deraT
maccos

【わたしの名器 vol.2】エロ業界人が楽器愛を語る!第2回はSNSにアップされたギター速弾き動画で話題になった小島みこちゃん。意外な方がギターの師匠&想像の斜め上をいく変態ギタリストでした……!

hatopura
wakuwaku1 honey deraT maccos

SOD・青春時代レーベルでデビューした小島みこは想像の斜め上をいく変態ギタリストだった!
伝説のジャパメタバンドメンバーとの意外な関係と龍が如くへの偏愛が炸裂する初インタビュー。

かつてローリングストーンズのキースリチャードは言った。
『プレイするのに必要なのは5本の弦と、3種の音と、指2本とケツの穴一つだけだ』と。
小島みこは『プレイするのに必要なのは6本の弦とピンクとキラキラだけだ』と、言った‥‥のかな?

初インタビューなのにAVじゃなくてギターの話

── もしかして初インタビューですか?

小島 したこと……無かったかな。

── 初インタビューが作品じゃなくて楽器の話ですみません。

小島 いえいえいえ(笑)

── せっかくなんでエロい話も聞きますね、可能な限りですが。

小島 ハハハハ!

── 音楽を始めたのはギター最初ですか?

小島 ピアノです……。

── 本格的にやってたんですか?

小島 長い間やってました。3歳から中3まで。

── 結構本格的にやってたんじゃないですか?

小島 あっ、でも全然弾けない(笑)お遊び……っていうか、ちゃんとしたクラッシックをやってないんですよ。好きなヤツ(曲)を持って行って教えてもらうみたいな。ちゃんとしたのも勧められたんですけどそれはやりたくない人で。

 

── ギターは何きっかけで始めたんですか?

小島 ピアノの送り迎えの車の中でラジオでインストルメンタル? ギターだけの。誰の何の曲かも覚えてないんですけど、流れてて。好奇心旺盛な子供でやりたい事全部やっちゃうんで、直感でギターだ!と。それでやりたいなと思って次の日買ってもらって。

── えっ?お金持ちの子ですか?

小島 お金持ちじゃないです! 8,000円くらいのギターです。ちっちゃいアコギです。

── 8,000円だと質屋さんとかですかね?

小島 違いますよ! 普通の楽器屋さんです。メーカーとか全然覚えてないけどまだ実家にあります。捨てれないです……。

── 最初は何を練習したんですか?

小島 教本で……『初めてのアコースティックギター』みたいなやつ。

── コードブックみたいのですかね?

小島 です。それを片っ端からやってくみたいな。

── エレキではなくてアコギを選んだ理由は?

小島 何にも知らなかったから(笑)。一番安いやつにしなさいってお母さんに言われて。

── あぁ、飽きるかもしれないからですかね。

小島 そうそうそうです! 子供だからすぐ飽きるだろうって。

── 最初にコピーした曲って覚えてます?

小島 えーとねぇ、『DOES』……アニメの銀魂の……確か※1『修羅』です。

── 耳コピしたんですか?練習してすぐ弾けるもんなんですかね?

小島 楽譜を買いました。すぐには弾けなかったかも……結構時間かかる人で。

── その頃はアニメソングが好きだったんですか?

小島 アニメはちっちゃい時から好きだったんで。※2『けいおんに』ハマって。

── ※3『ぼっち・ざ・ろっく! 』じゃないですね。

小島 『ぼっち・ざ・ろっく! 』は5話くらいまで見たんですけど、やっぱり『けいおん』が好きなんで。

── 『けいおん』の影響でアコギからエレキに転向したんですか?

小島 いや、その後ドラムに行っちゃったんです。『けいおんに』のドラムの子が好きで、やりたい!って。でもその前にエレキも買ってたかも。小3でアコギ買って、小5でエレキ買って、小5と小6の間にドラム始めました。

── はやっ!やっぱりお金持ちなんじゃないですか!

小島 お金持ちじゃないです!お父さんの知り合いが壊れたドラムがあるって、それもらってきました。シンバルにめっちゃヒビ入ってるやつ。

── でもドラムを置ける家ってなかなかの大きさがないとですよね?騒音とかもあるし。

小島 自分の部屋を潰して、ドラムとピアノとギター全部置いてました。ポツンと一軒家みたいな田舎の家なんで大きい音出しても全然大丈夫でした。天然の防音設備。

タイトルとURLをコピーしました