deraT
maccos

【#川上パイセンカウントダウン対談 カウント5】加美杏奈ちゃんとの激アツ対談!「コロナ禍でAVアワードが全くなくなったんです。正直、私は競いたいから開催してほしかった。現実を突きつけられるけど、勝ちたいんです」(加美)【中編】

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

毎回、ファン、業界関係者から大注目されている当連載「川上パイセンカウントダウン対談」も佳境に差し掛かりカウントダウンも「5」に突入!

2022年2月にアダルト界から引退する川上奈々美ちゃんが、今月もセクシー女優と真剣勝負の対談を敢行! 人生の酸いも甘いも嚙み分けた奈々美ちゃんがゲストから今後の人生設計やプライベート話をガチンコで聞き出します。

今回のゲストは事務所の後輩でもある加美杏奈ちゃんが登場。杏奈ちゃんがMCを務めるYouTube番組(「はだかいっかん!」)で共演もあるというのだが、深い話は今回が初めて。

当連載史上最大の文字数19,000字にも及んだ熱い2人の対談をご覧ください!(全3回・中編)

【#川上パイセンカウントダウン対談 カウント5】加美杏奈ちゃんとの激アツ対談が実現!「加美ちゃんのことは分からないことが多すぎるの」(川上)「私も自分のことを分かっているかっていうとそこまで考えていなくて……」(加美)【前編】

 

川上パイセンカウントダウン対談5・中編!

――加美さんはデビュー2年目の女優としては、人格がすでに完成されている感じがあります。

川上 そう明確! だから現実的な話ができる。

加美 明確だなんて思っていなかったからビックリです!

川上 AV女優になる前はなにをしていたの?

加美 普通のOLをしていました。

川上 どういう仕事をしていたの?

加美 商品がどういうコンセプトで作られているかを聞いて、どう売っていくのかとか、イベントがあるからどうイベントを組むのかとかを担当して、2年くらいOL生活をしていました。

川上 最初に就職したのがその会社?

加美 そうです。

川上 どうして辞めたの?

加美 営業部の部長が残業することが当たり前でかっこいいという考えだったので、それがすごく気に食わなかったんです。「どうして残業することがかっこいいの? 要領が悪いだけじゃん」と思っていました。私が定時で帰ろうとすると、「どうして帰るんだ?」と聞かれるので、「仕事が終わったから帰るんです」って答えるくらい仲が悪かったんです。

川上 すごいね! 強い!

加美 女性社員とは仲がよかったんですけど、男性社員と社長が嫌いでした。

川上 その部長が嫌いだなだけ? それとも大まかに男性に苦手意識があるの?

加美 その会社は社長を含め、男性社員はちょっと変わった方が多くて。残業しろって言うわりには残業代が出ないんです。おかしいと思い、なんのために働いているかに気付いた時に、「ここでずっとやる必要ないじゃん」って思いました。他の女性社員さんは「やりたいことがあるなら辞めなよ」って言ってくださいました。それと当時、40歳の彼と2年くらい付き合っていたんですけどセックスレスで。

川上 わお! それは彼の年が原因?

加美 そうなのかなと思っています。それもあり、仕事のストレスもあり、「このままだったら、私はどんどんつまらない人間になる」って思ったんです。

川上 いいねえ。

加美 その時にAV女優というお仕事があるのを知って始めたんです。

川上 そういうことねえ。AVに対する抵抗はなかった?

加美 全然なかったです。あっけらかんとしていて、勧められた時は人生の転機だと思いました。昔から人前に出ることは嫌いじゃなかったんですけど、ただ、家族になんて言うかは頭によぎりました。だから、親にはなにも言わずOL生活を続けていることにして、AV女優を始めました。

川上 デビューして変わった?

加美 出会う人や環境がガラッと変わるじゃないですか。「こんな世界があったんだ」って楽しめています。

川上 家族にはまだバレていないの?

加美 家族にはバレました(笑)。義兄の友人からバレて、そこから姉にバレ、姉から親に話がいったんです。そこで親から「これアナタよね?」って加美杏奈のウィキペディアを見せられて、「そうです」って言いました。「辞めてこい!」ってめっちゃ怒られると思ったんですけど、最終的には「応援はできないけど、頑張ってね」って言ってくれました。

川上 すごくない!?

加美 まさかそんな言葉がくるとは思ってもみませんでした。

川上 意外だったね。

加美 逆に「えっ!?」ってなりました。いまでは家に帰ると「頑張ってるの?」って聞かれるし、文化放送のラジオに出た時も聴いてくれていたんです。

川上 え~!

加美 気づかないところでちゃんと見ていてくれています。でも、話をするたびに「応援はしていないよ」って言われます(笑)。

川上 うちの母親と一緒だ。でも、仕事の細かい話は言えないの?

加美 母にはやんわり話します、父とは「この雑誌に出たよ」ってエロじゃない話はできるようになりました。

川上 ぶっちゃけ、やっていることは大変じゃない。それを言う場所がないのはしんどくない?

加美 ああ、そうですね、確かに。それは最初すごく悩みました。例えば「この撮影はつらかった」とか「大変だった」とかは女優さんじゃないと分かってもらえないじゃないですか。そうなると話せる人がいないと思いました。親友に話そうと思えば話せるんですけど、心の底から全部伝わるかと言えば伝わらないし、そこの部分はいまだにフワフワしています。

川上 悩みを話せる人を見つけたい?

加美 そうですね。

タイトルとURLをコピーしました