deraT

【上野オークラ劇場『ツンデレ娘奥手な初体験』舞台挨拶レポート!】あべみかこちゃんがピンク映画で鮮烈デビュー! 舞台挨拶では感極まって月ヶ瀬ゆまちゃん、美原すみれさんが涙!

10連休はどのように過ごされたでしょうか? アダルト界ではイベントが目白押し。連日、各地で様々なイベントが開催されどこも満員のファンが集まっていました。

なかでも10連休の後半は上野オークラ劇場でイベントラッシュ! 3日に古川いおりちゃんが4日にあべみかこちゃんが舞台挨拶、5日には第31回ピンク大賞が行われ連日盛り上がっていました。

今回は5月4日に行われたあべみかこちゃん初主演のピンク映画「ツンデレ娘奥手な初体験」の舞台挨拶を本公開直前にレポートします!

映画は5月17日(金曜日)~23日(木曜日)が本公開。先行上映と舞台挨拶が本公開前に開催された珍しいケースです。

監督の小関裕次郎氏は6年間助監督を務め、晴れて本作品で監督デビュー作。

内容は「美少女で人気者だったちひろ(あべみかこ)は理想の彼氏を追い求めすぎてアラサーでいまだに処女。幼なじみの恭平(市川洋平)で済まそうとするが彼も童貞でお互いの初体験は失敗。そんな中、町おこしの婚活パーティーが開催され、中年男性と知り合ったちひろは意外な行動に出る」といった男女のすれ違いをピュアに描いた爽やかなエロス作品です。

舞台挨拶の前にはイケメン支配人と4代目マスコットガールのきみと歩実ちゃんが登壇。普段はあまり劇場で見かけないファンも10連休のため多く、「(上野オークラ劇場が)行きにくいところじゃないよと、ツイッターとかフェイスブックに面白く書いて欲しい」ときみと歩実ちゃんがPR。

 

舞台挨拶には主演のあべみかこちゃん、月ヶ瀬ゆまちゃん、美原すみれさん、佐倉萌さん、俳優の市川洋平さん、ダーリン石川さん、小関裕次郎監督が登壇。

小関監督は初めて劇場で見た感想を「嬉しいです。持っている力をかきだした」と照れながらコメント。

作品を見たきみと歩実ちゃんは「昼ドラが好きなので、小さいコミュニティのドロドロした関係がたまらない」と目を輝かせました。

あべみかこちゃんに感想を聞くと「普段は自分の作品は見ないので、大きい画面に自分の顔が映っているのが恥ずかしい。初めてのことに挑戦するのは難しい」とコメント。

小関監督にあべみかこちゃんの演技を聞くと「文句なし」と大満足。

こちらもピンク映画初出演の月ヶ瀬ゆまちゃんは緊張したシーンを聞かれると「全部片言で(セリフを)覚えても頭が真っ白になっちゃうから忘れちゃう。棒読みやったんで、だいぶ反省しています」とかわいらしい関西弁でコメント。

続けてカラミシーンの感想を聞かれると「業界に入ってまだ慣れなくて、撮影自体、本数がないので緊張します。反省しかないですね」とのこと。

AV女優を劇中劇という難しい設定で演じた美原すみれさんも「初めて出させていただきました」と今回の映画出演者、監督は初物尽くし!

それぞれ出演者が感想を語ったところで、ファンからのメッセージカードコーナーに。このメッセージカードには激励の言葉、感想はもちろん、舞台挨拶で聞きたいことも書けます。

あべみかこちゃんにはお気に入りのシーンが質問されると「線路を眺めているシーンは好き。行き止まりの線路を見るのは初めてだった。あと監督さんに『撮りたくなる横顔』とほめられたので、横顔を沢山撮ってもらった」とのこと。作品ではあべみかこちゃんの横顔と、線路のシーンに注目しましょう。

大変だったシーンを聞かれると「大変なのは雪のシーン。薄着でヒールを穿いて雪道を走るシーン。あそこのシーンがいちばん吹雪いていた」とコメント。このシーンも要チェックです。

逆に楽しかったシーンを聞かれると「ホテルのシーン。普段(AV撮影)と全然違う雰囲気で、処女役だし相手役も童貞だから、どこまでやっていいのか分からなかった」とのこと。出し切るAVと隠すピンク映画。この差は大きいです。

月ヶ瀬ゆまちゃんには劇中、不倫役だったが実生活で不倫はあるか?と直球質問が。これには何故か「う~ん…。う~ん…」と即答しない月ヶ瀬ゆまちゃん(笑)。ここで「好きになったらね」とナイスな助け舟を出すきみと歩実ちゃん。さすがマスコットガール!

劇中劇ではAV女優役、妄想ではセックス指南役を務めた美原すみれさんに演技の感想を聞くと、「自分(の演技)を見たことが正直なかったので、これからも頑張ろうかな。もっともっとお芝居を勉強して、もっともっとエッチな感じになれればいいなあ」とコメント。

今回の映画に対するこだわりを聞かれた小関監督は「徹底的に新人の方を揃えた」とピンク初出演の女優さんを起用したとのこと。自身もデビュー作品だったので、思いを共有したかったのでしょうか。

盛り上がった舞台挨拶も終了。締めの挨拶では緊張と感動で感極まった月ヶ瀬ゆまちゃんが思わず涙を流す場面も、このピュアな姿に美原すみれさんも涙。感動的な舞台挨拶となりました。

今回は新人監督、初出演者多数で舞台挨拶自体も初々しく、それをファンが温かい目で見守っている光景が美しかったです。これもピンク映画ならではです。

作品も同様に初々しい雰囲気がスクリーンから放たれ、青春時代を喚起させる内容となっています。

この舞台挨拶が行われた『ツンデレ娘奥手な初体験』の本公開は上野オークラ劇場で5月17日(金曜日)~23日(木曜日)に行われます。ぜひ、あべみかこちゃんの無垢な演技をご覧ください!

上野オークラ劇場HP▶http://www.okura-movie.co.jp/uenookura/

(写真・取材 神楽坂文人