deraT

【“憑依モノ”で注目される・太田みぎわ監督インタビュー!】「憑依モノ」を撮る醍醐味、AV監督になった理由、AD時代の失敗談など撮影秘話が満載!「憑依モノは、精神と肉体がパキッ!っと割れた瞬間が一番興奮する」【後編】

wakuwaku1honeyderaTmypri

SODの監督として、「憑依しバカッター行為をするAV」、「ウーバー○ーツの箱で誘拐するAV」、「大勢の女子が四足歩行でトラックを追うAV」など、ほんのり怖くてたまに笑える独自の世界を持った作風で、SODの29歳若きホープとして活躍されていた太田みぎわ監督が、突然今年の9月にTOHJIRO監督率いるDogmaへ電撃移籍をされた。太田監督作品を愛してやまない私、AV大好き芸人リボルバー・ヘッドは、移籍の訳を聞かないことにはいても立ってもいられなくなってしまった。ということで今回は、移籍直後で多忙な太田監督に無理を言ってインタビューを敢行! では、その一部始終を見よ!(全2回・後編)

太田みぎわ監督インタビュー後編! 「憑依モノ」の最も魅力的な瞬間とは?

── 太田監督と言えばやはり、「憑依モノ」が代名詞だと思いますが、この憑依モノについてお話しを聞かせて下さい。元々、憑依モノはお好きだったのですか?

太田監督(以下、太田) 正直あまり抜き目的では見ていませんでした。

── では何故、憑依モノを撮るように?

太田  ロケットというメーカーに仲の良い、三輪キヨシさんという監督がいて、彼がロケットで憑依モノを撮っていて、それを観て「自分だったらどういった憑依モノを撮るんだろう?」と思って撮ったのがキッカケです。

── なるほど。太田監督は「男しゃべりフェチ」と聞きましたが、それも関係しているのですかね?

太田  よく調べましたね。(笑)元々、男しゃべりをするボクっ娘が好きだったのはあります。あと、小さい頃にチン○を股に挟んで「女の子!」みたいにやるのあったじゃないですか。

── やったやった(笑)

太田  ああいうような感じで、「本当に女の子になったらどうなるのかな?」って思って最初は憑依モノを撮っていました。 そして憑依を撮っていくうちに、どんどん深く考えるようなっていって、「女性のカラダを一個のアイテムとしてどう使うか?」に最後の方は執着するようになっていって。

── なるほど。撮っていて憑依のどの瞬間が、最も魅力的ですか?

太田  精神と肉体がパキッ!っと割れた瞬間が一番興奮しますね。「コイツはコイツのカラダじゃねぇ!」って思う時があって、それが凄い好きです。

── 憑依した瞬間ということですね。監督は過去に「好きな女性に憑依して、自分とセックスをしたい」とおっしゃっていましたが、これについても聞かせて下さい。

太田  それはそうなんですよ(笑)。自分と自分の会話の中に、女の子が挟まってるって感じなんです。その女の子のカラダを使って、2人がコミュニケーションしているみたいな。僕ら世代(30歳前後)は、人間が苦手な人が多くて、人と向き合うことが苦手だから、だったらもう1人自分を作ってしまえば、一番安心できるかなっーって。

── なるほど。たしかに自分を一番知っているのは、自分ですもんね。憑依モノは奥が深い!!あと、SOD時代に監督が撮った作品で気に入っているモノを教えて下さい!

太田  地味なんですけど、冬愛ことねちゃんで撮った、クジラックス先生原作の「がいがぁかうんたぁ実写版」っていうのも気に入っているんですけど、その一個前に撮った「トランクケースに女の子詰め込む売人の話(ヤバすぎる、闇ロ○売買の実態。怯えて動かない少女を人形の様に遊ぶ鬼畜変態客… )」は良く撮れて、最後のカラミで感動して号泣してしまいました。

── 監督が号泣したんですか??

太田  はい(笑)。嗚咽だらけでほぼカットせざるを得なくなっちゃいましたけど(笑)。冬愛ちゃんの表情であったり、何から何まで完成形だったんです。この作品は今でも記憶に残っています。

── この作品が、太田監督が冬愛さんをよく起用されるキッカケになったのですね。

太田  新作の「パブロフの犬」もそうだし、冬愛ちゃんはソウルメイトみたいなところはありますね。Dogmaでの一発目は彼女しかいないって思っていましたから。

── いい関係性でいい話!

太田  あと「憑依バカッター」や、「潜入! メス獣ナイトサファリ」だったりも好きですし、大好きな作品はいっぱいありますね。

── 僕も両方とも大好きな作品です!!あと、ウーバー○ーツのバックで女の子を運ぶ作品も面白かった!((45cm×25cm×45cm)デリバリーバッグに女子を詰め込み鬼畜変態客の家までお届けするお仕事。をした男の話 松本いちか

太田  そういえば、その作品をとある雑誌でリボさんがオススメ作品として紹介してくれていましたね! いつもありがとうございます!

── このような太田監督の独創的な発想ってどこから来てるんですかね?

太田  んーどうなんだろう。

── AV監督になる前からAVは観てたんですか?

太田  オーロラプロジェクトとか、Dogmaとかを観ていたかなー。でも、僕は基本的に妄想してたんですよ(笑)。

── 妄想というと?

太田  クラスの女子は、頭の中で片っ端から妄想はしてました(笑)

──(ここから記事に載せれない妄想話に発展!(笑) 残念ながらカット)
AV監督になるまでは、何をされていたのですか?

太田  大学までは演劇をやっていました。

── 将来的には演劇のお仕事をされたいと思っていたんですか?

太田  思っていましたね。長い時間、人と会って話して脚本書いてみたいな作業自体が好きだったんですよ。

── 脚本を書かれていたのですね。

太田  作品を作るより、その作業してるプロセスが好きだったんですよ。だから、このプロセスがある仕事をしようと思って、色々と仕事を並べていったんですよ。 カウンセラー、精神科医。そしてその時に、代々木忠さんやTOHJIROさんのAVを観ていたことで、「AV監督は自分に向いているかもしれない」って思ったんです。

── そこで先程おっしゃっていた話が繋がってくるんですね。

太田  で、二村さんが本を出していたのでそれを読んで。それがキッカケで、SODの面接に行きました。

── 面接ではどんな話をされたのですか?

太田  今と全く同じ話をしました。「こういうことしたいから、AV監督になりたいと思いました」って。

── 面接官は誰だったんですか?

太田  溜池ゴローさんでした。「君の言ってること、私もわかるよ」って言ってくれました(笑)

── ちなみに同期は誰ですか?

太田  小松(17)君、ANZO君、秋山メメさんですね。

── 全員ご活躍されている方々だ!

タイトルとURLをコピーしました