【東京ディープ風俗探検!!】錦糸町発☆完全会員制で紹介がなければ入ることはできないウワサのマンヘル桃源郷に極秘潜入!!

★シェアお願いします

錦糸町裏マンヘル☆耳舐めとキスのダブル攻撃で秘部をトロトロにすると、美少女はハシタない声を…

荒川と隅田川に挟まれた場所に位置する錦糸町。フィリピンパブなどが多い地域だが、ここに秘密のマンヘルが?!

◎普通のマンションに秘密の入り口がある

 外国人パブが多いことでも有名な錦糸町。事実、繁華街では、国際色豊かな外国人美女を見かけるコトも多い。

「表風俗もそれなりに揃っています。ホテル街もあるので、デリヘルが盛んです」(風俗ライター)

 だが、本当の風俗通はデリヘルにはいかないという。

「錦糸町南口を出て、四ツ目通りを進むこと、15分ほど。結構歩くのですが、大きなマンション群が並ぶ地帯があり、そのあたりに裏マンヘルがあるんです」

 駅前からかなり離れた場所であるが、そこまでたどり着けばまさに桃源郷だという。しかし簡単には入れない。

「そこは完全会員制で、常連客の紹介がなければ入れないんですよね…。まあ、自分は会員証もあるので、案内しますよ」

 風俗ライターの案内のもと、魅惑のマンヘルに入った。そこは今までの裏マンヘルと違い、明らかに住居用のマンション。しかし、ライターによると、近辺の外国人パブで働く女性たちが多数入居しているという。

「部屋もワンルームばかり。入居の際は保証人も不要のようなので、怪しい店も営業しやすいんだろうね」

 そんな話を聞きながら、あるマンションの一室へ。

一見すると風俗店があるとは思えないような場所でひっそりと営業している(※写真はイメージです)

◎未成年じゃないよね?!超ロリ娘がお出迎え

 玄関のところで中年の女性が出迎えてくれた。ライターが会員証を提示すると「じゃあ、アナタは〇号室、そっちのお兄さんは〇号室ね。間違えないでよ〜?」と釘を刺された。確かに部屋を間違えたら、トンデモない問題になりそうだ。

 料金は50分1万5000円。指示された部屋の前で、何度も部屋番号を確認してからチャイムを押した。そっとドアが開く。

(おいおい、マジか?)思わず驚いたのは他でもない。まだ高校生かと思うほどの超ロリ娘なのだ。

「え? 未成年じゃないよね?」裏風俗だけにありえない話ではない。

「アハハ。そんなに若く見えます? もう24歳です」

 こう笑う彼女はサキちゃん。身長は146㎝と小柄だが、近くで見ると、年相応に大人っぽかった。

「ビックリした……」
「玄関が暗いからね(笑)。あと、メイクも私、あんまりしないから」

 と言いながら、サキちゃんは自然と記者の手を引いて、部屋の中に招いてくれた。室内は布団とテーブル以外には何もない。まさにヤリ部屋で、ちょんの間のような雰囲気があった。

こちらには様々な女性が在籍しているそうで、連れの風俗ライターのお相手は三十路の人妻風だったという

「何もないよね、ここ。さあ、シャワー浴びようよ」

 こういうとサキちゃんは、ソソクサと服を脱ぎ始めた。

次ページへつづく