deraT
maccos

【三代目・葵マリーと愉快な仲間たち 第206回】岬あずさちゃんが出演する『Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ』(ドグマ)の撮影現場を大量画像でレポート!

hatopura
wakuwaku1 honey deraT maccos

葵マリーさん連載コラム第206回!

今回は、岬あずさちゃんが出演する『Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ』(ドグマ)の撮影現場を大量画像でレポート!

■マリーさんの今までの連載はこちら

“葵マリーと愉快な仲間たち” の検索結果 | デラべっぴんR

ついに来ちゃったんです。大好きなあずさちゃんがこの作品にチャレンジしたんです!

あれですよ、あれ。皆んなも一度は耳にした事があるドグマさんの代表的な作品の1つでもあるMドラッグです。

 

Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ

Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ

 

確か今年のはじめくらいにドグマ専属女優の塩見彩ちゃんが6年振りに復活させたよね。そんな大それた作品にあずさちゃんが出演するとは想像すらしてなかった。

あずさちゃん的にはなんと3年半振りのTOHJIRO組。よくぞ乗り切ったって感じです。

 

最近のあずさちゃんって妙に色っぽくなって、女の子から女性へと変わったと思わない? 前はやんちゃで陽気な暴れん坊だったのが、オーラも柔らかくしっとりした感じ。

もしかしたらMドラッグを乗り切って生まれ変わった?とか思っちゃう。

とにかく、あずさちゃんが大好きな私はチャンスがあれば追いかけてるので当たり前の様に現場入り。

 

朝会ったあずさちゃんは小動物みたいに小さく不安でいっぱいいっぱいな顔。表情からは「私大丈夫かな?」としか見えて来ない。

現場には真ん中に堂々と例の便器が鎮座中。便器が主役なんだかあずさちゃんが主役なんだか勝負!ってとこかな。

 

今回のあずさちゃんが居る事を許された場所は、この便器の上だけ。今回のステージはこの便器。

まずは座り心地を確認。角度やら向きやら色々と調整をし、居心地の良き場所を確保する。普段、便器の上にどう頑張ったって30分以上とか座らないでしょ?

長丁場だからね、座り心地は大切なのよ。そして。いよいよ、あずさちゃんの闘いの幕開け。監督TOHJIRO「Mドラッグ女体肉便器」始まりました。

 

この便器に座ったら、もう逃げられません。後はTOHJIRO監督を信じて付いて行くのみ。

内容は実際に作品を観て頂きたいので割愛しちゃいますが。私からの目線で言うと、とにかく水分の多かった現場と伝えておきます。

 

もうね、多分、汁と言う汁を全て出し切ったはず。下からは勿論の事、目からも口からも鼻からも全ての穴と言う穴からドバドバ出しまくり、鼻からは鼻ちょうちんまで生成されて凄かったし、何十年か振りに鼻ちょうちんを見る事が出来ました。

あずさちゃん、そんなに口が大きい訳じゃないんだけど、それでも口が裂けるんじゃないか?と思う位に広がって、イラマチオもこれ以上入らないでしょって位まで吸い込み、あずさちゃんが「やり切る」姿をしっかり見届ける事が出来ました。

 

コーナーを1つ1つ超えて行く度に、どんどんあずさちゃんの表情も変わって来て、1つ乗り越えたから次も行く!って意気込み溢れた目になってて、心の底から頑張れをいっぱい送ってました。

どのシーン、どの場面を振り返っても白い便器に繋がれて一心同体になってるあずさちゃんの姿。今でも忘れられないな。この場があったから今の強いあずさちゃんができ上がってるはず。
ここで逃げてしまってたら、きっと今頃は小さな小さなあずさちゃんしか残らなかったと思うんだよね。

 

長い期間、あずさちゃんを見守って来てるけど、今のあずさちゃんが1番輝いてると思うし、前よりも遥かに責任感や想像力、行動力、全てに於いて向上してる。大好き。

こうして改まって振り返ると、やっぱりTOHJIRO監督は凄い人なんだよね。TOHJIRO監督の元で何人もの女優さんが大きく育って、強い意思を持てる女性になってるよね。

 

これからのあずさちゃんは一体どこに向かって行くのかな。今までに感じて来た事、体感して来た事、全てを踏み台にして誰よりも輝いていられる女性になってもらいたいと思います。そして、またいつの日かTOHJIRO組で闘いに挑んでもらいたいです。

■ドグマ「Mドラッグ女体肉便器」岬あずさ

 

次のページに大量画像を掲載!

Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ

Mドラッグ 女体肉便器 岬あずさ

(取材:葵マリー)

タイトルとURLをコピーしました