deraT
maccos

【秋葉原ラムタラ店員・佐藤花の感じるAVレビュー第10回】佐藤花ちゃんが奇才・太田みぎわ監督愛を語り『憑依ドラッグ 女の体になる欲望をかなえる究極の女体化エロス 逢見リカ』の見どころをレビュー!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

東京・秋葉原にある「大人の秘密基地」ことラムタラ。そのラムタラ最大級にして、AVショップ&イベントの殿堂でもある「ラムタラMEDIA WORLD AKIBA」で働く美人店員・佐藤花ちゃんのAVレビューが記念すべき第10回目を迎えました!

今回はなにかと話題の太田みぎわ監督の『憑依ドラッグ 女の体になる欲望をかなえる究極の女体化エロス 逢見リカ』(Dogma)をピックアップした花ちゃん。

文章には太田みぎわ監督への尊敬の念が込められており、いつかは太田みぎわ×最上一花(佐藤花)の作品が実現してほしいです。では、今回も花ちゃん渾身のレビューをどうぞ!

佐藤花の感じるAVレビュー【第10回】

前回は私へのインタビュー形式でしたが、今回からまたレビューを書きますので、気合いを入れてエロ面白くいきたいと思います!

ここ最近、『MAX-A』のDVD発売イベントが延期になってしまったり、プライベートでも遊びに行くことを控えていたりするため家でじっとしていることが多いのですが、そうしているうちに「なにか面白いことがないかなあ」などと考えるようになりました。

私にとっての面白さとは脳が興奮するような、刺激的で非日常的なことなのです。そんな気持ちでFANZAを眺めていると、ふと、太田みぎわ監督の存在が脳裏をよぎりました。太田みぎわ監督はAVレビュー第1回目に紹介した『憑依バカッター』シリーズの監督なんです。

https://dxbeppin-r.com/archives/97812

私が働いているラムタラメディアワールドで『Dogma』のイベントが行われたとき、私もスタッフとして参加していたのですが、太田みぎわ監督はとても気さくにお話しして下さったことが印象的でした。

太田みぎわ監督作品はアングラでユニークな世界観でありながらも、しっかりエロくて、個人的にとてもレビューしがいがあります。現実では許されない面白不謹慎なことをAVの世界で実現して下さり、普通のAVにはない刺激を味わうことができます。そんな太田みぎわ監督の独特な世界観、TOHJIROさん率いる『Dogma』の魅力を読者の皆様にお伝えしたいと思います!

今回、選ばせていただいた作品は逢見リカさん出演の『憑依ドラッグ 女の体になる欲望をかなえる究極の女体化エロス 逢見リカ』です。FANZAで初めてサンプル動画を見たときにとても衝撃を受けました。

逢見リカさんとは直接お会いしたことはありませんがTwitterをフォローして下さっているので、なんとなく一方的に親近感が湧き、いつかレビューさせていただきたい気持ちがあり、今回は選びました。

この作品をデラべっぴんRのレビューで紹介しようと決めてから、なんとも言えないマニアックな世界観を文章という形で上手く表現できるか悩みました。また、中途半端なレビューを書いてしまったら、一生懸命こだわって制作に携わった方々に対して失礼なことになってしまうのではないかと思い、なかなか書き始めることができませんでした。

そうしているうちに何度もリピート視聴しレビューをするというユーザー目線から、監督の視点で作品を観るようになりました。監督はこのシーンでなにを表現したかったのか、そんなことを考えながら観ていると、ひとつひとつの細かい描写にこだわりが詰まっていることが作品全体を通して伝わってきました。

読者の方に観ていただくことで、最終的に作品のよさを共有してもらいたい気持ちがあり、あまり内容を詳しく書いてネタバレしてしまうのはもったいないとも感じました。

ここでは具体的に書くことは避けますが逢見リカさんをはじめ、登場する男優さん、役者さんの表現力が非常に高いことから、出演している方々が監督の思い描いたイメージを的確に理解しているのだろうと、現場の空気感までもが想像させられる雰囲気でした。

以前、紹介した『憑依バカッター』シリーズでも小倉由菜さんの演技力に圧倒されましたが、今回も逢見リカさんが作品の世界観にとてもハマっています。作品では女性の体でいることに慣れていない、あらゆるタイプの男性が憑依。女性の体に自ら触れて戸惑う緊張感や、その体で初めて体験する快感を全て逢見リカさんが表現していて、憑依されるという複雑な設定を徹底的にやり遂げる、女優としてのプロ意識がとても感じられました。

女性に男性が憑依して、女性の体で実現したい欲望を叶えるというファンタジーがテーマの作品はよくありますが、各男性のキャラクター像がしっかりと確立されていることと、女優さんの演技力が合わさることによってリアルに表現され、チープさを感じずに非日常のエロスを楽しめました。

逢見リカさん、『Dogma』のファンはもちろんのこと、個性的な作品が好きな方にオススメしたいです!

今回、佐藤花ちゃんがレビューした作品はこちら

佐藤花ツイッター:@hana_hana_satou
佐藤花インスタグラム:@hana_satou
佐藤花You Tubeチャンネル「はなちゃんねる」:https://www.youtube.com/watch?v=DxYT7gddO3o

(文:佐藤花 協力:DIAZ 構成:神楽坂文人

 
タイトルとURLをコピーしました