deraT
maccos

【1st写真集『こやぎ。』発売記念・八木奈々インタビュー!】「初めて本当にイッたんですよ。自分の中でイクってことがわかっていなかったんです。この作品がなかったらエッチを好きって思えなかったような気がします」【後編】

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

2019年12月13日、「10年に1人の純真ピュア美少女」というキャッチコピーでAVデビューした八木奈々ちゃん。引っ込み思案な自分を変えたくてAV女優になった彼女が、ついにデビュー1周年!待望の1st写真集『こやぎ。』が12月25日に発売!
それを記念して八木奈々ちゃんにインタビュー!
デビューから一年の成長をたっぷり語っていただきました!(全3回・後編)

【1st写真集『こやぎ。』発売記念・八木奈々インタビュー!】祝!!デビュー1周年!ちょっとエッチな文学美少女・八木奈々ちゃんのファースト写真集が12月25日に発売!1月23日には秋葉原・書泉ブックタワーにて発売イベントも開催!!【前編】

八木奈々1st写真集『こやぎ。』

撮影・イベント・番組出演など様々な仕事に挑戦してきたこの1年を経て奈々ちゃんはどう変わったのか。印象に残った作品や今後の目標などなど、たくさん聞いてきました!(全3回・後編)

「2年目はもっと色んな人に興味を持ってもらえて、好きって言ってもらえるような作品を作りたい。どんどん新しいことにも挑戦したいです!」

── これまでに撮って来た作品の中で、一番印象深かったものはどれですか?

八木 (すごく考えて)デビュー作も、もちろんなんですけど、うーん、初イキ(『ビックンビックン痙攣が止まらない初イキッ4本番!』)かな。初めて本当にイッたんですよ。それまで、気持ちよくはなれてても、自分の中でイクってことがわかっていなかったんです。他の女優さんの作品も見ていなかったから、イク時にどうなるのが合っているのかもわからない。

── 感覚としてつかめてなかった。

八木 私はイケないんじゃないかと思ってたんです。やっぱり一回目はイケなくて、監督さんやプロデューサーさんが、どうしたらイケるのか色々考えて下さったんですよね。この作品がなかったら、エッチを好きって思えなかったような気がします。自分で気持ちいいってずっと思ってたのは、まだ違ったんだっていうのが、わかりました。でも、この仕事をしていなかったら、周りの人が私がイクために動いてくれるなんてことないじゃないですか。死ぬまでイケないままだったかもしれない(笑)。これをきっかけに、エッチがどんどんわかるようになったんです。

── 一皮剥けたという感じですか。

八木 剥けました(笑)。エッチでもこれが好き、これは苦手というのもわかって来ましたね。

── では、もしこれから八木奈々のAVを見てみようという人がいたら、どれをオススメしますか?

八木 えっ? それは悩みますね。全部見て欲しい(笑)。

── いや、まず最初の一本として(笑)。

八木 うーん、禁欲(「激イキ259回!膣痙攣4900回!イキ潮10000cc! 禁欲焦らしオーガズム大覚醒スペシャル!!〜30日間溜め込んだ性欲が爆発した一日〜」)かな。

── ドキュメント物よりドラマ物の方が好きだと言ってたのに、ドキュメント物ばかりですね(笑)。

八木 ドラマ物はこれから多くなっていくと思うんですよ。でも、ドキュメント物は、この時の私でしか撮れなかった作品なので、見て欲しいんです。素の私のセックスを一番知ってもらえる作品です。

── 確かにこれはエロいですね。反応が超激しいし!

八木 でしょう?

── これまでの作品、結構売れっ子監督ばかりが次々と撮っているという感じですよね。

八木 毎回、どの監督さんにも、それこそ舐め方ひとつにしろ、丁寧に教えてただいているので、次の作品に活かせるように、と思っています。

── 真咲南朋監督も撮ってますよね。

八木 これ(「早漏文学美少女初めての見つめ合い追撃絶頂 絶頂直後の敏感オマ●コに突貫ピストン止めない!」)がそうですね。

── 女性の監督はやっぱり少し違いますか?

八木 めっちゃエッチでしたね(笑)。感情を入れさせてくれる監督なんです。泣きました。あと、距離がめっちゃ近いんですよ。カメラを止めた後に、すごく近くまで来てくれるのがよかったです。

── それは女性監督ならではですね。男性がやると、ちょっとマズイかも(笑)。

八木 安心感がありました。

── では振り返ってみて、自分にとってどんな1年だったと思いますか?

八木 デビューして1年の間に誕生日を迎えて20歳になり、プライベートとお仕事を両立できるようになりました。その間、何回もAV女優になったという自分の選択を考えました。1周年を迎えた今、やっててよかったなと素直に思えます。1年前の自分に感謝しています。

── 1年前に決心したからこそ、今があるということですね。

八木 あの時の私は、ただ自分に自信がなくて飛び込んだ世界だったかもしれない。でも、自信をつけるだけなら、AVじゃなくてもよかった。でも、今はAV女優をやってよかったと思っています。よく「AV女優のくせに」って言われるけど、私はAV女優のくせに、やりきりたいです。

── AV女優であることが大事ということですね。ではこれからの目標は?

八木 長く続けられる女優さんになりたいです。1年目は、たぶんゆっくり歩んできたと思う。2年目は、もっと色んな人に興味を持ってもらえる女優になりたいです。それまで知らなかった人にも、この作品が好きって言ってもらえるような作品を作りたい。どんどん新しいことにも挑戦していきたいです!

八木奈々(やぎ・なな)
スリーサイズ:B82・W56・H86
生年月日:2000年9月3日 出身:長野県 趣味/特技:読書/料理♪
Twitter:@yaginana0903
(文:安田理央)
タイトルとURLをコピーしました