deraT
maccos

【アダルトグッズ通販番組・スキモノラボ23号店イベントレポート!】三浦かなみ、れおながボッキした男性器グッズを触って眺めて商品プレゼンにチャレンジ! あまりの大きさに「奥まで入れてみたい」発言も!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

アダルトグッズ通販番組・スキモノラボ23号店イベントレポート!

人気CS放送局・パラダイステレビのアダルトグッズ専門通販番組「スキモノラボ」のイベント「スキモノラボ23号店OPEN!! スキモノラボスタジアムでSEXYバトル2022!なでしこジャパンvs侍ジャパン!」が7月24日に東京・レフカダ新宿で開催されました。

このスキモノラボは2012年7月から放送されているアダルトグッズ通販番組で、今回、イベントに出演したセクシー女優は過去にも出演経験がある三浦かなみちゃんと、初登場のれおなちゃんです。

出演した2人のツイッターを見れば分かる通り、かなみちゃんは大のヤクルトスワローズファン、れおなちゃんは大の海外サッカーファンということで、スポーツのユニフォームを着て登場。2人とも似合っております!

 

登場するなり、過去に登場したことがあるかなみちゃんが番組名物の「スキモノポーズ」をれおなちゃんに指導。このポーズを見たれおなちゃんは「左手がマ〇コ、右手がチ〇コ」と口に出して理解しますが、その手つきからはまだ恥ずかしさが感じられました。

そして、前回、かなみちゃんが出演したスキモノラボの公開収録がVTRで流されると、れおなちゃんが「VTRを観ていたら、かなみちゃんと実演販売バトルがしたくなった」と言い出し、かなみちゃんがこれを受けます。

 

プレゼン時間は2分間で、勝敗の判定は観客の拍手の大きさで決める公開実演販売バトルが開始! 商品はリアルな男性器グッズが用意され、あまりのリアルさに「なにこれ!?」と驚くれおなちゃん。

まずは番組経験者のかなみちゃんからプレゼンがスタートし、「すごいですね! ちょっと触ってみてもいいですか?」といきなり男性器グッズのボディを触ります。触ると意外にも、「めっちゃ柔らかい! 人間っぽいです。腹筋も割れていて筋肉が再現されているんです。ガタイがいい人の体つきをしています」と嬉しそうな表情を見せてくれます。

 

続けて、「私たち向けなのかな?」とスポーツマンが好きなかなみちゃんが、これまたスポーツマン好きなれおなちゃんに聞くと、「確かに!」と目を輝かせ答えるれおなちゃんです。

プレゼンの規定時間も近づくと、「見てください! この野球のバットのようにそびえ立つモノを! 触ってもいいですか?」と今度は男性器部分そのものを触ると、「ちゃんと芯がある! ボディと感触が違いリアル!」と喜びます。

 

さらに、れおなちゃんの座る方向にグッズを向け、「横から見るとヤバくないですか?」とそびえ立つ男性器を見せ付けます。すると、れおなちゃんからは「あっ!!」という雄叫びにも似た声が発せられ、「男優さんでも見たことがないです」と驚きます。

最後は「奥まで入れてみたいな」と2分ジャストでプレゼンし終えたかなみちゃんでした!

続いてプレゼン初体験のれおなちゃんは最初に全体像を嬉しそうにチェックします。そして、「みなさん見てください、このデカマラ!」といきなりゴールめがけて強烈なシュートをかまします(笑)。

 

そして、「エロ画像探しで各国のオチ〇チン比べをして見たことがあるんですけど、この大きさはアルゼンチン人に近いです。南米と言えばマラドーナじゃないですか、マラドーナもデカマラなんです」と得意のサッカーネタをぶち込み商品をPR。

さらに、「お尻の形がマラドーナと、同じくアルゼンチン代表のラウタロ・マルティネスにそっくりなんです。このお尻を見るたびにラウタロ・マルティネスを思い出しちゃうので、一瞬で欲しくなっちゃいました」と再びサッカーネタでダメ押しの1点を追加。

 

最後は「みなさんにもラウタロ・マルティネスのお尻を感じてほしいのでご購入を検討ください」とPRしてくれました。

台本なし、ぶっつけ本番で商品プレゼンをしてくれた2人はお見事! 観客の判定はほぼ同じでドロー。次回の決戦に期待が高まります。

イベントはその後も撮影タイム、トーク、プレゼント抽選会なども行われ盛り上がりました。

次回の開催は放送500回記念ということで佐倉絆ちゃん、加藤ツバキさんらが登場し昼夜の二部で行われます。まだまだ、未知のアダルトグッズはたくさんありますので、スキモノラボを見てアダルトグッズの世界にハマりましょう!

三浦かなみTwitter:@miurakanami
れおなTwitter:@REONAchan99
スキモノラボTwitter:@sukimono_labo
番組HP:http://www.paradisetv.info/sukimono/index.html

(撮影・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました