「会社でも屈み込むたび男性の視線が胸元にくるのを感じます。みんな目ざといですよね♥」男に視姦されることに欲情する変態OLの赤裸々告白手記。

★シェアお願いします

とあるきっかけからノーブラ生活を送るようになったOLの美山さん(28歳・仮名)が、職場で男たちから受けた体験を激告白!!

性生活まで激変!ノーブラ暮らしでズボラ女にモテ期到来♥

美山 紗弥さん(28歳・仮名)

●サイズが合わなかったり、気に入ったデザインがなかったりなど、なにかと悩みが多い女性のブラジャー選び。度を超した巨乳でもないため、つけるのが面倒でノーブラ派になったズボラな美山さんだったが…。

 男の人には分からないことだと思いますが、女性のブラジャー選びってけっこう面倒なんです。デザイン優先だとサイズがなかったり、ぴったりあったサイズの物を買っても微妙にブラ紐が気持ち悪かったり…。

 そんなわけで、13歳の時に初めてブラジャーをつけて15年、28歳になった私は一つの結論に達したのです。それはブラジャーなんて必要ないということ。

 もともとブラジャーがないと困るほどの巨乳じゃないけど、いざノーブラで毎日過ごしてみると、本当に楽。これまで15年も無意味に胸元を締め付けていた自分がバカらしく思えます。もちろん今では会社で普通に働いている時もノーブラです。

 そしてもう一つ、ノーブラになって変わったのが男性からの注目度。会社にいても男性の視線が胸元にまとわりついてくるのを妙に感じるようになりました。たぶん屈んだ時におっぱいが見えるからだと思いますが、みんな目ざといですよね。

 そんななか、先日はとうとう前から気になっていた同僚の男性に飲みに誘われちゃいました。こんなチャンス、滅多にありません。

 で、飲み屋では「お酒に酔って、火照ってきちゃった」って、わざとスーツの上着を脱いだ上にシャツのボタンを開けたりして、ノーブラを強調しまくり。すると思惑通り、彼が食いついてきて、まんまとホテルに連れ込まれました。

 現在その彼と正式にお付き合いしています。ただ、ノーブラに食いついてきただけあって、彼は勤務時間中でも人目を盗んでおっぱいを触ろうとしてくるんですよね。最近それがちょっとウザくなってきました。

 もっとも、もうすぐ季節は夏。ニプレスくらいはつけようと思っていますが、ノーブラは続けるつもりです。そうなると今以上に多くの男性に注目されることになりそうだし、乗り換えるのもいいかもしれませんね。

(記事引用元=ズバ王

実話大報 2017年04月号

商品の詳細を見る