deraT
maccos

【第二回在アダルト業界青森県人会イベントレポート!】大好評の郷土愛イベントが再び開催! 青森県出身の望月あやか、北乃ゆな、まさのり監督が地元愛を語り、郷土名物を食す!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

第二回在アダルト業界青森県人会イベントレポート!

セクシー女優は身元バレ、地元バレを避けるため出身地はフィクションであることが多いのですが、出身地を堂々と明かし地元愛を語る革命的イベント「第二回在アダルト業界青森県人会」が9月10日、東京・レフカダ新宿で開催されました。

今回も青森県出身の望月あやかちゃん(野辺地町出身)と北乃ゆなちゃん(三沢市出身)、そして初登場のまさのり監督(八戸市出身)が登場。司会進行はパラダイステレビの名物スタッフであるガッキーさん(青森市出身)が務め2時間30分、青森県愛をたっぷりと語ってくれました。

 

まずは自己紹介をしますが、「東京都足立区出身の」とビートたけし氏のモノマネでいきなり飛ばすまさのり監督。

シャンパンで乾杯した後は「青森県の基本情報」からスタートします。

これには
「野辺地町は『村』から『町』に昇格しました」(あやかちゃん)
「サッカーと性欲が強い」(まさのり監督)
「銭湯が海水」(まさのり監督)
「セブンイレブンがあるかないかが都会の基準」(ガッキーさん)
など、様々な情報が寄せられます。

 

そして、まさのり監督出身の八戸市は「新幹線も通っていて、フジテレビ系列のテレビが入る」と言うと、その「入る」に反応する他の3人。どうやら青森県では「番組が映る」ことを「番組が入る」と言うことが判明しました。

また、青森県の若者の性事情を「やることがないから若者はセックス」と女優2人が言えば、まさのり監督は「していないぞ!」と叫びます(笑)。ちなみにゆなちゃんの出身高校は地元でも有名な「ヤリマン高校だった」そうです(笑)。

 

続いては前回も盛り上がったカップラーメン話に突入。青森県は意外にもインスタントラーメンの消費量が日本一だそうで、「実家に帰ったら3箱あった」とゆなちゃんがカップラーメンエピソードを披露。「3個」ではなく「3箱」というのはかなりの量です。

寒い雪国だけに酒豪が多いことでも有名な青森県。お酒の話になると、ゆなちゃんは前回の同イベントでものすごい量を飲み、「後半は記憶がなくてどうやって帰ったか分からない」とコメント。それを聞いたあやかちゃんは「青森の女は酒癖が悪い」と言います。

 

内容が若干、青森県のマイナス話になりかけたところで、「私が紹介したい青森県」とおすすめポイントを語るコーナーに入ります。

するとガッキーさんが実家から取り寄せたリンゴジュースを振る舞うと、「超美味しい!」と喜ぶ女優陣。さらには青森県名物のイギリスパン、ラグノオ、バナナ最中、せんべいも頬張り喜びをあらわにします!

ついには青森県のプレミアム地酒の「田酒」まで差し出すと、「よく手に入りましたね!」と驚くゆなちゃん。意外にもお酒が飲めないまさのり監督を横目に女優陣は美味しそうに田酒をグビリといきます。

 

地酒も飲み、ご機嫌になったところで前半は終了。撮影タイムを挟んで後半へと続きます。

後半は名物コーナーになりそうなご当地CM上映会が始まります。「SUNDAY」、「桃川」などのご当地CMが流れるたびにコマーシャルソングを歌います(笑)。こういうシーンは他のアダルトイベントでは絶対に見られないので貴重な瞬間です!

 

また、まさのり監督が「アイスホッケーが強い。梅雨がない。ゴキブリがいない」と青森県のいいところをたくさん挙げてくれる場面もあり、今回も2時間30分もの間、青森県話で大いに盛り上がりました!

地元話だけに次々とネタが飛び出し、2時間30分でも「早い!」と3人は声を揃えます。それほど充実したイベントでした。

 

セクシー女優と監督が地元愛を話すだけという、一風変わったアダルトイベントですが、見ている側が何故か共感してしまうのが同イベントの魅力でしょう。10月には第3回目の開催も決まりました!

最近、青森県出身を売りにした新人女優もデビューしたことなので新戦力としての登場を熱望し、このようなセクシー女優ご当地イベント47都道府県バージョン全てが開催されることも期待します!

望月あやかTwitter:@ayaka_moon_1130
北乃ゆなTwitter:@kitano_yuna_
まさのり監督:@karikunn
パラダイステレビ・ガッキーTwitter:@ishigakitomota

(写真・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました