deraT

【OP PICTURESプレゼンツ・DVDリリース感謝祭レポート!】きみと歩実、真木今日子、辰巳ゆい、和田光沙が初開催イベントに登壇! 今年に入り攻めの展開を見せる上野オークラ劇場は大注目!

wakuwaku1honeyPureLOVER

ピンク映画の殿堂・上野オークラ劇場では上映中の作品をPRするために毎月、舞台挨拶が行われていますが今回は劇場初となるDVDリリース感謝祭が行われました!

2月23日に開催された「OP PICTURESプレゼンツ・DVDリリース感謝祭」を独占レポートします。

劇場支配人曰く「DVDイベントは初めて」とのこと。どんなイベントなのか期待も膨らみ客席は満席。イベントには4代目マスコットガールのきみと歩実ちゃん、真木今日子ちゃん、辰巳ゆいさん、和田光沙さんが登壇しました。

今回はDVDリリース感謝祭ともに「きみと歩実ちゃん祭」も開催中。2月に公開されている上映作には全てきみと歩実ちゃんが出演。『特務課の罠 いたぶり牝囚人』『痴漢電車 淫コースは夢いっぱい!』、『演歌の女 乱れ慕情艶景色』『W不倫 寝取られ妻と小悪魔娘』ときみと歩実ちゃんづくし。

そのためイベント前には劇場に『演歌の女 乱れ慕情艶景色』できみと歩実ちゃんが歌う演歌が流れ、お祭り気分をより一層盛り上げてくれました。この光景には「本当に恥ずかしかった」と顔を赤らめるきみと歩実ちゃん

DVDリリース感謝祭では真木今日子ちゃん、辰巳ゆいさん、和田光沙さんも登場。現在、DVDタイトル78タイトル出ているとのこと。上野オークラ劇場では基本的に1週間しか上映されていないのでDVD化は喜ばしい限り。

「ムッチャ頑張って撮ったのに1週間逃したら見られないのが悔しい」ときみと歩実ちゃん。

 

「DVD化されるとこんなに(自分が)出ているんだなあと思います」と感慨深げな真木今日子ちゃん。

 

DVDレンタル店にも置かれているとのことで「TSUTAYAに行くのが楽しみ」と和田光沙さん。

 

また、これまでのピンク映画出演を振り返り「岐阜出身だから語尾がなまっているってたまに言われます。自分では気づいていないけど」と辰巳ゆいさんがセリフの難しさをコメント。

 

続けてピンク映画デビューがまだフィルム撮影時代だったこともあり「NGが出せないから大変。アフレコが自分の口に合わせないと大変」と振り返ります。フィルム撮影時代は音声収録がアフレコだったんですね。

真木今日子ちゃんは「人間じゃない役も結構ありました。ヒロインだったり。変身の時の掛け声が『エロッ』だったので、決めゼリフを言うのが恥ずかしかった」とのこと。真木今日子ちゃんのヒロイン姿は似合っています。

印象に残った作品を聞かれると「いちばんは『静寂(しじま)に抱かれる女』です。セリフがない映画で、台本も演技の雰囲気が書かれているだけ。全作印象に残っていますが、この作品のインパクトはすごかった」と真木今日子ちゃん。

和田光沙さんは「どれも思い出すと変なことをやっていたなと。少しずつかじって、騒がして帰っていく」と語ってくれました。和田光沙さんは3月に全国公開される映画『岬の兄妹(きょうだい)』に出演。映画界には欠かせない存在となっています。

 

その他にもきみと歩実ちゃんが出演した『新橋探偵物語』が上野オークラ劇場を飛び出し、渋谷にあるアップリンク渋谷で3月16日から上映! 

「私が中国人のなな役で出ています。見逃した方は見てもらいたいし、もっと(作品が)大きくなりそうな気がします。第2弾が作られるんじゃないかと勝手に思っています(笑)。ツイッターアカウント(@shimbashitantei)も出来ましたので見てください!」とPR。

このコメントには「(第2弾)あるでしょ!」と劇場支配人も太鼓判!? アップリンク渋谷では期間中トークイベントやサイン会なども予定されているのでぜひ見に行きましょう!

また、次回の舞台挨拶が早くも決定! 3月2日(土曜日)に『濡れた愛情 ふしだらに暖めて』に出演する小倉由菜ちゃん、並木塔子さん、涼南佳奈さん、髙原秀和監督が登壇予定。こちらもぜひご覧ください。

今年に入りポレポレ東中野での城定監督祭、DVDリリース感謝祭、アップリンク渋谷でのピンク映画上映と攻め続ける上野オークラ劇場。ピンク映画の新たな動きに注目です!

(写真・取材 神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました