deraT

【戸田真琴ちゃんオフ会レポート】ファン大好きのまこりんが「みんな楽しいねぇ」とはしゃぐ姿にファンも大喜び!【独占インタビューも掲載】「これまで以上に『自分で頑張る』ということをしていきたいなと思います」

wakuwaku1honeyderaT

330日都内某所にてまこりんこと戸田真琴ちゃんのオフ会が開催

当初の予定では「お花見がやりたい!」とのことだったのですが、1週間ぐらい前から、「雨」予報が出ていたので、「最初はお店、写真撮影をお花見にしよう」という予定に変更したそう。

当日は、天気予報には「夜から雨」と出ていたのですが、オフ会最中は「まこりん日和」(彼女のブログ名であり、彼女は晴れ女であり、良い天気のことを呼称しております)とはいかなかったものの、雨には当たらず。

最初はお食事しながらのテーブルに回ってのトークがスタート。お酒も飲み放題なので、みんなの雰囲気も徐々に和やかなれどヒートアップ。まこりんは下戸なので、オレンジジュースで対応していました。

女子ファンと女子トークを楽しんだり、男性ファンにビールを注いだり、サービス満点。

途中には、ファンが用意してくれた「おめでとうくす玉」が割られて、まこりん嬉しそうに満面の笑みになってました。

 

一次会の終了間際、イベントMCが「今からまこりんがティッシュを配りますので……」と言い出し、ざわつくファンたち…

その理由は、同じ事務所の先輩である天使もえちゃんが現在、「FANZA ADULT AWARD2019」の最優秀女優賞にノミネートしており、その投票呼びかけに、もえちゃん自身がティッシュを手作りしてイベントで配っているから。

「それは天使さんでしょ! 今日はまこりんがブロマイドを配ります!」と、笑いながらツッコミを入れて、自らブロマイドを配るまこりんでした。

雨も降っていないということで、二次会として、場所を移動し撮影タイム。そちらでは集まったファンたちがカメラでまこりんを激写しまくり。

残念ながら満開の桜の下でお花見とはならなかったですが、ファンたちもまこりんも、オフ会をたっぷり楽しんでいました。

最後はみんなと記念撮影しオフ会は和やかに終了。
まるで学生時代のサークルのような雰囲気が、まこりんオフ会の特徴なのでしょう。

「ファンの人たちと話すの大好き!」とまこりんもファンのみなさんも大満足の様子でした。

■ここからは、ミニミニまこりんインタビューです!

戸田真琴(以下、戸田)
こんにちは!まこりんです。

── スカパー!アダルト放送大賞2019女優賞受賞、おめでとうございます!

戸田 ありがとうございます!

── いやあ、いい泣き顔でしたね。

戸田 いや、泣いてないですよ(笑)泣いてないです!(笑)

── え? ウルウルだったじゃない(笑)

戸田 私以外の人のコメントとかで涙が出てきちゃって。あの場所って特別ですよね。ステージに上がっていると涙もろくなっちゃう。

── ファンからのお手紙とか良かったよねぇ。

戸田 私、はままおさん(浜崎真緒ちゃん)のファンの手紙で泣いてましたもん。

── それでは改めて、女優賞を受賞できたことを振り返ってください。

戸田 何度かこういう場に出させてもらって、今までも緊張感があったんですけど、今回は、私自身もですが、ファンの人たちも本気度が全然違って。
新人賞は別として、女優賞というのはデビューしてすぐにだとなかなか取れる気はしないものだと思うんです。そして今、私はデビューして3年目になって、これからどういう風に活動していこうと悩む時期……。私自身がうまくやっていかないと生き残れないのかなと悩んだりもするし。そのタイミングで、こういう「何かにかける」ことができたのはラッキーだと思いました。

── とある情報筋から聞いたところ、過去最高の投票数だったそうですよ。

戸田 本当ですか! 過去? 過去最高! はぁ(関心)

── 結果として超激戦だったそうです。

戸田 はぁ~(関心二度目)。でも、みなさん本当に頑張ってましたもんね。やる気が伝わってきました。「取りたいです」と言っている女優さんが多くて。
それを見て、私も刺激をもらっていました。他の女優のみなさんが、小まめにツイキャスをしたり、投票を呼びかけてをしていらして。
私も、ちょっとでも気を抜いたら、負けちゃうなとずっと思ってやっていたので、そういう意味でも刺激になりました。

── ファンの人たちも熱かったです。

戸田 熱かったですね。今回、ファンのみんなが、「まこりん、絶対大丈夫だよ」と言ってくれていて。絶対って、無責任に言ってくる場合もあったりすると思うのですが、私のファンの方々は、そんなに無責任に言ってくる人はいなくて。本当に責任感がある人たちに支えられたなと思っていて。
こんなに責任を持って自分を応援してくれる人たちがいて。その方々が、「絶対大丈夫」と言ってくれることで、私も安心する気持ちになったし。
何より、そうやって言い切れるほど、投票を頑張ってくれているのが伝わってきて。自分だけでなく、周りにいる知り合いの人にも、「まこりんという子がいて……」と説明して投票をお願いしてくれていたなどの行動を感じたので、「本当にありがとう」と思いました。すごく嬉しかったです。
今までで一番緊張した賞レースでしたけど、今までで一番ほっとする結果になったなと思いました。

──AV女優・戸田真琴の次のステップはなんでしょうか。

戸田 そうですね。しばらくはもうちょっとAV女優として、「自分の作品がたくさん出せたな」とか、「ワンステップ、上に行けたな」とか、メーカーの中で、エースをはれるレベルの人間になれたら、また挑戦するかもしれないですけど、今はまだ、今のことで精一杯だなと思っていて。
今回のスカパー!~を節目にして、これまで以上に、AVも、AVじゃないお仕事も、どこかに評価されるということよりも、「自分で頑張る」ということをしていきたいなと思います。
今は、いろいろ考えているので、待っていてください。

── 受賞後のステージ上でのスピーチとか、「TV Bros.」連載コラムでの「肯定のフィロソフィー」の辞められた担当マネージャーへの感謝の言葉もよかったですよ。

戸田 そうですね(笑)辞めたマネージャーさんにも良い報告ができて嬉しかったです(笑)

── 先ほど出てきた、「TV Bros.」の連載、そして、「KAI-YOU.net PREMIUN」での音声番組「戸田真琴の『この世界の愛し方」を語ろう」の連載もスタートしました。ということで、今後の活動について何かありますか。お願いします。

戸田 表に出ていないこともたくさんたくさん動いていて、どこまでみなさんにお見せできるのか分からないのですけど、めちゃくちゃいろいろやっているので、待っていてください。
これからもまこりんに期待してね!

プロフィールとだ・まこと
1996109日生まれ
T152cmB83W58H83

趣味/特技=映画鑑賞、映像編集
キャッチコピー「どスケベ小動物」
◉Twitter:@toda_makoto 
◉Instagram:toda_makoto
◉オフィシャルブログ:http://blog.livedoor.jp/toda_makoto/

(取材/写真=麻雅庵

タイトルとURLをコピーしました