deraT

【神咲詩織×平方元 美女と野獣ライブvol.25レポート!】12月にAV引退を控えた神咲詩織ちゃんがシンガーとしてステージに登場! 表現者の域にまで達した圧倒的歌唱力で観客を魅了!

koukyuwakuwaku1PureLOVER

「美女と野獣-Beauty and the Beast-vol.25 with 神咲詩織」

稀代のヴォーカリスト・平方“トーマス”元さんが毎回、美女ヴォーカリストを迎えて歌とコーラスの素晴らしいライブを開催する企画「美女と野獣-Beauty and the Beast-」。

今回のゲストはこれまで同ライブに数回出演している神咲詩織ちゃんが登場。10月21日、東京・六本木で開催された「美女と野獣-Beauty and the Beast-vol.25 with 神咲詩織」の模様をレポートします!

神咲詩織ちゃんは今年12月にAV引退することを発表しており、イベントで出会えるのもあとわずか。そのため1分1秒でもその姿を長く見ていたいものです。

今回もホスト役のヴォーカリスト・平方“トーマス”元さんの迫力ある歌声からスタート。1曲目は『Here,there and everywhere』(The Beatles)で早くも観客を引き付けます。

2曲目は同ライブのコンセプトであり、テーマ曲でもある『Beauty and the Beast』を神咲詩織ちゃんと歌います。神咲詩織ちゃんはブルーのドレス姿で登場。その美しさと威風堂々とした雰囲気に圧倒されます。

 

前半は神咲詩織ちゃんのライブで進行。3月に開催したライブでは『夜桜お七』(坂本冬美)からスタートしましたが、今回も『舟歌』(八代亜紀)と演歌を選曲。「いつも1曲目は『え~!』っていう曲をやりたくて」と本人が言うように、意外な曲で観客を驚かせます。

2曲目、3曲目は「秋は空のイメージがあり、空にちなんだ歌を選んだ」と『PRIDE』(今井美樹)、『今宵の月のように』(エレファントカシマシ)を熱唱。演歌が女の情念なら、エレファントカシマシは男の情念。何事も全力でチャレンジする神咲詩織ちゃんの心情を歌ったかのような歌詞が心に突き刺さります。

 

4曲目はオリジナルの『裸族~for lovers~』、5曲目はオリジナルの『闇夜のきらり達』を披露。『闇夜のきらり達』では神咲詩織ちゃんがピアノを、平方元さんがキーボードを弾きコラボで魅了します。

今回も圧倒的な歌唱力と堂々としたパフォーマンスを見せて後半の平方元さんにバトンタッチ。平方元さんはオリジナルの『手の鳴る方へ』、『トモダチ』、『人間賛歌』、『いのちあるところ』、『INOCHIの色』を歌い会場をさらに盛り上げます。

 

そして、アンコールでは神咲詩織ちゃんオリジナルの『我ら神DEATH!』と『蕾』(コブクロ)を歌い多くの感動を与えてくれました。

ライブ後、平方元さんが「楽しかったね」と言えば、神咲詩織ちゃんも「楽しかったです。本当に」と笑顔で応えます。12月でAVは引退する神咲詩織ちゃんですが、平方元さんが「またやろうね!」と声をかけると、「また!」と返事をしたので、AV引退後もこの美女と野獣ライブでは神咲詩織ちゃんの歌声が聞けるかもしれません!

神咲詩織ちゃんはアルバムのレコーディングを終えているとのことなので、今後はシンガーとして活躍する姿が見られるのでしょうか? 12月以降の活動が楽しみです。

■Milky Pop Generation情報
◉公式HP▶http://milky-pop.com
◉Twitter▶@MPGeneration

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました