deraT

【東京ディープ風俗探検!!】錦糸町発☆完全会員制で紹介がなければ入ることはできないウワサのマンヘル桃源郷に極秘潜入!!

wakuwaku1honeyderaT

あくまで裏風俗なので、具体的な場所やマンション名はお教えできないが、ヒントは「四つ目通りを歩いた先」とだけお教えしておこう

 

◎弱点の耳を攻めると腰もクネクネさせて

 小柄なロリ系であったが、オッパイは思った以上に大きい。なんと、Dカップもあるそうだ。

「エロい体だね〜」

 バスルームで彼女の裸体を褒めながら、チン棒を洗ってもらう。

「そう? お兄さんはスポーツやっていた? ガッチリしているんですね」

 逆に褒めてもらえて、ますます舞い上がる記者。シャワーを出て、布団へ。まずはキス。サキちゃんは子供っぽい顔立ちながらも、舌を入れると上手に舌を絡めて返してきた。さらに首筋から耳元へ舌を這わせていくと、

「ああっ!」

 どうやら耳が弱いようで、熱い息を吹きかけるだけでも、

「アン、いや、あああ」

 と喘ぎ、体の力が抜けていく。髪の毛から漂う甘いシャンプーの香りもタマらない。耳攻めが楽しくなってきた記者は、そこから数分、ひたすら彼女の耳を攻めた。

「はあはぁ、お願い…もう」

 すっかり体が出来上がってきたようで、もどかしそうに腰をくねらせる彼女。そっと下腹部に手を伸ばすと、割れ目はすでにビショ濡れだった。

「感じやすいんだね」
「耳、弱いから……」

 ならばと再び、耳を舐めながら、秘部を指で弄る。このW攻撃が彼女のツボにハマったようで、

「マジダメ……それ、ダメ」

 切羽詰まった声をあげるので、指の動きを止めると、

「指、して〜!」

 いやはや……なんとも可愛い限りだ。むろん、ここで指を動かすほど記者は優しくない。

「じゃあ、俺のも舐めて」

 とフェラチオを要求しつつ、69の体勢となった。すでに指マンで濡れた秘部に、むしゃぶりつく。

「ふぐう〜」

 懸命にチン棒を咥えながらも、悶える彼女。口に含まれたペニスを締め付けてくる感覚も最高だ。互いの性器を舐め合う行為に耽ること、約5分。もはやこれ以上続けると、記者も射精しそうだったので、

「ゴムある?」
「うん、ココ」

 彼女は枕の下に手を入れた。

 

次ページへつづく

タイトルとURLをコピーしました