フィーリングさえ合えばすぐお持ち帰り♥ “ヤリ目”の人妻で溢れる平日昼間の某出会い喫茶に本誌ナンパ班が潜入取材!!【人妻ヤレる出会いスポット探訪】

★シェアお願いします


出会い喫茶☆平日昼間の出カフェにはヒマを持て余した人妻が…

◯援交率も激減 近所の奥様がヤリ目的で…

「ギャルやOLはSNSの出会い系が中心ですが、人妻はいまだに『出会い喫茶』を使うことが多いです」 こう語るのはベテランの風俗ライターだ。

「2011年頃から登場した出会い喫茶は店舗型の出会い系です。女性客は個室に入り、男性客がマジックミラー越しに女性の容姿を確認して、タイプならば、個室で〝交渉〟というのが基本システム。女性は入室が無料なので、興味本位や暇つぶしに来るんですね」

 一時期はギャル率が高く彼女らの援交の温床にもなっていたが、ここ1~2年で状況は激変したという。

「最近はやたら人妻率が高いですね。彼女たちはお金目的というより、出会いやセックスを楽しみに来ている感じです。まあ、旦那には相手にされず、周りには口説いてくる男もいない……そんな寂しい奥様は少なくないですからね」

ここ数年の出会い喫茶、特に平日昼間の時間は暇を持て余した人妻であふれるという

 特に人肌の寂しくなるこの時期は、ひと時のぬくもりを求め、ふらりと立ち寄るフツーの人妻が多いそうだ。早速、潜入してみた。

 場所は山手沿線の駅近くにある出会い喫茶。繁華街ではなく、駅前に大手スーパーなどが立ち並ぶ住宅街だ。こうした街には近所の人妻もやってくるという。店内に入り、受付で60分6000円の料金を支払う。時間内であれば、出入りは自由とのこと。

 かくして男性客の待機スペースに通されると驚きの光景が!

◯甘えた口調で男に抱き着く昼下がりの妻

 マジックミラー越しに伺える奥の個室には、10人以上の女性がソファに腰かけて待機していた。平日の昼間とあってか、女性客は確かに人妻風ばかり。平均年齢は30歳ぐらいだ。

 女性の胸にはプレートがあり、名前と年齢・職業などが書いてあった。職業欄に「主婦」と書いている女性が全体の8割以上だ。まさにここは人妻セリ市のように思えたほどだ。

 迷った挙句、その中から記者が選んだのは37歳の主婦・文菜さん。細身ボディで、パンツルックから分かるスラリとした脚が色っぽい。指名して、個室へ移動する。

 文菜さんは見た目、クールな感じだったが対面すると、人当たりの良い笑顔で、「今日は、何目的ですか?」と、こちらの顔を見つめながら聞いてきた。

「タイプだったので、大人の関係になれたらと…」

 正直にこう告げると、文菜さんは手で口を押えながら笑い、

「直球なんですね(笑)……いいですよ。私も今日はそういう気分なんで。ただ、付けてくださいね」と、なんともこちらが拍子抜けするほど気軽なお返事。

 あまりの早い展開に記者は驚きつつも、すぐさま店を出て、近くのラブホテルへ。むろん、金銭に関する話は一切出なかった。

「夕方には子供が帰ってくるので。それまでには帰してね」

出会って1時間足らずでラブホテルへ。勝負下着なのか黒レースのランジェリーがなんともセクシー♥

次ページへつづく↓