deraT

【インターネット生放送番組・セクステvol.8独占レポート!】きみと歩実ちゃん、新垣智江ちゃん、春埼めいちゃん、水樹璃子ちゃんが生放送で性感帯を発表! イベント向きな新人2人が番組で大活躍!

koukyuhoneyPureLOVER

セクシー業界の魅力を発信するインターネット公開生放送番組「セキララ! セクステ」の第8回放送が11月17日行われました。その模様を独占レポート!

司会進行は川上奈々美ちゃんが毎回務めますが、今回は出稼ぎ(笑)とのことで、きみと歩実ちゃんがピンチヒッターで登場。準レギュラーで司会をサポートするセクステガールは​新垣智江ちゃん、今回のゲストはセクステ初登場の春埼めいちゃんと水樹璃子ちゃん。2人ともまだ初々しいハタチです!

番組開始早々、きみと歩実ちゃんが受けた大腸検査の内容を詳しく報告。下ネタなんですが、場所が違う下ネタだけにどう反応していいのか分からない観客(笑)。検査結果は無事セーフ。いつも通り元気な姿で司会を務めます。

また、きみと歩実ちゃんはデビュー6周年を迎えました! そこで「きみとさんの6周年をお祝いしてかんぱ~い!」と​新垣智江ちゃんが音頭を取り祝福。番組もスタート。

まずは番組恒例のティッシュタイムに。観客の目の前で生脱ぎ! それに反応した観客がティッシュを豪快に飛ばす名物企画です。

今回は新人の春埼めいちゃんと水樹璃子ちゃんが生脱ぎに挑戦。生脱ぎでは小道具を使いながら、面白く脱がなければなりません。

春埼めいちゃんはピコピコハンマーとホースを使い脱ぎ脱ぎ。しかも、ホースを口に加え、おまけに水着に貫通させる春埼めいちゃん。これにはきみと歩実ちゃんも爆笑。

清純派の水樹璃子ちゃんは大胆にハケを使用。自らヒザ裏や太ももを撫でて「ア~」と感じる仕草を披露。新人とは思えない脱ぎっぷりに観客からは拍手も起こります。

続いてのコーナーは「先輩たちにこれが聞きたい!」と後輩の春埼めいちゃんと水樹璃子ちゃんが質問。

いきなり「性感帯はどこですか?」と聞く春埼めいちゃん。

これに対し「左半身が性感帯」と​新垣智江ちゃん。「ヒザの裏」ときみと歩実ちゃん。「ひじ」と水樹璃子ちゃん。そのひじをハケで攻める新垣智江ちゃん。聞いた本人の春埼めいちゃんは「内ももとそけいぶ」といい立ち上がり場所を指します。

水樹璃子ちゃんからは「身体作りや体力作りは何かやっているか?」と真面目な質問。水樹璃子ちゃんはその端正な肉体から分かるように「水泳、陸上、バレーボールをやっていたのでひとりトライアスロンが出来ます」と体育会系。

この問いには「脱ぎの仕事のときは夜と朝は固形物を食べない」とストイックな​新垣智江ちゃん。「前日と前々日は筋トレをしないようにしている。痛くなるから」ときみと歩実ちゃんが答えると、すかざず「普段はしているんですか!?」と突っ込む新垣智江ちゃん。「う~ん、そんなにしない」と正直に告白するきみと歩実ちゃん。きみと歩実ちゃんが後輩から容赦なく突っ込まれる姿は大好きです(笑)。

気になる下着の色を聞かれると「(ブラジャーは)ベージュ。パンツはユニクロの黒」ときみと歩実ちゃん。ユニクロ下着はきみと歩実ちゃんの代名詞です! 「白の花柄。上下セットです」と新垣智江ちゃん。「Tバックです。普段T(バック)です」と春埼めいちゃん。「9割T(バック)です」と水樹璃子ちゃん。ハタチの2人は何とも大胆!

最後は大喜利ゲームで盛り上がる4人。

「エッチの最中『恥ずかしいことを言っちゃったな』と思っている言葉は?」の回答は写真をご覧ください。

「気になっている男性に何と言って甘える?」の回答もこちらの写真をご覧ください。

回答では春埼めいちゃんのトリッキーさが大受け! 気にいったきみと歩実ちゃんは「モンスターだ!」「何なのこの子!?」と高評価。終始、独特の世界観を振りまいていた春埼めいちゃんは今後イベントでも大活躍しそうです!

脱衣コーナー、質問コーナー、ゲームコーナーと大いに沸いたセクステ。番組の感想では「緊張するかと思ったけど、雰囲気が楽しかったです」と水樹璃子ちゃん。「ビックリドッキリドンドンって感じです」と最後までモンスターぶりを発揮する春埼めいちゃん。

生放送終了後のアフターイベントでは撮影タイム、私物プレゼント抽選会などボーナストラックもあります。

今回は新人2人が大奮闘したセクステ、今年最後の公開生放送は12月15日(土曜日)に行われます。

次回はクリスマスイルミネーションで飾られた東京スカイツリー周辺を見学しながら、セクステも見に来てください!

■「セキララ セクステ」の詳しい情報は公式HPをチェック!
https://empatvfes.wixsite.com/empaproject/s1

(写真・取材 神楽坂 文人)

タイトルとURLをコピーしました