deraT
maccos

【三代目・葵マリーと愉快な仲間たち 第225回】イラマチオ女王と言っても過言じゃない塩見彩ちゃん主演のドグマ作品『イラマチオ ドラッグ 塩見彩』の現場をレポート!

hatopura
wakuwaku1 honey deraT maccos

葵マリーさん連載コラム第225回!

今回は、イラマチオ女王と言っても過言じゃない塩見彩ちゃん主演のドグマ作品『イラマチオ ドラッグ 塩見彩』の現場をレポート!


■マリーさんの今までの連載はこちら

https://dxbeppin-r.com/?s=%E8%91%B5%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%84%89%E5%BF%AB%E3%81%AA%E4%BB%B2%E9%96%93%E3%81%9F%E3%81%A1

『イラマチオ ドラッグ 塩見彩』

イラマチオ女王と言っても過言じゃない塩見彩ちゃん。私の記事では最多登場かも知れない。でもね、実は最多登場は我らのパパ男優の佐川銀次さんだと思うんだよね。私が行く現場には必ず銀次パパがいるもん

 

今回ドグマTOHJIRO監督がしおみんに与えた試練はイラマチオ。TOHJIRO監督だもん、そんじょそこらのイラマチオじゃないですよ。全編オールイラマチオ。休憩なくイラマチオだらけで現場は壮絶でした。

イラマチオ ドラッグ 塩見彩

イラマチオ ドラッグ 塩見彩

 

しおみんのイラマは何度も見て来ているけど、他で見るイラマとは何だかちょっと違う雰囲気で、喉奥に突っ込まれてるじゃなくて喉奥を掘らせてあげてる感じがしちゃうんだよね。

そもそも、しおみんの目力が違うのよ「さー来い!来てみろ!」って感じ。どんなに硬くても太くても長くても、しっかり根元までしまいこんで、更に目では「もっと入れたいから来て、そんなもんなの?」って言ってる様にしか見えない。モンスターって言葉がピッタリだよね。

 

そんなモンスター的イラマチオな作品は勿論ドグマさんから発売中の「イラマチオドラッグ」とにかくイラマ好きな人は見ておくと良いと思う。大体どこ見ても、しおみんの口には何かしらが入ってるか、何かしら出てるかしかない。

 

特に今回、どれだけ激しいイラマだったかが分かる様に、しおみんのW鼻ちょうちんは当たり前でちょうちんまでWだったって所。

あれだけ勢いあるゲロを吐き出しながらもそれに動じずに破れない鼻ちょうちんにもガッツを感じました。

 

イラマ48手とは言わずとも、色々な体勢でイラマ受けするしおみん。どんだけ自分のゲロを浴びたかも分からない位に浴びまくり、せっかくメイクさんが綺麗にメイクしてくれてもあっという間にゲロまみれ。完全にゲロメイクですよ。そんなゲロの合間からしおみんの嬉しそうな目がチラッと見えたり見えなかったりして、しおみんの貫禄さすら感じたよね。

 

これだけドロンドロンになるのも分かっているので、パッケージは1番最初に撮影。散々、パッケージは見て来たけど、何故かこの日のしおみんはメチャクチャ美しくてTOHJIRO監督も大絶賛。皆さん的にどう思う?いつもと雰囲気違くないですか?

パッケージの美しさと中身のエログロさのギャップが物凄い事になっている作品だけど、どのコーナーでもしっかり楽しみ、しっかり堪能し、しっかり魅せてくれました。

 

今回のしおみん対TOHJIRO監督の闘いも引き分け。どっちもギブアップせずにまた新たなモンスター作品が出来上がりました。このモンスター対モンスターの撮影、一体いつまで続くんだろう?そして、最後の最後にギブアップするのは誰?とか思いながら、まだまだこの2人の物語を追っ掛けて行き2024年も堪能して行きたいと思います。
 
■ドグマ『イラマチオドラッグ』

http://www.dogma.co.jp/home/15770-ntj-015.html?search_query=塩見彩&results=38

(取材:葵マリー)

次のページに大量画像を掲載!

イラマチオ ドラッグ 塩見彩

イラマチオ ドラッグ 塩見彩

タイトルとURLをコピーしました