deraT
maccos

【OP PICTURES+フェス2019開幕舞台挨拶2本立てレポート!】R15ピンク映画の祭典が盛大に開幕! 初日舞台挨拶には川上奈々美、並木塔子らスター役者が登壇!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

「OP PICTURES+フェス2019」が開幕! 

ピンク映画を製作する大蔵映画のOP PICTURES+レーベルによるR15ピンク映画の祭典「OP PICTURES+フェス2019」が今年も華々しく開幕! 8月23日~9月5日の間、東京・テアトル新宿で15作品が上映されます。

「OP PICTURES+レーベル」はひとつの作品をR18+とR15+の2バージョンで制作。濡れ場をコンパクトにし、ドラマ部分をより充実させたR15+をOP PICTURES+シリーズとして一般劇場で公開する特別企画。毎年、各方面から注目されているR15ピンク映画の祭典です。

上映では連日、出演者や監督が舞台挨拶に登壇。サイン会なども行われ人気セクシー女優を間近で見られることができます。今年も川上奈々美ちゃん、並木塔子さん、栄川乃亜ちゃん、霧島さくらちゃん、なつめ愛莉ちゃん、白木優子さん、松本菜奈実ちゃん、佐倉絆ちゃん、きみと歩実ちゃん、あけみみうちゃんなど多数の出演女優が舞台挨拶に立ち、撮影秘話などを語ってくれる予定です。

今回はフェス初日の8月23日に上映された『いつか…』(髙原秀和監督)と『言えない気持ちに蓋をして』(竹洞哲也監督)の舞台挨拶をレポートします!

記念すべきフェス開幕1発目の舞台挨拶に登場したのは並木塔子さん、山田奈保さん、櫻井拓也さん、髙原秀和監督ら『いつか…』の出演者やスタッフたち。

「15年前に撮った作品の続編を作ってみようかな」と作品のコンセプトを語る髙原監督。ロケやカット割りが多く、疾走感溢れるエネルギッシュな作風はピンク映画界随一!

元教師役を演じた塔子さんは役について聞かれると「ちょっと狂っている感じがしますよね。真面目でまっすぐなんだけど、どこか壊れちゃっている」とコメント。

また、「撮影当日に熱が38.5度とかあって、かなり咳き込んでいる状態の感じで、ほぼほぼ(役作りのイメージが)吹っ飛んじゃったんです。だんだん私の咳がみんなにうつっていって、周りの人がどんどん咳き込みはじめた」と撮影秘話も語ってくれた塔子さん。それを全く感じさせない演技はさすがです。

最後に「自分のいろんな思いが入っている映画です」と熱く語る髙原監督。

この『いつか…』は9月1日(日曜日)にも再上映があり、主演の小倉由菜ちゃん、並木塔子さん、涼南佳奈ちゃんらが舞台挨拶に登場します。今回、見逃した方は、ぜひご覧ください!

 

続いて上映されたのは川上奈々美ちゃん主演の『言えない気持ちに蓋をして』。川上奈々美ちゃんを始め、川崎紀里恵さん、脚本の深澤浩子さん、竹洞哲也監督が舞台挨拶に登場。

「これが(ピンク映画は)2本目です。本当に難しかったです。しゃべれないからね、受けるのに必死で頭が痛くなりました。受けが苦手で」と難しい役に挑戦した奈々美ちゃん。

また、奈々美ちゃんは「竹洞組はいい意味でめちゃめちゃストレスがかかります。3本目も決まっているので、いい意味でストレスがまたかかるんだろうなと、めっちゃ楽しみにしています」と待望のピンク映画出演3本目が決まったとの報告も。

最後は無口な竹洞監督に締めの挨拶をお願いすると「ありがとうございます」と照れながら一言。そこを奈々美ちゃんが「心を動かされる何かがあったらSNSや友達に伝えてくれたらと思います。今日は平日のなか、来ていただいてありがとうございました」と見事にフォローし締めてくれました。

こちらの『言えない気持ちに蓋をして』は9月4日(水)に再上映があり、再び川上奈々美ちゃんが舞台挨拶に登壇します。魂の演技をさせたらセクシー女優界では他の追随を許さない奈々美ちゃんの姿を目に焼き付けましょう!

また、舞台挨拶終了後にはサイン会や記念撮影も行われファン第一主義のフェスとなり大盛況でした。

この「OP PICTURES+フェス2019」は9月5日(木曜日)まで開催。R15+ということで、若い人にもピンク映画の魅力をぜひ味わってもらいたいフェスです!

■OP PICTURES+フェス2019の情報はこちらから 
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

(写真・取材 神楽坂文人

関連商品

タイトルとURLをコピーしました