deraT
maccos

【乃木蛍の中央線フレンドパークvol.1】SOD移籍作が大好評の乃木蛍が冠イベントをスタート! 仲の良い人や会いたい人をゲストに迎えガチンコトーク! 初回は川越ゆいと小松(17)監督が登場!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

『乃木蛍の中央線フレンドパークvol.1』開催!

これまでも阿佐ヶ谷ロフトAで数々のイベントを行ってきた乃木蛍ちゃんが本格的に冠イベントを開始! 蛍ちゃんと気心の知れた仲間が集まり、作品話やプライベート話をしてくれます!

その記念すべき第1回目の『乃木蛍の中央線フレンドパークvol.1』が4月11日に東京・阿佐ヶ谷ロフトAで行われました。司会進行はライターでイベンターの大坪ケムタさんが務めます。

第1部は蛍ちゃんのソフト・オン・デマンド(以下、SOD)移籍デビュー作『119発ぶっかけ解禁 素人男性超特濃本物ザーメン SODstar電撃移籍 乃木蛍』の監督を務めた小松(17)監督が登場。デビュー作の話を中心に盛り上がりました。

そのデビュー作は蛍ちゃんも監督も「めっちゃ大変だった」と口を揃えて言います。小松監督は「乃木さんがSODに来る可能性がある時点で撮りたいと思っていた」とコメント。

移籍第1作目から「ぶっかけ」作品という、いきなり過激な内容になったのはどうしてか、小松監督は聞かれると「せっかくSODに来てもらったから、インパクトを残したかった。S1はドラマ作品が多いので、プレイモノがしたかった」とのこと。

蛍ちゃんは「(S1では)解禁モノをしていないんです。凌辱モノばかりだったから、幸せなものか、ぶっかけがやりたかった。『やっと出来るぞ!』って思いました。解禁作品がなにもないから、ぶっかけ作品を撮ってもらって嬉しい」とコメント。ぶっかけをありがたがるなんて、まさに天使です!

SODのイメージを聞かれた蛍ちゃんは「集団行動をしているイメージ。イベントや共演作品がとても多くてにぎやか」とコメント。

迎える側だった小松監督は蛍ちゃんのイメージを「S1よりも、どちらかと言えばSOD的。S1で浮いた子がいると思っていた」と興味深いコメントをしてくれました。

また、今回のぶっかけ作品の見どころを聞かれた小松監督は「いっぱいあります」と一言だけ残し、蛍ちゃんは「私たちは思い入れが強すぎる。最初は『123発を目指しましょう!』と言われていた。最後は素人男優を小松監督が煽ったらポンポンポンと(精液を)出した。記録を更新したときは『やったー!』と言った」と語ってくれました。

そして、ぶっかけという行為について聞かれると「顔射の経験があったから抵抗はなかったけど、口は初めてだった。『辛かったら吐いていい』と言われたけど、吐けなくて溜めちゃった。デビュー3年目に入ったから、ちゃんとやらないと後輩に舐められる。ぶっかけをやっていなかったから、やれて嬉しいです」と、晴れ晴れとした表情で語る蛍ちゃんが印象的でした。

最後にSOD移籍に関しては「移籍はステップアップとして、これから頑張るぞってなった。この移籍作はぶっかけもだけど、素人も解禁になった」と、今後のSODでの活躍が楽しみになるような抱負を語ってくれました。

その他にも移籍2作目の話や、小松監督が蛍ちゃんで撮りたい作品話など最後までトークは盛り上がりました!

続いて第2部は出会いは飲み会という、プライベートでも飲み仲間の川越ゆいちゃんが登場!
蛍ちゃんの第一印象を「S1専属女優だから、びびっていたらめっちゃいい子だった」とコメント。いつもは「2人では会わなくて、だいたい、みなりお(南梨央奈)がいる」とのこと。

ここから居酒屋での爆笑エピソードや中学生時代に読んでいた雑誌の話などがしばらく続き、まさに2人のプライベート飲みを見ているような雰囲気に会場が包まれます。

飲みの話では「最近、飲みすぎて痛風気味」というゆいちゃんに対し、蛍ちゃんは「焼酎のディスペンサーを買った」と、もはや2人とも酒豪状態(笑)。これには自ら「酒と飲みの話しかしていないよね」と笑うゆいちゃんでした。

また、ゆいちゃんが最近、アナル作品を解禁した話題になると「プライベートではやったことがなくて、撮影で初めてやった。小さいバイブから入れていったけど、作っている国によって合う合わないがある。ゴムのバイブは刺激が強くてヒリヒリする」と、経験者しか語れない濃いトークを展開。

実際に体験したアナルセックスは「声的には『ヌッ』って感じ。『ア~ン』ではない。出し入れに関してはウ○コが出ちゃいそう。でも、それなりに気持ちよかった」とコメントするゆいちゃん。ぜひ、ゆいちゃんのアナル解禁作を観ましょう!

そして、お酒も回ってきたのか日曜日の昼下がりからオナニー話をする2人。蛍ちゃんは「オナニーはしない。犬を飼っていて、犬を子どもだと思っているから見せられないと思った」と独特の感性を語ってくれました。

一方、ゆいちゃんは「風呂場の壁に大きなディルドを貼ってやったら、すぐに賢者タイムになった」と、普段のオナニーでは感じない背徳感を抱いた模様。風呂場のディルドでオナニーしている作品も観たいです!

最後は平和にお互いが飼っている犬の話になったところで、時間オーバーのタイムアップ。第1部、2部を通して濃いトークショーになりました。

トークを終えた蛍ちゃんは「日曜の昼間からありがとうございます。今後、ごえ(川越ゆい)さんと、みなりお(南梨央奈)さんともトークをやるかもしれないから、よろしくお願いします!」と、挨拶をしてイベントを締めてくれました。

約3時間にも渡るトークはどれも深く濃くおなかいっぱいの内容になりました。このイベントは「vol.1」とあるようにレギュラー化されます! 次回開催は5月29日を予定していますので、ぜひ、蛍ちゃんとゲストの楽しいトークを聞きに行きましょう。

次回は誰がゲストに呼ばれるのか楽しみです!

乃木蛍公式ツイッター:@HotaruNogi
川越ゆい公式ツイッター:@kawagoe_yui
小松(17)公式ツイッター:@KojiKomatsu2
大坪ケムタ公式ツイッター:@kemta

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました