「やっぱりいくつになっても女を抱きたい♥」高齢者向け風俗や昼キャバで豪遊する桃色シルバー世代の驚愕セックス事情!!(前編)

★シェアお願いします


高齢者専門風俗店の急増など、今、シルバー世代を巡るセックス事情は大きな転換期を迎えている。その実態を各業界ごとに大調査!(前編)

いま全国の歓楽街で年金世代が遊びまくり!

◯急増する高齢者向けデリヘル店

 近年、本誌読者の中でも60代や70代のシルバー層の割合が増加してきている。シルバー世代は、もはや「リタイア組」というのは失礼なくらいに活力的で、セックスに対しても非常に積極的だ。

 そんな中で注目されているのが高齢者専門の風俗店。「普通の風俗店に行くと、若い娘に白い目で見られるかも」とか「身体が若いときほど自由に動かないので、プレイに制限がある」といった悩みを抱えた男性に向けたもので、ここ数年では高齢者向けを謳った風俗店、身体に障害があっても利用できる風俗店が増えているのだ。

 とある高齢者向けのデリヘルでは、広告をほとんど打たずに常連客の口コミのみで営業しているが、予約が一週間先まで埋まるほどの人気だという。料金は60分2万円が基本で、他のデリヘルとほとんど変わらない。店外待ち合わせもOKで、常連になると、ディナーを一緒に食べるなどのデート感覚も味わえる。

◯相手の最高齢は87歳の男やもめ

 実際、高齢者向け風俗で働く女性たちはどう思っているのか、話を聞いてみた。K子さんは26歳のデリヘル嬢だ。「この店で働くようになったキッカケは、先に勤めていた友達に薦められたからです。私、同世代の男性に興味がなくて、いわゆるファザコンなんです。それと介護資格を持っているので、私に向いてるかなと思いました」

 介護の現場で働いていたこともあり、高齢者と接することに慣れていた彼女は楽しみながら仕事をこなしているようだ。「看護師出身のコも多いですね。お店としてもプレイ中に体調不良を訴えるお客様がいることを考えると、医療や介護の経験がある女のコを優先して採用してるみたいです。それと言いたくはないんですけど、やっぱり看護師や介護士をしているよりも稼げるんですよね(苦笑)」

 これまでにお相手した客の最高齢は、なんと87歳。しかもキチンと射精まで至ったそうだ。「なんでも奥さまに先立たれてしまったそうです。でも勃つんですよ。『こんなピチピチの肌に触れるなんて…』なんて涙を流されていて、こちらまでジーンとさせられましたね。他にも70歳なのに60分で3回もイッた人もいました。もちろんバイアグラなんて飲んでませんでした。スゴかったですよ」  

 たとえ風俗であっても生涯現役で女性と触れ合っていれば、若さは保たれるものなのだ。

次のページへつづく↓