ挿入した途端に涙目www マジっすか!? 可愛い過ぎるヤンキー娘デビュー! くうが 怖そうなオラオラ系不良娘がおじさんとセックスする時のギャップが超オトメ。【オイルマッサージもあるよ】 飯島くうが」に決定です。


 
誠に勝手ながらおめでとうございます!

最も活躍した新人女優に贈られる『ウブデミー賞』戸田真琴

最も活躍した熟女・人妻系AV女優に贈られる『熟デミー賞』…江上しほ

最も活躍したAV男優に贈られる『勃ちデミー賞』…吉村卓

最も活躍したAV監督に贈られる『カチデミー賞』…タートル今田

最も活躍した巨乳女優に贈られる『乳デミー賞』…高橋しょう子

最も活躍した貧乳女優に贈られる『ペタデミー賞』…あべみかこ

最もバカっぽく面白かった作品に贈られる『バカデミー賞』…チ○ポ挿入した途端に涙目www マジっすか!? 可愛い過ぎるヤンキー娘デビュー! くうが 怖そうなオラオラ系不良娘がおじさんとセックスする時のギャップが超オトメ。【オイルマッサージもあるよ】 飯島くうが

最も優れたパッケージデザインに贈られる『パケデミー賞』…?

最も活躍した女優に贈られる『エロデミー賞』…?

最もエロく抜けた作品に贈られる『ヌキデミー賞』…?

《次回へ続く…》
(画像引用:DMM.R18

「クレームお断り!」発表!第2回“アダルト”アカデミー賞!【前編】AV業界のプロライターが本音で選んだらこんなラインナップになってしまいました…
いよいよファイナル!発表!第3回“アダルト”アカデミー賞!【後編】AV業界のプロライターが本音で選んだらこんなラインナップになってしまいました…
安田理央(やすだりお)
雑誌編集、コピーライターを経てアダルト系フリーライターに。
アダルト以外にもマンガやグルメ等幅広く執筆。 AV監督やカメラマン、バンド活動もこなす多才人でもある。
痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか」(太田出版)発売中。
沢木毅彦(さわきたけひこ)
80年代、アダルトビデオ黎明期の頃から雑誌・書籍等で執筆活動を続ける。
制作側としてAVや成人や一般映画の脚本家としても活躍。
雑誌『DMM』のインタビュアーとしても活動している業界の重鎮。
アケミン
人気AVメーカーの広報を経てフリーへと転身した美人女性AVライター。 
スポーツ新聞や男性誌の他、ブログやイベント等幅広く活躍中。
初の著書「うちの娘はAV女優です」(幻冬舎)が発売中。
タイトルとURLをコピーしました