大阪で生まれた驚きの新風俗ビジネス!!車内で顔見せしたらそのままホテルへ?! 大阪十三日の夜に現れるワゴン車風俗の実態とは?!

★シェアお願いします

時計の針が深夜24時を指す時間になると、十三の歓楽街に1台のワンボックスカーが出現する。実はこの車には何人かの風俗嬢が同乗しており、指名するとラブホまで送り届けてくれるのだ。

ワゴン車で顔見せして、そのままホテルまで直行?!

◎ワゴン車の正体は本番率 9割の裏デリ

 焼失したしょんべん横丁が復旧し、今や若い男女が訪れるという下町の十三で、今も色濃く残るのが性地の顔だ。

 阪急十三駅の西口改札を抜けてアーケード街を抜けると、交差点の対面が十三の歓楽街。栄町のアーチをくぐると、この辺りには飲食店からキャバやピンサロ、ホテヘルまで、ありとあらゆる風俗がある。

「町の雰囲気は昭和で、昔は隣接するラブホ街にポン引きがいました。本サロもいまだにありますし、昔ながらの遊びが堪能できます」(在阪の風俗ライター)

 下町情緒溢れる十三で、アーチを西側に抜けてドン突きの数本手前の左手の路地に珍しい裏風俗があるという。

阪急十三駅界隈は西口がメイン通り。最近は東口にも飲食店の進出が著しい

「時刻は24時過ぎ。大半の風俗店は閉店する時間帯。この時間だとデリヘルかホテヘル遊びしかないけど、風俗サイトを見るのも面倒だから歓楽街をグルグル回っていると、細い路地に怪しげなワゴン車を見つけたんだ」(40代のサラリーマン)

 そこはラブホに隣接するエリアの路地だったという。

「車の横を通り過ぎると、運転手から『遊びを探してるんですか?』と声を掛けられた。で、話してみると『車に女のコがいるから選んでから遊べるよ』と言われたんです」

 どうやらデリヘル業者が待機中の女のコをワゴン車に同乗させて客引きをしているようだ。どうやら裏風俗らしく「エッチ? 女のコ次第です(笑)」と客引きは返答するが、本番率は9割とか。

 早速、聞いた路地に出向くとその車はあった。女のコの人数は3人。値段は2万円のホテル代別だ。

次ページへつづく