deraT
maccos

【おうちでセクステ9月配信レポート!】初登場の初愛ねんねちゃんと暴走女王のみひなちゃんの新鮮コンビでボケ合戦!互いのおっぱいを触りあい、下ネタトークに花が咲く!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

大手AV芸能事務所・マインズ所属のセクシー女優が出演し、トークやゲームを繰り広げる配信番組「おうちでセクステ」の9月配信回が22日に行われました! 今回登場したのは、常連のみひなちゃんと、こうしたトークイベントは初登場となる新星・初愛ねんねちゃんです。

ツイッターでは独特な雰囲気を醸し出すねんねちゃんと、暴走女王のみひなちゃんとの化学反応はどうなったでしょうか!?

まずは「ぼく、最強メガネ女子の初愛ねんねです」と自己紹介するねんねちゃん。一人称が「ぼく」なんです! 続けて「ねんね星からやってきました」とコメントすると、みひなちゃんも「みひな星からやってきたみっひーだよ!」と後輩のネタを拝借する自己紹介で笑わせてくれました。

その姿を見たねんねちゃんは「ぼくよりボケないでください」と思わずツッコミを入れます(笑)。

ねんねちゃんのトレードマークと言えばメガネですが、この日も大きなメガネケースを持参し16本ものメガネを披露。実はねんねちゃんの本体はメガネなんです!

その不思議なねんねちゃんに、今回はみひなちゃんが質問をしてくれたので再現しましょう。

みひなちゃん名物のパンティの色を聞くと、「ブラックです」と恥ずかしそうに答えるねんねちゃん。ちなみにこの名物質問は「ファンのオナニーがはかどるから聞いている」とのことで、ありがたい限りです。

AV女優になって会いたかった人を聞かれると、「事務所の大先輩の紗倉まなさん」と回答。「ここからは下ネタの質問もしないと」ということで、初体験を聞くと、「高校生の時に同じ年の人でした。少女マンガみたいな感じじゃなかった。BLが好きな夢見がちな少女だったので普通に告白されて付き合った。ネットが普及していたからLINEで告白された」とのこと。それを聞いたみひなちゃんは、「私の時代は告白はメールだった」とポツリ。

ねんねちゃんのファン層は何歳くらいかと聞かれると、「30歳以上くらいだと思う。TikTokをやっているからいろんな世代がいる」と回答。

さらに下ネタが苦手だというねんねちゃんに性癖を聞くと、「BLが好きなのでバリバリしこります。夜中にBLを見るのが好きなんです。二次元が好きで、中3の時に人間が怖くなり二次元しか見なくなりハマった」とのこと。

Mなのか聞かれると、「いい質問ですね」と池上彰ばりの前置きをして、「Mです」ときっぱりと宣言するねんねちゃん。続けて「お尻のスパンキングくらいのソフトなMだったらいい」と意外な性癖も告白してくれました。

インタビュアーとして活躍していたみひなちゃんですが、下ネタを繰り返しているうちに、その声が次第に大きくなり、「クリトリス!」と言った瞬間、ファンからの差し入れピザを持ってきた若い配達員が配信会場に到着。一瞬、微妙な空気が漂いました(笑)。

 

その後はねんねちゃんがみひなちゃんに初体験はどうだったのかと逆質問すると、「mixi(SNS)で会った30代のドSとハメ撮りをして、次に会ったらアナルをした」とねんねちゃんの想像を超える初体験をカミングアウトしたみひなちゃん(笑)。

トークが盛り上がるとねんねちゃんのHカップを触り興奮するみひなちゃんですが、ねんねちゃんも負けじとみひなちゃんのおっぱいを触り、いつも通りのハチャメチャな展開になりました!

最後は昇天話で盛り上がりましたが、下ネタには最近厳しいとの評判のニコ生。ギリギリのところでエッチなトークは終わり、番組名物のポップコーン作りや、新兵器の綿菓子マシンに夢中になり配信は終了しました。

今回は先輩であるみひなちゃんが暴走しつつも、上手くねんねちゃんから話を引き出し、ねんねちゃんの情報をファンに拡散してくれました! この刺激的な2人が登場する回は再び見たいものです!

そして、10月のセクステは配信と公開生配信の2本が予定されています。10月6日(水)はきみと歩実ちゃんと樋口みつはちゃんが配信で登場、10月24日(日)はきみと歩実ちゃん、あおいれなちゃん、みひなちゃんのトリオで公開生配信に出演。詳しい情報は「セクステ」のツイッターなどをご覧ください。

人材が豊富なマインズだけに、今回のような初対面同士の出演も期待できるセクステ。今後も配信や公開生配信をお楽しみに!

■今後の「セクステ」情報はこちらから
https://empatvfes.wixsite.com/empaproject/s1

みひな公式ツイッター:@azu_mihina
初愛ねんね(うい ねんね)公式ツイッター:@ui_nenne
セクステ公式ツイッター:@EMPaProject

(写真・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました