deraT
maccos

【架乃ゆらのLOVE昭和生放送調布・ゲゲゲの鬼太郎巡り編レポート!】miruちゃんと憧れの鬼太郎ワールド・調布を散策!スタジオでは超プリティーな猫娘コスプレで登場!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

昭和大好きセクシー女優・架乃ゆらちゃんが昭和の色を残すスポットを訪れタイムスリップ! ゆらちゃんがメインパーソナリティーを務める番組『架乃ゆらのLOVE昭和』の『調布・ゲゲゲの鬼太郎巡り編』が1月22日に開催されました。

 

架乃ゆらのLOVE昭和 〜調布・ゲゲゲの鬼太郎巡り編〜

今回は「ゲゲゲの鬼太郎巡り編」ということで猫娘のコスプレ姿で登場したゆらちゃん。めちゃくちゃ似合っており、超キュートじゃありませんか! 猫娘のコスプレをさせたら世界一と言っても過言ではありません。

まずは「新年一発目の『LOVE昭和』、元気にやっていきましょう!」とVTRに移ります。

ロケは2020年9月以来、2回目の登場となるmiruちゃんです。久々に出会ったmiruちゃんを見て、「オーラが出ていて、ますますかわいくなった」とコメントするゆらちゃん。

そのmiruちゃんは目玉おやじが好きということで、「おい、鬼太郎」とモノマネを披露してくれました。一方のゆらちゃんは「妖怪だけど人間臭いねずみ男が好き」とのことで、街中には鬼太郎のキャラクターたちが何体もあり興奮する2人でした。

散策途中では「2021年はどういう年だったか?」と、ゆらちゃんに聞かれたmiruちゃんは「激動の1年でした」とコメント。それを聞いたゆらちゃんも「私は恵比寿マスカッツを卒業したし、大きな決断をした同士」と同調します。

また、歩いているとお寺を見つけたmiruちゃんは、「パワースポットが好きで伊勢神宮にも行ってきた。神社は雨の日に行くといいという説もあるんです」と意外な趣味を告白。

すると雨の日のロケに調布の里の鎮守様である布多天神社にお参りします。神社でお賽銭をあげ1分以上もお祈りをする2人。一体、いくつのお祈りをしたのでしょうか(笑)。聞いてみるとmiruちゃんは「健康に過ごせますように」とお祈りし、ゆらちゃんは「来年(ロケが2021年)も仕事がたくさん来ますように」とお祈りしたようです。

また、神社の名物になっている「鬼太郎おみくじ」を引くと2人とも中吉でしたが、おみくじに書かれている内容を読む時は、何故か目玉おやじの声になるのでした(笑)。

その後は鬼太郎茶屋に行き甘味を食したり、むさし野深大寺窯で陶器に絵付けをしたりと調布を楽しんだ2人。ロケを終えたmiruちゃんは「いろいろ回り、すごく幸せな1日でした」と満足そうにロケを振り返ってくれました。

VTRが明けるとスタジオではゆらちゃんが、「年末のロケで、お互いいろいろあった1年だったけど、ねぎらいあってすごくいいロケだった」と充実感溢れるロケだったとコメントしてくれました。

続いては毎回、ゆらちゃんがお気に入りの事象を語る「○○愛を語る」コーナーですが、新年一発目ということもあり、「2022年の抱負」を語ります!

仕事では「新しいことに挑戦する! よりステップアップしたい」と前向きです!

今回レポートしているレギュラー番組の「LOVE昭和」については「地方ロケに繰り出す」とコメント。以前、熱海に行っていますが、それ以来コロナ禍もあり江ノ島、横浜までの距離でストップ。今年はぜひ西日本や北海道、九州など昭和の風情ががまだまだたくさん残る地方にも行ってもらいたいものです。

 

そして気になる私生活の抱負は「気持ちで負けないようにする。遠慮しちゃうことが多いんです。遠慮しちゃって後悔することがいちばんもったいない。遠慮することも大事だけど、負けたくないところでは絶対に負けたくない!」と決意。ゆらちゃんらしい意志の固さを今年も発揮してもらいたいです。

また、「いい女になる! 今年こそは満を持していい女になる!」とも決意。いまでも「いい女」ですが、それ以上の「いい女」になることも期待しましょう!

その後はファンとのサイン会に入り放送は終了。新年からロケに今年の抱負にと楽しませてくれたゆらちゃんでした。

今年もゆらちゃんと気の合うセクシー女優が昭和の残像が残る場所をロケする番組「LOVE昭和」をお楽しみに!

 

架乃ゆら(かの・ゆら)
身長:156cm
スリーサイズ:B84(D)・W55・H86
生年月日:1998年12月28日
趣味・特技:昭和歌謡、特撮ヒーロー鑑賞
ツイッター:@kano_yura
インスタグラム:@kano__yura
公式ブログ:http://kanoyura.blog.jp/
YouTube:かのちゃんねる
「架乃ゆらのLOVE昭和」番組HP:https://www.cs959.com/kanoyuralove/

(写真・取材:神楽坂文人

 

タイトルとURLをコピーしました