deraT

【人気ハードコアAV女優 七海ゆあインタビュー】「アナルを解禁したのは、上原亜衣ちゃんに憧れていた部分があったから」「なんでも基本は脳の話なんですよ、そこまでフェチとかハードな内容になってくると」後編

wakuwaku1honeyderaTmypri

AVアイドルユニット・原宿☆バンビーナでも活躍中の七海ゆあちゃんインタビュー!
後編ではAVデビューしたあとから現在までのことを語っていただきます!

 

▼インタビュー前編はこちら

【人気ハードコアAV女優 七海ゆあインタビュー】「高校生のときは本当にピュアで。 『え? SEX? やだ、痛いの?』みたいな感じでした(笑)」「ヤリマン時代は、ち●こが挿入された瞬間に『もうゲームクリア』みたいな感じで」前編

── AV撮影1本目の記憶ってあります?

七海ゆあ(以下七海)若干ありますけど……ホント、AVをナメてた…。

── どんな感じで?

七海 人前でSEXをするってことに、いっぱいいっぱいだったのと、「ただSEXをすればいい」ってどこかで思っていたことです。
はっきりいってナメてました…。
最初の作品は「SEXをしたところを撮られただけ」って感じでした。

── そこから変わっていった理由は?

七海 キカタンの場合、いろんな現場を回ったり、共演モノで他の女優さんを見たりと、いろいろ勉強になるんです。
そして勉強して「自分の考え方は違うぞ」ということに気がついたんです。
あと、AVの撮影で自分の性癖がドンドン開いていきました。

── ゆあちゃんって、かなり初期からハードプレイが多いですよね。
アナルOKの理由は?

七海 アナルを解禁したのは、上原亜衣ちゃんに憧れていた部分があったからです。
「私も同じようにNGを作らないぞ」という気持ちがあったんです。
それでアナルの解禁は、事務所には止められていたのを
「私はNGを無くしたいんです!」
と直談判して、解禁させてもらいました。

── 上原亜衣ちゃんを知ったのはどこ?

七海 京都時代に普通にAVを見ていて知りました。

── 逆算してみると彼女が賞を獲得したり、とても目立っていた時期ですね。

七海 うんうんうんうん。
彼女が出ていた作品って、例えばROCKETさんとかの作品、すごい内容じゃないですか。
「こんなことまでやるんだ、AVって」
とそのとき初めて思いました。そして、憧れました。

キカタンスタートとなったときに、あいちんの本(「キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー」双葉社刊)を読んだんですよ。
そして「根性で頑張ろう」となって感化されたところがあります。
今でも憧れます。
会えなかったから、特にですね。

── そういう後押しもあるけれど、さっき「エッチは嫌い」といっていたのが、どこかでエッチが好きになっていったわけだ。

七海 それもあります! 
もしも苦手だったら、私、そんなに強くないから途中で折れていると思うんですけど、「え? これメッチャいい!」って気づいていけたのも大きかったです。

── 2年におよぶ実験ヤリマン期間よりも、何本かやったAVのほうがよかったわけだ。

七海 メッチャ濃厚です! 
デビューして2カ月ぐらいでイラマチオの作品に出たんですよ。
それまでは全然ハードなことをはしていなくて。

その作品は「苦しいけれど笑わないといけない」という内容だったんです。
「女の子が、笑おうとしているんだけど、苦しくて笑えない」というような、サディスティックな人が観る感じの作品でした。

最初のシーンで監督に、メッチャ怒られたんですよ。撮影中に、「笑えよ、おい」とか言われるんですが、「怖い!」じゃなくて、「メッチャいい!」ってなったんです。

── 命令&恫喝がよかったわけだ。

七海 はい(笑)。そこから、「けっこうなんでもいける」ような気になりました。

── 自分の中の、Mのスイッチがポンっと入った。

七海 入りました! 
となると逆の立場もいけるようになって。
「相手がしてほしいことをやりたいな」というように思いました。

── それまでの話を聞いていると、AV女優にならなければ、SEXは嫌いで終わっていたと思います。

七海 ああ、そうですね。それが自分の中の転機でした。

次のページ 目を見ていたい。ずっと見ていたいですね

関連商品

串刺し拷問 七海ゆあ

商品の詳細を見る

タイトルとURLをコピーしました