deraT
maccos

【三代目・葵マリーと愉快な仲間たち 第102回】5月11日〜5月20日まで新宿ニューアートで開催されるSM大会の前哨戦として、前回行われた「神納花プロデュースDAY」の壮絶なステージの様子をお届けします。

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

葵マリーさん連載コラム第102回!
今回は5月11日〜5月20日まで新宿ニューアートで開催されるSM大会の前哨戦として、前回行われた「神納花プロデュースDAY」の壮絶なステージの様子をお届けします。

■マリーさんの今までの連載はこちら

“葵マリーと愉快な仲間たち” の検索結果 | デラべっぴんR
ジーオーティーが運営するちょっとHなニュースサイト

神納花プロデュースDAY

あの子達が新宿ニューアートのステージに帰って来ますよ。前回のニューアートのステージでは、最前列のお客様達がこぞってペットシートを求めた、あのステージが帰ってきちゃうんです!

 

今回も新宿ニューアートさんのステージをお借りしてSM大会を開催する事になりました。
期間は5月11日〜5月20日までの10日間。濃厚で妖艶で華やかなステージを10日間皆さまにお届けします。

 

5月18日は丸々1日、「神納花プロデュースDAY」。
ということで今回は、前回行われた「神納花プロデュースDAY」の壮絶なステージの様子をお届けします。

 

出演者は神納花さんを筆頭に、岬あずさちゃん、望月あやかちゃん。
3人しかステージに立ってないのに300人分くらいのパワーを感じたのは私だけじゃないはず。

 

この3人の名前を聞けばピンとくる方も多いはず。
そうです、我らの大御大ドグマのボスことTOHJIRO監督率いるM女軍団チームの面々。そりゃ、一筋縄ではいかないステージになるに決まってるじゃんね。

まず、このステージのプロデューサーがお花さんって所で、スタッフ陣がまず用意したのがペットシートだよね。これさえあれば間違い無し。万能で良かった。

 

まずは楽屋。当然のことながら賑やか過ぎて、誰一人として座ってられない状態。

 

それでも、女優だから時間には厳しく、ちゃんとヘアを整えたりメイクをしたり準備に余念はない。でも、準備が整えば差し入れのお菓子を食べ、ドーナツを貪り緊張とは?って感じ。

 


そんな中、お花さんから今回の進行の説明と言うか衣装ぎめ。お花さんだから、いちいち型にハマった事はやらないからね。説明とか一切いらないのよ。その場の乗りと雰囲気で決まる。これが良いんだよね。

もちろん、型にはめてあげた方が良い人も居るけど、今回のメンバーにはそれは不要。自由にのびのびやらせた方がステージで輝ける。

準備も整い、場内もお客様達が今か今かと待ちわびる中、いよいよ開演。

 


まずはお花さんのソロステージ。自吊ショーを手際良く可憐にお披露目して、あずさちゃんの登場。言うまでもなくなく、くんずほぐれつな、見ているだけで汁っぽいレズショーを見せてくれて、お客様達を唸らせていました。

 

続いて、もっちーの登場。こちらも汁度200%な濃厚な汁ビアンショーを展開。

 

その後も、この3人にしかできない汁ビアンショー。お花さんのリードで責めて責められなテンポ良いショーを披露。

 

いやー凄い、凄かったしか感想ないんだけど、事前の指示もなく台本とかもなく、ここまでやり切れるのは凄かったな。

 

ただ1つだけ言えるのは、あずさちゃんももっちーも、お花さんを信頼しているからできることだよね。
とにかく、やる事なす事の全てをお花さんが拾ってくれ見せ物として変化させてくれちゃう。こんな自由にやれちゃうステージなんて皆無ですよ。自由にしてあげるってこんなにも女の子たちを輝かせる事ができるんですね。

 

その変わり、最前列にいたお客様達はハラハラドキドキが止まらなかったんじゃないかな? いつ何が飛んで来るか分からないからね。カメラも持ってるし、ステージが終わるまで心配は尽きなかったんじゃないかな? これぞまさしく生の舞台って感じだよね。

 

私もステージ裏ではハラハラドキドキしながら見守ってたけど、次第に「もっとやっちゃえー」って気持ちになってました。

やっぱさ、楽しい事は楽しく、やりたい事は我慢せずで行きたいよね。笑顔が1番!

 

このハラハラドキドキなステージが再演されるかどうかは謎だけど。最早、前回よりパワーアップしてそうな予感しかない。

 

とにかく5月18日はスケジュール帳に丸印を付けておいて下さい。絶対に楽しめる事は保証します。そして、日頃のモヤモヤした気分も吹っ飛ばしてくれるはずです!

 

■新宿ニューアート

次のページではその他の写真を大量掲載!

(文・写真:葵マリー

タイトルとURLをコピーしました