deraT

風俗業界初の転職フェアが開催! デラべっぴんR記者もこっそり潜入してきた!

wakuwaku1honeyderaT

そして、『プレジャーファクトリーグループ』では、店長ではない業種であっても役職や高収入を得られるという独自のシステムがあるとのこと。ブースではキャストの写真のモザイク・ボカシ処理や事務所との中継を行うなど見せ方にもオリジナリティが満点。

1999年に設立された老舗『夢見る乙女グループ』。上場できるほどの年商や、待遇や福利厚生の手厚さには驚きました。スタッフの仕事は「良い女性が良いサービスをできるように」することだけという潔いポリシーも印象に残りました。

モアグループ』は、唯一の女性スタッフの登壇となりました。新部署や新事業へのチャレンジも積極的に行っており、風俗の枠に囚われない幅広いキャリア作りを推奨していました。

プレゼンが終わった後は、各ブースで個別に企業と話ができる時間が設けられました。そこで気になった企業に私もフラリと来訪。

プレジャーファクトリーグループ』で、プレゼンで話していた「店長以外でも稼げる」というシステムについて掘り下げて聞いてみました。「この業界はどうしても店長でなければ稼げないイメージがあるようで、それを目指せなくて辞めてく人が多かったんです。なので、例えば画像処理が得意とか、撮影が得意とか。その人の得意なものを極めていくことでも稼げるようにしています」とのこと。なるほど、店長は店長で特殊スキルなのかもしれません。

かりんとグループ』のブースでは率直に「なぜ人がそんなに集まらないのか」と質問。すると「業界全体の慢性的な求心力の無さに呑まれている」と率直な回答が。しかし少人数な分、稼ぐためのチャンスへの距離の近さは業界一と豪語。入社のタイミングとしては今がオススメなのかも。

モアグループ』は、大人のための遊びの情報全般を提唱する”アダルトエンターテインメント“企業。これまで手掛けてきた、仮想通貨やVR風俗、家事代行業、古民家マッサージ店などが現場の声から上がっていることを教えてもらいました。アダルト関係以外の仕事に触れることもできる点は大きな特徴ですね。

客観的に判断しても、フェアは大盛況。どのブースも参加者の足が絶えず、誰もが真剣に風俗業界への転職を考えている様子でした。
たまたま休憩スペースで近くに座っていた、現在は一部上場企業に勤めているという参加者の方に話を聞いたところ「思っている以上にちゃんとしていて驚いた。軽い気持ちで来たけれど、本気で転職を考えてみようと思う」と、前向きに考えていると話してくれました。

風俗は決してネガティブな業界ではありません。『FENIX JOB』が掲げる「創るぜ!シン風俗」は、どの企業も抱いているテーマのはず。今後も転職フェアをはじめ、風俗業界を明るく照らすイベントが開催されることを期待しています。

(取材・文/もちづき千代子

 

タイトルとURLをコピーしました