deraT
maccos

【人気爆乳女優・塚田詩織インタビュー】「精子がとにかく大好物なんです無味無臭よりも苦いほうが好き撮影でもう10発欲しくなって(笑)」「需要がある限り仕事が続けたいです「塚田詩織」でいることが一番幸せ」後編

wakuwaku1honeyderaTmaccos

女優業は需要がある限り熟女化して大ブレイク予想!?

── 普通のドラマモノはどう?

塚田 ちょっとテンション低めのところがあるので、コメディっぽいのは少々戸惑いますね。かなり前に『ボイン大好きしょう太くんのHなイタズラ』に出演した時の残念演技が心残りで……。直談判して撮ってもらい、120%の気合い挑んだら空回り。監督に褒められるも、吉永あかねちゃんヴァージョンを観て「私、酷すぎたな……」と(苦笑)。あの作品以降、自分から出たいって言わないようにしています。

── 共演モノはどうですか? 

塚田 やっぱり爆乳女優との共演は多いですね。

── ライバル心とかあります?

塚田 無い……と言えばウソになりますが、表には出しません。ただ自分と同タイプが目立っていたら、やっぱり内心は「悔しい…」とちょっぴり落ち込んでいます。

── 同タイプいます?

塚田 友だちでもあるんですが、西村ニーナは、ファンも被ってたりしますね。彼女はちょっと華やかなルックスですけどね。私も今後はもうちょっと独自路線を出して、勝負していけたら良いな、と。

── では今後の目標を。

塚田 本当はもっと早く辞めるつもりでした。正直言えば、肌が合わない現場もあるけど、大体楽しいことのほうが多いです。AV女優4年経っても、どんどん楽しくなってくるから、需要がなくなるまでは続けたいです。

── 熟女もあり?

塚田 所属事務所の社長からは、「詩織ちゃん30歳になってから勝負!」と言われているんです。社長は過大評価し過ぎて、私のことを「風間ゆみさんに似てる」と……(苦笑)。一度、撮影で熟女っぽい巻き髪をした時はメイクさんにも言われました。その姿を見た社長も、「熟女になればもっと売れるから今は我慢して!」と言われているから、気持ちとしては10年は続けなきゃ。あと6年間か……(笑)。今後も頑張っていきたいです。

■3回に渡りお届けした塚田詩織ちゃんのインタビュー。彼女の仕事に賭ける思い、面白いセックス話など非常に濃密な内容になっていたのでは。そして色気が強すぎて、取材陣は「ヤリたすぎる」と口揃えたので、今後どんどん魅了される男性が増えることは確実です! (カトウカジカ)

つかだ・しおり
T155/B101(J)W60H95 1994年3月23日生まれ
北海道出身 A型
趣味・特技:読書、舞台鑑賞、英会話、タイピング
◉Twitter:@ShioriTsukada

(掲載:「月刊DMM」2017年8月号 インタビュー:カトウカジカ

タイトルとURLをコピーしました