deraT
maccos

【アダルトグッズ通販番組・スキモノラボ16号店公開収録レポート!】加藤ツバキ、武田エレナがバイブとディルドをファンの前で紹介! ディルドのリアルさに大興奮の2人!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

「スキモノラボ16号店OPEN!!来年は創業10年祭!黒歴史をぶっ飛ばせ!」

人気CS放送局・パラダイステレビのアダルトグッズ専門通販番組「スキモノラボ」の公開収録イベント「スキモノラボ16号店OPEN!!来年は創業10年祭!黒歴史をぶっ飛ばせ!」が523日に東京・レフカダ新宿で開催されました。

このスキモノラボは20127月から放送されているアダルトグッズ通販番組で、今回、公開収録に出演したセクシー女優は常連の加藤ツバキさんと、初登場の武田エレナちゃんです。エレナちゃんは前日のAV撮影で喘ぎすぎたため、声が枯れ気味というところが逆にエッチです。

最初に紹介したのは見た目とネーミングがかわいいローターの「ぶるっちょ」です。

「こちらの『ぶるっちょ』はかわいい見た目に、実用的な形状デザインのローターとなっています。長さは115ミリ、太さは34ミリとなって、女性が手に持ったときにほどよいサイズ感になっています」とツバキさんが紹介。

実物を手にしたエレナちゃんは目を輝かせて「本当! ちょうどいい感じ」と購入したそうな様子。

続けてツバキさんが「見た目のパッケージもカラーリングもお菓子みたいな感じ」と言えば、エレナちゃんも「かわいい!」とコメントします。

そして、スイッチを入れると「お~! すごい!」と喜ぶエレナちゃん。その様子を見たツバキさんがエレナちゃんに「実際、あててみましょうか? どこがいいですか?」と聞くと、「こっち!」と右のおっぱいを指しローターをあてられます。

すると、笑顔で「気持ちいい」と喜びをあらわにするエレナちゃん。セクシー女優がローターをあてられ、喜ぶ姿が見られるのは同イベントだけです!

最後は「外にあててもよし! 中に入れてもよし! すぐれものなんです。形、色、サイズ感、どれも女性のニーズにジャストフィットしております。自分で買うのもいいけど、プレゼントにすると絶対に喜ばれます」と太鼓判を押すツバキさん。もはや同番組収録の常連だけに見事、一発OK1本目の収録は終わりました。

収録後は「乳首が気持ちよかった」とコメントするエレナちゃん。番組では見られない収録後の表情も見られるところがイベントのよいところなのです。ちなみに、どの色が好きか聞かれるとツバキさんは「パープルがいい。1本は欲しい」、エレナちゃんは「ブルーが好き。欲しいなあ」とのことでした。

収録2本目

2本目の収録は「ち●こ再現しちゃいました。日本男児編」という、リアルなディルドを初登場のエレナちゃんが紹介します。

「日本人のリアルサイズに迫った、使い心地のいい一本が登場です。リアルですよね! この『ち●こ再現しちゃいました。日本男児編』は日本人男性の平均サイズを再現した、竿部分12.6センチのディルドです」と19歳の美少女が昼間からディルドを握りしめます。

どれくらいリアルかといえばツバキさんが「血管まで!」と驚くほど。そして、2人とも「確かによく見るサイズ」、「よく見るち●こ」とコメント。2人ともよく見ているんですね()

また、「太さは32ミリで片手で握りやすいジャストなサイズ感になっています。まさに日本男児の平均サイズです。プニプニです。肌質も柔らかさと弾力を兼ね備え、使い心地は抜群です。いいですねえ。リアルを超えたリアリティがここにある感じです」とエレナちゃんが紹介。2人ともギュッと握りしめ離しません!

さらに強力な吸盤が付いているので机や看板に貼り付け楽しむ光景も見られ、看板に水平に貼り付けたディルドを見たツバキさんは「すごい! ひとりでバックができちゃう!」と喜び、さらに「天井に張り付ければ、上からのフェラができる」と欲張ります()

その後も「職人が作った」、「国内製なので安心、安全」など、滞りなくプレゼンを続けるエレナちゃん。初登場にしてNGなしの一発OKを出しました! 最後は番組恒例の「スキモノ認定です!」のポーズもバッチリ決めて2本の収録を無事に終えることができました。

今回の収録は71日よりパラダイステレビで放送され、スキモノラボの番組ホームページで配信されますので、ぜひチェックしてください。

以上、パラダイステレビ名物番組「スキモノラボ16号店」公開収録の模様をレポートしました!

番組HPhttp://www.paradisetv.info/sukimono/index.html
加藤ツバキツイッター:@tsubaki_kato
武田エレナツイッター:@erenadesuzo
スキモノラボツイッター:@sukimono_labo

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました